なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

カジノ問題を考える千葉市民の会

わたしたちはカジノに反対する市民の声を集め、
千葉市にIRを誘致しないことを求めます。











(2021年3月21日)千葉県知事選挙、千葉市長選挙に向けて公開質問状を送りました。
(2020年10月10日)報告会および総会を開催しました。
(2020年1月7日)千葉市長から「IRの誘致は行わない」との発表がありました。


当会は市民を中心とした非営利の任意団体です。

2018年7月、賭博(カジノ)を合法化する、いわゆる「IR整備法」(正式名:特定複合観光施設区域整備法)が成立しました。  *IR(Integrated Resort=カジノを含む統合型リゾート)

国はIRを「成長戦略」の1つに位置付け、観光の振興、地域の活性化を図れるとしています。

そして千葉市も2019年7月から、IR誘致についての検討に入っています。

しかし、外国資本の事業者が利益を得る場として、カジノを千葉市に作ることが、「地域活性化の目玉」といえるのでしょうか。

カジノ客の「負け金」からなる税金収入で、千葉市の青少年に「誇りある千葉市を共に作りましょう」と呼びかけることができるでしょうか。

これからの千葉市を、どのように子どもたちや孫たちに引き継いでいけるのかという大きな問題です。

そこで、私たちは「カジノ問題を考える千葉市民の会」を立ち上げ、様々な情報収集・学習を通じて、カジノに頼ることのない持続可能なまちづくりを共に考えていきます。


カジノ問題を考える千葉市民の会     
代表 布施貴良  事務局長 山田京子  会計 竹内悦子  
監査 黒葛原 歩  
顧問 津富 宏(静岡県立大学)・ 井上定彦(島根県立大学)




2021年3月21日(日)投開票の千葉県知事選挙・千葉市長選挙に向けて、各候補者宛てに公開質問状を出しました。

千葉県知事選挙候補者  かなみつ理恵さん くまがい俊人さん 関まさゆきさん 皆川真一郎さん から回答をいただきました。
千葉市長選挙候補者  大野たかしさん 神谷しゅんいちさん から回答をいただきました。

<IR(カジノを含む統合型リゾート)誘致についての公開質問状>

質問1  あなたはカジノを含むIRを千葉県(市)に誘致する必要があると思いますか?

① 誘致する必要がある
② 誘致する必要はない
③ どちらでもない

質問2  質問1の理由についてお聞かせください。(200字以内) 

質問3  当選した場合はIRを「誘致する」または「誘致しない」方針の表明を行いますか? 

① なるべく早く表明する
② 表明時期は検討する
③ 表明しない
④ その他 (     )          

候補者のみなさまからの回答

かなみつ 理恵さん (県知事選挙候補者)

<質問1> ②誘致する必要はない

<質問2> そもそもカジノはギャンブル依存症の拡大、多重債務問題の再燃焼の危険性、青少年の健全育成への悪影響などが指摘されています。新たな「賭博施設」に手を出すのは自治体の理念にも反すると認識しています。カジノ誘致を含む不要・不急の大型開発・税金の無駄使いをやめて市民の命と暮らしを守る市政(県政)への転換を図ります。                                      

<質問3> ①なるべく早く表明する

くまがい 俊人さん (県知事選挙候補者)

<質問1> ③どちらでもない

<質問2> 千葉市の幕張新都心は、「グローバルMICE都市」を目指しており、IRがその有力な方策と認識している。また、千葉市議会や県議会において推進決議がなされ、経済界の一部からも推進の意見がある。その一方で、市・県民から「ギャンブル依存症」や子供たちへの影響など、IRへの懸念と疑問の声がある。当面、コロナ対策が最優先であり、IR誘致については、県民と関係自治体、経済界など各方面の意見を踏まえ慎重に検討すべきと考えます。

<質問3> ②表明時期は検討する

関 まさゆきさん (県知事選挙候補者)
<一括回答> 現在の千葉県での最優先課題は、新型コロナ対策です。
IR(カジノを含む統合型リゾート)誘致の是非に関しては、新型コロナの収束後、議会での議論を踏まえて検討してまいります。
関 まさゆきさん (県知事選挙候補者)
<一括回答> 現在の千葉県での最優先課題は、新型コロナ対策です。
IR(カジノを含む統合型リゾート)誘致の是非に関しては、新型コロナの収束後、議会での議論を踏まえて検討してまいります。
皆川 真一郎さん (県知事選挙候補者)
<質問1> ②誘致する必要はない

<質問2> 青少年の健全育成に害あるのみ

<質問3> ②表明時期は検討する
大野 たかしさん (市長選挙候補者)

<質問1> ②誘致する必要はない

<質問2> 市民の多くが反対しています。前市長のカジノ企業との面会や、国会議員のカジノ汚職に見られるように、カジノ利権に群がる企業の利益になるだけであり、人の不幸を踏み台にした経済活性化はあり得ません。千葉市の調査でもギャンブル依存症の割合が高いことが示されており、さらに依存症を増やすことになることや、青少年に悪影響を与え、暴力団が介在するカジノは誘致すべきではありません。日本のどこにもカジノはいりません。

<質問3> ①なるべく早く表明する

神谷 しゅんいちさん (市長選挙候補者)
<質問1> ③どちらでもない

<質問2> 新型コロナウイルス感染症関連対策に取り組むことが最優先の課題である。また、経済産業施策、企業立地、規制緩和の推進などで本市の振興を図り、雇用を生み出す施策に力を入れるべきと考える。カジノを含むIRについては、ギャンブル依存症の増加や周辺地域に与える影響など様々なリスクがあることを認識しているが、本事業を誘致するならば、感染症発生を想定したインバウンド事業のリスクを含め時間をかけて各方面の意見聴取や情報分析を行い、慎重に検討する必要があると考える。

<質問3> ②表明時期は検討する
神谷 しゅんいちさん (市長選挙候補者)
<質問1> ③どちらでもない

<質問2> 新型コロナウイルス感染症関連対策に取り組むことが最優先の課題である。また、経済産業施策、企業立地、規制緩和の推進などで本市の振興を図り、雇用を生み出す施策に力を入れるべきと考える。カジノを含むIRについては、ギャンブル依存症の増加や周辺地域に与える影響など様々なリスクがあることを認識しているが、本事業を誘致するならば、感染症発生を想定したインバウンド事業のリスクを含め時間をかけて各方面の意見聴取や情報分析を行い、慎重に検討する必要があると考える。

<質問3> ②表明時期は検討する

2020年10月10日(土)午後 報告会および総会についてのお知らせ

2020年10月10日(土)14時から16時(開場13時30分)
高洲コミュニティセンター 2階 講習室
(千葉市美浜区高洲3-12-1 JR稲毛海岸駅から徒歩4分)
参加費  無料  
定員  30名
報告会「IR(統合型リゾート)に関する情報提供依頼報告書」に関する説明と今後の幕張新都心のまちづくりについて

総会  活動および会計についての審議


千葉市長の「IRの誘致は行わない」発表に対して、見解を出しました

2020年1月7日の市長記者会見において、「IRの誘致は行わない」との発表がありました。これに対する会の見解です。

千葉市長宛に要望書を提出しました

2019年12月24日、布施貴良代表から千葉市長に「IR誘致に反対する要望書」を提出いたしました。

千葉市におけるカジノ誘致の動き

千葉市でのカジノ誘致の動きについて、まとめました。12月17日の設立総会の資料です。

みなさまへ

2020年3月31日に「IR誘致に関する事業者からの情報提供内容および市の見解」について、千葉市から発表がありました。新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、5月に予定していた報告会及び総会が延期となっておりましたが、10月に開催することができました。会としての活動は、一旦休止となりますが、会からの情報を希望される方、その他、お問い合わせのある方はthinkabout.casino@gmail.com までご連絡ください。