東京都内で探す納骨堂の選び方について


東京都内は広大な土地を用意することが難しく、納骨する墓地が少ない傾向にあります。そのため、さまざまなところで納骨堂が用意されているのです。しかし、納骨堂と言っても色々なタイプがあります。こちらでは、納骨堂の選び方などについて紹介していきます。

納骨堂の形式

先述したように納骨堂には色々なタイプがあります。こちらでは、どのような形式の納骨堂があるのかを見ていきましょう。

・仏壇型

仏壇型の納骨堂は上段に仏壇、下段に遺骨の収納スペースがあります。仏壇は故人の遺影や花、好きなものを飾ることができるなど、比較的自由に使えるのが特徴です。下段の収納スペースも広さがあるのでひとりだけではなく、代々のお墓として利用することもできます。自由度が高い分、他のタイプと比較するとやや割高な一面があります。

 

・ロッカー型

ロッカー型の納骨堂は、名前の通りロッカーのような作りになっています。基本的には駅などにあるロッカーと変わらないシンプルなものがほとんどです。しかし、時代の流れによってデザイン性の高いものなどバリエーションに富んだ納骨堂が増えています。ロッカーの中は小さな仏壇のようになっていて個別のスペースで供養ができるのも特徴のひとつです。

 

・自動搬送式

自動搬送式の納骨堂と言われても、いまいちピンと来ない人もいるのではないでしょうか。基本的には立体駐車場や荷物の搬送に使われるシステムを応用したもので、専用カードをタッチパネルにかざすことで遺骨を納めた厨子(ずし)と呼ばれる箱が運ばれてきます。狭いスペースでも多くの数を納骨することができるため、墓地などがない東京など都会に多く用いられています。

納骨堂の選び方

納骨堂の種類はわかっても、肝心の納骨堂の選び方に悩む人も多いのではないでしょうか。こちらでは、どこの納骨堂を利用するべきなのかいくつかのポイントを見ていきましょう。

 

・納骨堂の所在地やアクセス

どんなに立派な納骨堂に遺骨を収納しても、アクセスが悪ければお参りに行けないので意味がありません。そのため、納骨堂選びは所在地やアクセスの良さなども考慮するといいでしょう。近所の納骨堂とは言いませんが、なるべく行きやすい距離の納骨堂を選ぶことをおすすめします。

 

・収蔵できる個数や期間

故人のみの利用にするのか、それとも代々のお墓として利用するのかでも選び方は異なってきます。代々のお墓にする場合は収蔵できる個数、その場所を借りていられる期間なども考えないといけません。納骨堂によっては供養年数を決めて、その後に更新をするか、それともほぼ永久的な期間を供養するのかなど決めることができます。

 

・納骨堂の費用

供養する気持ちが一番ですが、やはり気になるのは費用です。納骨堂の種類として、一人用、二人用、家族用があります。一般的に人数が増えるほど費用がかかると覚えておきましょう。他にも、納骨堂によっては二人用や家族用しかないところもあるので、いきなり契約をするのではなく自分たちが求めているスタイルがあるかどうかを見極めなければいけません。

東京都内で選ばれている納骨堂

こちらでは、東京都内で多く選ばれている納骨堂を見ていきましょう。それぞれの特徴などを比較して、大切な人、自分が供養してもらいたい納骨堂を選んでください。

 

・安養院 ひかり陵苑

山の手エリアにある唯一の納骨堂であり、1000坪の広大な敷地が特徴的です。目黒川沿いの桜並木も美しく、供養される人にとって環境が良いと言っても過言ではありません。ショッピングにもぴったりなエリアなので、お参りに行く前に何か供えるものを買っていくということもできます。周囲も閑静な住宅街で、お寺や神社などがあり、落ち着いた雰囲気が利用者からも高い評価を受けています。

 

・東福院 遍照殿

四ツ谷駅から徒歩8分のところにあるアクセスの良い納骨堂です。皇居、新宿副都心、神宮外苑、早稲田社があり、華やかさと高級住宅の閑静さを持ち合わせています。静かな環境で供養をしたい人におすすめの納骨堂です。施設内は車いすで参拝できるスペースがあることも利用者から高い評価を受けています。

 

・春慶寺 えにしの苑

2012年に完成したスカイツリーのおひざ元にある納骨堂です。スカイツリーを眺めながらお参りすることもできるため、利用者たちの楽しみのひとつとして考えられています。春慶寺は歴史のある場所であり、清潔感のある納骨堂は利用者たちの印象も良いです。

 

今回紹介した納骨堂のことをもっと詳しく知りたい人は下記リンクをクリックしてみてください。

まとめ

大切な人が亡くなってから納骨堂を探す人もいれば、自分が入る納骨堂を自分で決める人もいます。さまざまな場所にあるからこそ、バリエーション豊富で本当に自分が入りたい場所を決められるのかもしれません。基本的にどこも静かな環境で供養ができるのでおすすめです。