「お子さんの学力が上がります」

1日わずか5分!
3つのポイントを押さえるだけで、
勉強好きになって、
一気に成績アップ!!

「うわー、、、これって必要ですよね!」
参加されたお母さまのつぶやきです。
参加費
3,240円

お子さまのことで、こんなお悩みありませんか?

勉強に関心がない
家にいるときは、一日中ゲームかテレビを見るだけ
自分の考えを伝えられない
机にすわってもソワソワするばかりで、集中力がない
高学年になるにつれて、怠け癖がついてきた
自分から宿題をやろうとしない
夫も私も仕事があって、仕事から帰ってくると夕食の支度、食事が終わったらお風呂。宿題見るなんてほとんどできていない
「書く字が汚いので読めない……」
担任の先生から「これじゃ評価できない」と言われてしまった
忘れ物が多く、いくら注意してもその場限り
机にすわってもソワソワするばかりで、集中力がない

ある少年の話

一人の少年がいました。

かれは、1学年300人、全校児童2,000人

というマンモス小学校に通っていました。

1年生のときから成績は、
いつも学年でビリか、ビリから2番め。

しかも、いたずらはする。

しょっちゅう立たされていました。

先生からは、
「特殊学級に行ったほうが
いいのでは?」
と言われ続けていました。

もちろん、
作文も書けませんでした。

文章を書けない彼は、
小学校6年生のときの卒業文集では、
仕方なく、鳥の絵を書いたといいます。

母校の小学校には、
いまでもそのときの文集が残っています。

末はいったいどんな人間になってしまうんだろう?

誰もがみな心配しました。


そんな彼に転機が訪れました

そんな彼に転機が訪れました。

中学校に入った彼は、
お母さんのすすめられて
ある「教室」に通い出しました。


進歩とは最初は目に見えないものです。

1ミリが1センチになり、
少しずつ、少しずつ
変化が起き始めていました。


中学1年の3学期、かれは”あるもの”と出会いました。

それからです。一気に変わり始めたのは。

中学3年のとき、
彼の成績は学年300人のなかの
10位まで躍進することになりました。

もちろん、県内トップの進学校に合格。
その後、希望の大学、そして大学院に進みました。

現在彼は、日本を代表するコンサルタントとして
国内だけでなく、海外からも注目を集めています。

なぜ、彼が変化し始めたのでしょうか?

その原因は、ノートにありました。

お子さんたちが一気に変わり始めています

東大合格生、
トップエリート……

頭がいい人はみんな
「方眼ノート」を使っています。

なぜでしょうか?

それは、方眼ノートを使えば
「頭が整理できる」からです。


そんな方眼ノートを

小学生のうちから身につけることができたら?


お子さんの未来は

大きく変わるかもしれません。

今のお悩みを解決します!

ノートには2種類あります。
ノートを書いても成績が上がらない残念なノート
そして
ノートを書く=成績が上がる頭の使い方ができるノート

偏差値30からわずか数ヶ月で偏差値80になったような人から、

勉強嫌いの中1男子が500点満点中、485点を取ったり、

県下一の進学校で、1年秋が学年136位から、50位、さらには26位、年を越して三学期には学年3位に上げていった女子高生まで。


共通する「たった1つのこと」がありました。

方眼ノート for KIDSは、お子さまが自分で成績も人生も自信と確信をもって変えられるようになる「たった1つこと」を実現できる

新ノート(頭の使い方)メソッドです。

2020年に始まる日本の大学入試改革

その軸は、「考える教育」「表現できる教育」です。

そんな「考える教育」「表現できる教育」ができるメソッドを、お子さんに手渡していきませんか?

こんな成果が出ます

◎成績が上がりました!

「成績が上がったんです!
ノートを変えるだけ。あとは親からどんな言葉をかけるかって、
大事なんですね。子どもが自信を持ってきたのがわかります。」


◎親子関係が変わりました!


「かわいい我が子なのにいままではついつい怒ってしまったり……
それが、魔法の15分間で毎晩子どもに感心することばかり!
親子関係がかわったことが何よりうれしいです。」



◎うちの子ってすごい!

「兄弟であっても、持っている才能や力は同じではありません。
受講してから、その子の能力を伸ばしてあげられる実感があります!
子どもの将来が楽しみになりました。」


◎子どもの成長を見守れます。

「子どもと話す時間がグンと増えました。いつか手元から巣立っていく……
だからこそ手渡せるものを手渡したいと改めて思います。」


お子さまの成績が劇的に上がる
『3つの質問』

方眼ノート for KIDSの体験説明会のなかで、子どもの成績が上がる「3つの質問」というのがあります。

あなたならなんと答えますか?

実は、先生も、私たち親も答えられなかったりします。

【質問1】

「予習・授業・復習。
成績が上がるためにはどれが一番重要?」



【質問2】

「必ず成績が上がる予習の仕方、授業の受け方、復習の方法、
それぞれ自信をもって答えられますか?」



【質問3】

「成績も人生も自分で変えられる1%の子と、
成績も人生も塾や他人まかせの99%の子の決定的な違いは?」


子どもの成績が劇的に上がる
「3つの質問」

どれも、知っているようでいて、ハッキリと答えられなかったりしませんか?

でも、もし子どもたちが、この「3つの質問」にズバリ答えることができ、それを自ら実践できるようになっているとしたら……

それは、成績が上がらない理由が見つからないのではないでしょうか。

この「3つの質問」の答えは「方眼ノート for KIDS」の中にあります。

このような方が対象です

◎子どもの成績が上がってほしい!

◎自分から進んで勉強するようになってほしい

◎自分で考えようとする子どもになってほしい!

◎子どもと良い親子関係を作りたい!

◎子どもには自分の人生を自分で見つけてほしい!

◎子どもには勉強だけでなく、将来仕事に就いたときの力を身につけてほしい!

お子さんのノート
こんな状態ではないですか?

文字だけがすし詰め状態。
黒板の丸写しだけ
小さいノート(B5サイズ)を使っている。
4色以上のカラーペンでノートを書いている
テスト前にノートを見返していない
ノートはきれいでも、成績が上がらない
見返しても、ごちゃごちゃして、何が書かれているか分からない
見るからにきれいじゃないノート
4色以上のカラーペンでノートを書いている

このようなノートは、
その子が本来持っている自分の能力に
「フタ」をしてしまいます。

お子さまの能力は無限です

能力の「フタ」を取り外し、
本来持っている脳の機能
「脳力」を最大限に発揮して、
勉強の質と量が飛躍的にアップする方法が、
「たった1つ」あります。

それは、
今お使いのノートの書き方を変えること、
ただそれだけです。

方眼ノートを使うと、
ノートが参考書以上に変わります!!

①その理由は、方眼ノートを使うと、見た目が変わって見やすくなります。
             
②算数の解き方をはじめ、国語、理科、社会などの科目で、なぜ?から、解答までの流れが見えるようになります。
             
③その結果、小学生であっても、すじ道を立てた、分かりやすく、論理的な思考の基礎を身につけることができるようになります。

この講座は【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座の、学校の勉強に特化した特別講座になります。

体験説明会は、お母さまのみのご参加となります。

その後の初級講座に親子で参加(小学生)、
もしくは、お子さまのみの参加(中高生)という形になります。
【講座の流れ】 
体験説明会
今回ご案内の、お母さまのみのご参加です)

初級講座
(小学生は、お母さまとご一緒の参加です)

中級講座
(小学生は、お母さまとご一緒の参加です)

『体験説明会』開催概要

日 時 2019年8月17日(土)10時〜12時
2019年8月17日(土)14時〜16時

2019年8月31日(土)10時〜12時
2019年8月31日(土)14時〜16時

場 所 スクエア荏原(東京都品川区荏原4-5-28)
主 催 日本ノートメソッド協会
参加費用 3,240円(税込)
お問合わせ tedytakabayashi@sweet.ocn.ne.jp
お問合わせ tedytakabayashi@sweet.ocn.ne.jp

講師・著者紹介

講師:高林忠正(たかばやしただまさ)

認定方眼ノートトレーナー。
慶應義塾大学商学部を卒業後、三越に入社。

販売、仕入をはじめ、24年間で14の職務を担当後、社内公募で法人外商を志望。ノベルティ(おまけ)の企画提案営業により、4年間で3度の社内MVPを受賞。


新入社員時代、三百年の伝統に培われた「変わらざるもの=まごころの精神」と、

「変わるべきもの=時代の変化に合わせて自らを変革すること」が職業観の根幹となる。


一方で、10年間のブランクの後に店頭の販売に復帰した40代、「人は言えないことが9割」という認識の下、お客様の観察に活路を見いだす。

現在は、三越の先人から引き継がれる原理原則を基に、方眼ノートによる問題解決に当たっている。

ベストメモリー・コンシェルジェ

著者:高橋政史(たかはしまさふみ)

『なぜ、頭の良い人は方眼ノートをつかうのか?』著者

クリエイティブマネジメント㈱代表取締役 経営コンサルタント。頭がよくなるノートthinknote.jp編集長。シリーズ19万部突破の『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』や『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』『マインドマップ問題解決』など、執筆したノート術本は全7冊32万部。メーカ勤務時代に3tトラック1台分の営業資料を畳4畳半にスリム化。その後、香港のマーケティング会社のCOO(取締役)を経て、戦略系コンサルティングファームにて経営コンサルタント。現在は教育機関から企業まで「ノート指導」の第一人者。学習分野では、千代田区の教育委員会の要請で全国初となる「全校生徒・全教科・全教員」方眼ノートの実践を年間指導。その他、勉強嫌いの中2男子が500点満点中480点!進学校の高1女子の学年順位が137位→50位→26位→3位にUPした勉強ノート他。ビジネス分野では、ノート指導はのべ2万人超。主な導入実績は、外資系金融機関、自動車メーカー、通信会社、商社、広告代理店、自動車メーカー、精密機器メーカー、IT企業など200社を超える。信念は「未来はノートで変えられる」。群馬県高崎市生まれ。

著者:高橋政史(たかはしまさふみ)

『なぜ、頭の良い人は方眼ノートをつかうのか?』著者

クリエイティブマネジメント㈱代表取締役 経営コンサルタント。頭がよくなるノートthinknote.jp編集長。シリーズ19万部突破の『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』や『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』『マインドマップ問題解決』など、執筆したノート術本は全7冊32万部。メーカ勤務時代に3tトラック1台分の営業資料を畳4畳半にスリム化。その後、香港のマーケティング会社のCOO(取締役)を経て、戦略系コンサルティングファームにて経営コンサルタント。現在は教育機関から企業まで「ノート指導」の第一人者。学習分野では、千代田区の教育委員会の要請で全国初となる「全校生徒・全教科・全教員」方眼ノートの実践を年間指導。その他、勉強嫌いの中2男子が500点満点中480点!進学校の高1女子の学年順位が137位→50位→26位→3位にUPした勉強ノート他。ビジネス分野では、ノート指導はのべ2万人超。主な導入実績は、外資系金融機関、自動車メーカー、通信会社、商社、広告代理店、自動車メーカー、精密機器メーカー、IT企業など200社を超える。信念は「未来はノートで変えられる」。群馬県高崎市生まれ。

講座主催者の思い

【認定】方眼ノート for KIDS講座では何よりも参加される皆さま、そしてお子さまの「あたりまえ」が変わることに焦点をあてて進めてまいります。

受講して、「ためになったなぁ〜」「いい話を聞いたなぁ〜」、それだけで終わるセミナーや講座が世の中にはあふれています。

私たちはそれを望みません。
受講されて、今日、今、このときから行動できること。
お子さまが明日から楽しくノートを取れること。

そんな実感をお持ち帰りいただくための体験講座であり、初級講座です。

ご一緒できることを楽しみにしています。

【お願いごととご確認】
・振込手数料はお客さまのご負担にてお願いいたします。
・金融機関の振込控を以って領収書とさせていただきます。
・受講料はお申込みから3日以内にお振込みをお願いいたします。
・入金の確認が取れましたら正式にお席の確保となります。

【キャンセルポリシー】
ご参加の都合がつかなくなった場合は、 速やかにメールにて、tedytakabayashi@sweet.ocn.ne.jpまで ご返金先口座情報と合わせて、 ご連絡いただきますようお願いいたします。
なお、期日が迫ってのキャンセルの場合は、以下のキャンセル料を申し受けますのでご了承ください。
・開催日から14日以上前の場合、キャンセル料は0%とし、振込手数料を差し引きご返金いたします。
・開催日から7日以内の場合、キャンセル料50%とし、振込手数料を差し引きご返金いたします。
・開催日から3日以内の場合は、キャンセル料100%となります。