今話題の「ノルウェーサーモン」についてまとめてみた!

はじめに

皆さんは、ノルウェーサーモンをご存知ですか?
「タイセイヨウサケ」や「アトランティックサーモン」と呼ばれるお魚から、
特定の環境下で育てたものを「ノルウェーサーモン」というそうです!
今回は、そんなノルウェーサーモンについて調べてみたものをまとめてみました!

ノルウェーサーモンは、実は高級らしい?!

ここでもう一度、ノルウェーサーモンについて説明していきます。
「ノルウェーサーモン」とは、「アトランティックサーモン」の一部を指した名称のことを指します。
ノルウェーサーモンは、その名の通り北ヨーロッパのノルウェー地方で育ったサーモンのみを指し、育った地域のみならず、美しい水や安全性の高いエサなど、厳しい基準が揃っています。こうした厳しい基準をクリアしたアトランティックサーモンだけが、ノルウェーサーモンと呼ばれています。ノルウェーサーモンの味はとてもジューシーで、ほんのりとした甘味があるのが特徴です。

ノルウェーサーモンは栄養満点!

実は、ノルウェーサーモンは「タンパク質」、「ビタミンA」、「ビタミンD」、「ビタミンB12」、
「抗酸化成分」、「オメガ3」 が豊富に含まれています。
また、冷たい料理にも暖かい料理にも使うことができて、生食やフライ、煮物料理、焼き魚や燻製などの調理が人気です。
そして、世界各国の味やスパイスにも合うので、ノルウェーサーモンは世界中で認められる優秀な食材になりました。

お寿司でも人気なノルウェーサーモン

ノルウェー サーモン
そして、お寿司のネタでも、生のサーモンは人気ですよね。
実は、生のサーモンが食べられるようになったきっかけは、ノルウェーサーモンなんです!
30年前までは、日本ではサーモンに火を通してから食べることが主流とされていて、養殖技術も発達していなかったため、寄生虫などの心配からサーモンの生食はNGとされていたのです。
一方ノルウェーでは、同じ時期にサーモンの養殖が発展していたため、生でも安全に食べられるノルウェーサーモンを日本のお刺身やお寿司用に売り込みました。
そして今では、サーモンはお寿司のネタになくてはならない存在となっているんです!
ノルウェー サーモン
ノルウェー サーモン
ノルウェー サーモン
ノルウェー サーモン
ノルウェー サーモン

おわりに

ノルウェー サーモン
以上がノルウェーサーモンに関してのまとめでした!

私たちが普段から食べているサーモンは、ノルウェーサーモンが多いのかもしれませんね。
また、ノルウェーサーモンは美味しいだけでなく栄養価も高いので、いいこと尽くめですね。

皆さんもサーモンを食べる時は、何のサーモンかを調べてみてはいかがでしょうか?