鉄ミネラル摂取方法の
解説PDFを購入して
活動を支援しよう!
今すぐ活動の支援をする!
もう少しバランスの取れた、地球も自然も、いろいろな生き物も人間も安心できる世界を
見てみたいという夢、ビジョンがあります。

鉄は、最も循環・吸収されにくいミネラルです。
その流れを補うだけで、自然や地球は元気になり、お野菜もとびっきり、美味しくなります。
その鉄ミネラルの流れを作る技術を、開発しました。

人間がほんの少しお手伝いをして、ミネラルの流れを整えるだけで、自然も人間も元気な状態を取り戻すことができます。

地球の生命の歴史や、今の地球の生き物の世界の成り立ちを見ていくと、ミネラルの流れがいのちの循環の出発点。きれいなミネラルの循環があれば、そこから豊かな命の世界が立ち上がっていきます。

人間の身体の中も、ビタミンとミネラルの流れがあれば、酵素が活発に働き、身体の中の「自然の調節力」でホルモン、コラーゲンまで、必要なものを全て自分で作ることができます。
病気になりにくく、どんどん元気になっていきます。

また、自然は、最大限の恵みを与えてくれます。

そのような世界を作り、あるいは、取り戻すことを目指しています。

それとは、対照的に、大量の資源や、大きなエネルギーを使って、人間の力だけでいろいろなものを生み出そうとしてるのが今の世界です。

自然の力を借りないどころか、自然を壊して自然の力を弱めています。

自然の力を使う変わりに、サプリ、お薬、〇〇健康法だらけ。
その結果、自然も人間も元気がなくなって、海の生き物なども少なくなっています。

あなたは、どちらの世界を選びますか?

もし共感していただけるならご支援よろしくお願いします。

プロジェクトについて

鉄ミネラル技術の開発には、これまでの開発費、試験費などすべて合わせると500万円ほどの資金がかけられています。現在、この資金繰りに困窮しています。開発費の補填及び、今後の活動費として、幅広い資金援助が必要です。
技術が確かであることが確認され、これからは、この技術を広く伝えていくフェーズに入ります。この活動を事業化していくための組織づくりを始めるためにも、開発費補填の援助、今後の活動費の援助をお願いいたします。
鉄ミネラル技術の活用PDFをご購入いただく形で、プロジェクトにご協力いただく支援プログラムです。

鉄ミネラルで、地球の循環が再生できる!

京都大学大学院・工学研究所 助教 野中鉄也

1985年京都大学卒業後、工学部精密工学教室助手となり、現職
発明特許として「鉄分供給方法、鉄分供給物、植物の栽培方法、ユーグレナの培養方法及び魚介類の養殖方法」がある。現在、もう一件、特許出願中。
自らの専門分野を生かし、兼業制度(大学の職務以外の業務)を活用しながら、鉄ミネラル技術を利用した野菜栽培の指導を行っている。茶源郷和束ビジネスカレッジ2017の講師も務める。

鉄ミネラル技術の活動への支援方法

STEP

1

ご支援いただける金額で活用PDFをご購入ください。

以下の販売ボタンより、ゆうちょ振込またはPayPal(クレジット)決済にてご購入いただけます。(複数購入された場合も、送付されるPDFは1点のみです。)

STEP

2

鉄ミネラル技術をぜひ活用してください。

順次、鉄ミネラル技術の活用PDFをお送りします。使い方はとっても簡単ですが、きっとあなたもいのちの循環再生の輪に入りますよ^^

STEP

3

伝えたい人へシェアをお願いします!

鉄ミネラル技術は農業・漁業に使えば、土壌や水の再生につながります。食べるものだけでなく、自然の生命の循環も再生できます。そして、私たちは直接取り入れる方法で、さらに健康に。ぜひ、あなたの大切な人へ伝えてください。

STEP

2

鉄ミネラル技術をぜひ活用してください。

順次、鉄ミネラル技術の活用PDFをお送りします。使い方はとっても簡単ですが、きっとあなたもいのちの循環再生の輪に入りますよ^^
プロジェクトを支援する
人間が元気になる技術も、自然が元気になる技術も、とても順調に進んでいます。
唯一困っているのは、プロジェクトを進めるための資金です。

資金に余裕ができれば、海の生き物を元気にする、技術、世界中の荒地に緑を育てる技術にも
応用して世界中に発信していくことも計画しています。

うまく行けば、自然が再生する力を借りて、地球温暖化を逆戻りできるかも知れません。
そこまであと一歩です。

ご支援よろしくお願いします。
1口1000円からの応援金で、活用PDFが購入できます。
全額このプロジェクトの応援金となりますので、ご協力お願いいたします。

FAQ

利用できるクレジットカードの種類は何ですか。
VISA、MasterCard、JCBなど主要なカード会社でご利用が可能です。
活用PDFを個人的に配布することは可能ですか。

活用法はとても簡単ですが、私的利用だとしてもインターネット上で広く配布・告知することはご遠慮ください。このプロジェクトの意図や思いもぜひ共有していただきたいので、活動についてお知らせいただければと思います。

Facebook上で情報共有のコミュニティーを作成しています。「鉄々倶楽部」「環境再生農業の会」ぜひ、こちらにご参加ください。

活用PDFを個人的に配布することは可能ですか。

活用法はとても簡単ですが、私的利用だとしてもインターネット上で広く配布・告知することはご遠慮ください。このプロジェクトの意図や思いもぜひ共有していただきたいので、活動についてお知らせいただければと思います。

Facebook上で情報共有のコミュニティーを作成しています。「鉄々倶楽部」「環境再生農業の会」ぜひ、こちらにご参加ください。