冬も自然に
飛び込もう!!
2019年冬キャンプに行こう!
NPO法人国際自然大学校
私たちは、子どもたちのたくましい成長を願い、
キャンプを通して、たくさんのチャレンジを応援していきます。
おすすめ
キャンプ!
人生で初めてをお手伝い!

◆車山チャレンジスキー 12/28-30
◆かたしなチャレンジスキー 1/11-13





「スキーデビューさせてみたい」「初めてのことに挑戦させてみたい」

そんな方におすすめなのがチャレンジスキー。
「キャンプでスポーツ?」と思う方もいるかもしれませんが、スキーは上達を実感しやすく子どもたちも「1人で滑れた!」と達成感を感じることができるのが魅力です。

四季のある日本だからこそ、ウィンタースポーツを体験してみませんか?

担当キャンプディレクター

冬が近づき、スキーなど楽しいシーズンが始まります。
「うちの子にはまだ早いのでは??」という皆さん!子どもが一歩踏み出す機会を作るのが親の義務です。

子どもの背中をそっと押して、楽しい冬休みにしましょう!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫風の子デイキャンプ【12月】
 ≫車山チャレンジスキー

キャンプネーム:アポロ
冬といえば、真っ白で綺麗な雪!
そんな雪の中で行うスキーキャンプは、子どもたちの心をワクワクさせること間違いありません。
スキーを通して最高に楽しい冬の思い出を作りましょう。

賑やかで面白いキャンプスタッフが子どもたちを待っています!

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫風の子デイキャンプ【12月】
 ≫車山チャレンジスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:こばしり
北海道出身で、スキーデビューは3才でした。
冬の冷たい風を感じながら、雪原を颯爽と滑るのはスキーならではの魅力です!
生活を共にするNOTSのスキーキャンプだからこそ、より楽しみを分かち合い、一緒に上達できるように応援し合えます。

雪に触れる体験をNOTSでつくりませんか?

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫車山チャレンジスキー
 ≫妙高エンジョイスキー
キャンプネーム:わか
スキー大好きザビです!
シーズンを目の前にワクワクが止まりません。スキーは最高にエキサイティングな「遊び」です。

遊びは楽しくなくっちゃ始まらない!

ということでチャレンジスキーでは、初めてのお子さまも「楽しい」を第一にスキーを始めることができます。
お子さまのスキー人生のスタートを全力でサポートいたします。
みなさまのご参加お待ちしてます!

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池レベルアップスキー
 ≫かたしなチャレンジスキー

キャンプネーム:ザビ
滑る、掘る、積み重ねる、投げる、作る、歩く、眺める…。
真っ白なキャンバスにはあそびも夢も描き放題!

キャンプはあそび。

子どもたちはその中で楽しみ、学び、葛藤して育っていくと信じています。
雪上で極上の“あそび”を準備してお待ちしております。

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫【親子】菅平スキー
 ≫かたしなチャレンジスキー
キャンプネーム:ねずみ
冬といえば、真っ白で綺麗な雪!
そんな雪の中で行うスキーキャンプは、子どもたちの心をワクワクさせること間違いありません。
スキーを通して最高に楽しい冬の思い出を作りましょう。

賑やかで面白いキャンプスタッフが子どもたちを待っています!

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫風の子デイキャンプ【12月】
 ≫車山チャレンジスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:こばしり
キャンプもスキーも『エンジョイ』!

◆栂池エンジョイスキー 12/26-29 ※キャンセル待ち
◆妙高エンジョイスキー 1/5-7


「1人でリフトの乗り降りができる」「八の字を作って滑走できる」
そんな子たちにおすすめなのがエンジョイスキー。
楽しみながらスキーが上達できる。そんな環境づくりに力を入れています。

「好きこそ物の上手なれ」
スキーが好きな子どもたちが集まる、毎年人気のプログラムです。

担当キャンプディレクター

横浜生まれの私にとって、雪は滅多に触れることのできない『特別な自然』。初めてのスキー、雪が降ってかまくらを作ったこと、カラフルなスノーウェア…
色々なものが『特別な思い出』として残っています。

子どもたちの『特別な思い出』づくり、ぜひ私にさせてください!!
令和最初の冬を一緒に楽しみましょう!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池エンジョイスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:ぴけ
北海道出身で、スキーデビューは3才でした。
冬の冷たい風を感じながら、雪原を颯爽と滑るのはスキーならではの魅力です!
生活を共にするNOTSのスキーキャンプだからこそ、より楽しみを分かち合い、一緒に上達できるように応援し合えます。

雪に触れる体験をNOTSでつくりませんか?

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫車山チャレンジスキー
 ≫妙高エンジョイスキー
キャンプネーム:わか
「うわぁ~滑る!転ぶ!」

雪上でアタフタした子どもの頃から25年。
気がつけば「それ」は、自分の生涯楽しめるだろうスポーツになっていました。

その機会をくれた両親には今でも感謝!

そんな機会をぜひ子どもたちへ。生涯に残る経験をサポートします。

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池エンジョイスキー
 ≫妙高エンジョイスキー
キャンプネーム:むらじ
横浜生まれの私にとって、雪は滅多に触れることのできない『特別な自然』。初めてのスキー、雪が降ってかまくらを作ったこと、カラフルなスノーウェア…
色々なものが『特別な思い出』として残っています。

子どもたちの『特別な思い出』づくり、ぜひ私にさせてください!!
令和最初の冬を一緒に楽しみましょう!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池エンジョイスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:ぴけ
親子でスキーを楽しみたい

◆【親子】菅平スキー 12/28-30



「親子でスキーを楽しみたい!でも、自分が子どもに教えるのは…」という方にぴったりなのが親子スキー。

期間中、子どもたちへのスキー指導は我々スタッフにおまかせください!
最終日には親子でスキーを楽しめる、そんな上達をお約束します。


キャンプを楽しむ子どもの様子を間近で見てみたい、そんな方におすすめのプログラムです。

担当キャンプディレクター

滑る、掘る、積み重ねる、投げる、作る、歩く、眺める…。
真っ白なキャンバスにはあそびも夢も描き放題!

キャンプはあそび。

子どもたちはその中で楽しみ、学び、葛藤して育っていくと信じています。
雪上で極上の“あそび”を準備してお待ちしております。

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫【親子】菅平スキー
 ≫かたしなチャレンジスキー
キャンプネーム:ねずみ
滑る、掘る、積み重ねる、投げる、作る、歩く、眺める…。
真っ白なキャンバスにはあそびも夢も描き放題!

キャンプはあそび。

子どもたちはその中で楽しみ、学び、葛藤して育っていくと信じています。
雪上で極上の“あそび”を準備してお待ちしております。

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫【親子】菅平スキー
 ≫かたしなチャレンジスキー
キャンプネーム:ねずみ
バッチテストに挑戦!

◆栂池レベルアップスキー 12/26-29



やるからにはとことん!そんな技術向上を目指す方におすすめなのがレベルアップスキー。
朝からリフトが止まるまでとことん滑り込み、日々自分の課題と向き合います。

3日目にはSAJのバッチテストにも挑戦。

キャンプの集団生活を楽しみながら、スキーにどっぷりのめり込む4日間です。

担当キャンプディレクター

キャンプがおもしろいのは、夏だけではありません!

冬だからこそ子どもたちをキャンプに連れてってみませんか?
雪や冬の植物など魅力がたっぷりなフィールドで、体験を通し笑顔を作ります。

ご参加お待ちしております!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池レベルアップスキー
 ≫風の子デイキャンプ【1月】
キャンプネーム:あんでぃー
私のお勧めは栂池レベルアップスキーです!
4日間朝から晩まで、とことん滑ります!

スキー上達への一番の近道は「滑走時間×滑走距離」です。

冬休みの内のたった4日間「スキー馬鹿」になってみるのはいかがでしょうか?


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池レベルアップスキー
キャンプネーム:にっき
スキー大好きザビです!
シーズンを目の前にワクワクが止まりません。スキーは最高にエキサイティングな「遊び」です。

遊びは楽しくなくっちゃ始まらない!

ということでチャレンジスキーでは、初めてのお子さまも「楽しい」を第一にスキーを始めることができます。
お子さまのスキー人生のスタートを全力でサポートいたします。
みなさまのご参加お待ちしてます!

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池レベルアップスキー
 ≫かたしなチャレンジスキー
キャンプネーム:あんでぃー
キャンプがおもしろいのは、夏だけではありません!

冬だからこそ子どもたちをキャンプに連れてってみませんか?
雪や冬の植物など魅力がたっぷりなフィールドで、体験を通し笑顔を作ります。

ご参加お待ちしております!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池レベルアップスキー
 ≫風の子デイキャンプ【1月】
キャンプネーム:あんでぃー
とことん雪遊び!

◆スノースポーツキャンプ 1/5-7



雪の楽しみ方はスキーだけではありません!
雪合戦にソリ滑り、かまくら作りなど、雪でできる遊びをとことん楽しみます。
色々な遊びを“やってみる”ことで様々な雪の楽しみ方に気づけるはずです。

初めての雪遊びや初めてのお泊まりにぴったりのキャンプです!

担当キャンプディレクター

横浜生まれの私にとって、雪は滅多に触れることのできない『特別な自然』。初めてのスキー、雪が降ってかまくらを作ったこと、カラフルなスノーウェア…
色々なものが『特別な思い出』として残っています。

子どもたちの『特別な思い出』づくり、ぜひ私にさせてください!!
令和最初の冬を一緒に楽しみましょう!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池エンジョイスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:ぴけ
冬といえば、真っ白で綺麗な雪!
そんな雪の中で行うスキーキャンプは、子どもたちの心をワクワクさせること間違いありません。
スキーを通して最高に楽しい冬の思い出を作りましょう。

賑やかで面白いキャンプスタッフが子どもたちを待っています!

●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫風の子デイキャンプ【12月】
 ≫車山チャレンジスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:こばしり
横浜生まれの私にとって、雪は滅多に触れることのできない『特別な自然』。初めてのスキー、雪が降ってかまくらを作ったこと、カラフルなスノーウェア…
色々なものが『特別な思い出』として残っています。

子どもたちの『特別な思い出』づくり、ぜひ私にさせてください!!
令和最初の冬を一緒に楽しみましょう!


●2019年度冬/担当キャンプ
 ≫栂池エンジョイスキー
 ≫スノースポーツキャンプ
キャンプネーム:ぴけ
都内集合解散の、冬キャンプのパンフレットをお届けします
[冬キャンプの対象:年少~高校生]
<理念>
自然や人とのかかわりの中で
人生を前向きに生きている人
『アウトフィッター』
育てること 

キャンプを通して伝えたいコト

私たちが、自然体験活動を
提供し続ける理由

「先行き不透明な時代…」「不安定な社会情勢…」「予想できない自然の脅威…」。
不安要素を挙げたら、切りのない世の中です。


そんな中でも、「子どもたちの未来は明るい!」と言い切りたい。そう言い切るならば、「どうしたらいいか」を提供し続ける。


それが私たちの使命です。
ならば、どんな方法が有効かー

私たち国際自然大学校にできることは、【自然体験活動を中心とした、「キャンプ活動を通した」人材育成】です。


我々が想定した「困難体験」や「課題解決プログラム」の中で、まずは【「やってみよう!」のチャレンジ】を促します。そのチャレンジの場には、同じ志をもった友達がいます。【仲間がいる心強さ】を知ります。


くじけそうになる場面では、バックアップし、心に寄り添うスタッフがいます。【「人を信じる」心】が芽生えます。

「諦めない心」で挑み続けた結果、得られた成功からは【「達成感」と「自信」】が育まれます。


こうした「成功体験の積み重ね」が、キャンプ活動では毎回起こります。


「チャレンジ精神」、「諦めない心」、「創意工夫の発想力」、「自己肯定感」、「一人では難しいことも、仲間となら乗り越えられるという協調性や思いやりの心」等、体験を通し学んでいくことで、それが「本物の人格」に変わっていきます。


時間はかかります。一回では難しいのが正直なところです。しかし、やり続けることで、子どもたちは自ら得ていきます。こうした人格を得たメンバーが、社会に出ています。


だからこそ36年目も、そしてこれからも続けていく使命があるという意思でスタッフ一同、子どもたちを迎え入れていきます。

安心して、キャンプに
送り出していただくために
1人参加でも大丈夫!新しい友達をつくろう。
●当校のキャンプは、7~8割ほどの方は1人でのご参加です。
当校では、たくさんの人と触れ合い、新たな友達をつくれるようになることもキャンプの大切なねらいの一つと考えています。
(キャンプ中は6~8名で1つの班を作り活動しますが、ご兄弟・ご友人同士は別々の班になります。)

●プログラムの構成も、子どもたちの緊張をほぐすためのレクリエーションやゲームからスタートしていきます。また、班につくキャンプスタッフが、子ども同士が仲良くなれるようサポートしていきます。

・・・とはいえ、子どもたちは順応するのが早いものです。最初は強張った表情をしていますが、子ども同士声を出して、カラダを動かして遊んでいるうちにどんどん仲良くなっていきます。
キャンプ当日、雨の場合はどうなりますか?
●雨も自然の一部です。基本的に、雨天時も活動を行います。子どもたちが雨の中でも快適に活動ができるよう、上下が分かれたタイプのレインウエアを必ずご準備ください。

●雨の強さや、活動内容、特に海・川・山での活動は内容を変更して実施する場合があります。(または、1日目と3日目のプログラム内容を入れ替える等)

●台風・暴風・冬の場合は大雪などの荒天時、公共交通機関が停止・または停止するおそれがある場合には、キャンプ前日までには判断し、キャンプを中止して旅行代金を返金することもあります。

アレルギーや、ぜんそく、薬の服用等について
●特定のアレルギー(食べ物・植物・動物)、ぜんそく、キャンプ中の薬の服用等、お子様の状態で心配なことがあれば まずはキャンプの予約前にご相談ください。

●キャンプの3日前より、健康チェックシート(体温や食欲、健康状態)をご家庭で記入いただきます。
学年が低いお子さまで、薬の服用がある場合は、そのシートに服用方法を記入していただき、キャンプ当日の受付時にスタッフにお渡しください。
基本的に、スタッフの薬の担当者がチェックして対応いたします。

●その他:感染症の疑いがある場合、集合時に体調不良がみられる場合には、参加をご遠慮いただく場合があります。感染拡大等未然に防ぐ、安全対策へのご理解をお願いいたします。
安全対策については?
●国際自然大学校では、全ての職員・キャンプスタッフに対し、キャンプ運営に関する安全教育を行っています。様々な事態・状況を想定したマニュアルの整備、トレーニングを行っています。

●全職員が、NEALコーディネーター(自然体験活動総括指導者)または、NEALリーダー(自然体験活動指導者)の資格を持ちます。
※規定の時間の講習・OJTを修了し、全国体験活動指導者認定委員会より認定された資格です。

●キャンプ開催中に非常事態が発生した場合の安否確認・避難場所については、キャンプをお申込みの方に送る、参加の手引きでご案内しています。 

≫その他、「よくある質問」

キャンプのスタッフって、どんな人たちなの?
■キャンプディレクター
当校の常勤職員です。年間を通して、自然体験活動の企画・運営・指導に携わっています。キャンプディレクターが、各キャンプの統括を行います。


■キャンプカウンセラー
各キャンプでは、基本的に班を作り活動します。班には、当校では「キャンプカウンセラー」と呼んでいる18歳以上のスタッフが1名付き、活動や生活のサポートを行います。
キャンプカウンセラーは、当校のスタッフ採用基準に基づいたキャンプスタッフで、元気で明るいメンバーです。当校の年間を通して開催している、キャンプカウンセラー勉強会にて、子どもの心理・自然体験活動に関するスキルや安全管理を学んでいます。

キャンプ当日、雨の場合はどうなりますか?
●雨も自然の一部です。基本的に、雨天時も活動を行います。子どもたちが雨の中でも快適に活動ができるよう、上下が分かれたタイプのレインウエアを必ずご準備ください。

●雨の強さや、活動内容、特に海・川・山での活動は内容を変更して実施する場合があります。(または、1日目と3日目のプログラム内容を入れ替える等)

●台風・暴風・冬の場合は大雪などの荒天時、公共交通機関が停止・または停止するおそれがある場合には、キャンプ前日までには判断し、キャンプを中止して旅行代金を返金することもあります。

■子育て中のお父さん、お母さんへ。

 自然体験活動がもたらす教育的効果について 研究を行っている日本野外教育学会では,
その効果に「自信がつく」「責任感が身につく」「友だちができる」「物事を自分で判断する」「自然への気づきが身につく」などを挙げています。自然の中では、全身運動尾に繋がる動きが多いので、バランス感覚を育て体力増進にもつながります。

 子どもが、外で泥んこになって遊んだあとの洋服や荷物を片付けること、子どもをキャンプに送り出す準備をするのも大変かもしれません。しかし、子どもにとって、自然の中で異年齢の子どもたちと一緒に、おもいきり遊ぶ体験は後回しがきかないものです。

 どうぞ子どもたちに、自然の中で遊ぶ機会をたくさん作ってあげてください。
その決断をするのは、親であるお父さん、お母さんです。

NPO法人国際自然大学校 
理事長  佐藤 初雄 
お問い合わせ
電話:03-3489-6320(月~土 9:00-17:00)
WEBサイト:www.nots.gr.jp 
【国際自然大学校】で検索