初めての「学資保険」

学資保険とは、契約した保険料を定期的に支払うことで、予め設定した教育資金が必要になるであろう時期に、給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険です。

しかし、内容は複雑な物になっていて、「満期の時期」「保険料の払い込み年齢」「月々の積立金額」など、ご自身の目的や状況によって、人それぞれ異なる項目が複数あります。
「どういう風に決めればいいのか」を一緒に考えていくイベントが「初めての学資保険」です!

学資保険は大きく分けて2種類??

まず、学資保険には大きく分けて2種類のタイプがあります。


一つ目は、支払った保険料と比べて、将来受け取れる合計額が上回るタイプ。
これは、子供の学資費用の積立をメインとしたものなのです。

二つ目は、支払った保険料と比べて、将来受け取れる合計額が下回るタイプで、これは、契約者(親)が万一死亡したときに、積立部分からもらえるお祝い金のほかに、年金形式で給付金が受け取れるというものです。

親御さんに保険がかかっているかどうかが、受け取れる金額に影響を与えるようになっています。

積立式なら、定期預金とどう違うの??

違いを端的に述べるとすると、金利に大きく違いがあります。つまり、得られるお金が、学資保険のほうが大きいという事です。

それでは、どのような理由でその違いが発生しているのでしょう?

これは、学資保険は、途中で止めたくなったり、どうしても金銭的都合がつかなくなったりして途中解約してしまうと、保険の種類にもよりますが、解約返戻金はあるものの、かけた分は戻らない物もあります。

学資保険は子供がとても小さい頃に加入して、18歳から22歳までの満期まで、その保険料を支払い続ける事が前提となっているため、高い金利になっているのです。


ですから、毎月の保険料をきちんと支払わなければなりませんし、ましてや保険料を支払うのが厳しくなり契約を解除してしまうと全く無駄になってしまうのです。

万が一契約者(親)が死亡した時にも、定期預金と違いが出ます

定期預金だと、万が一の事が起きた時に、その時点までに積立てしていた金額が支払われます。

反対に学資保険(合計金額が下回るタイプ)では、契約者に万が一の事が起きた場合に、以降の保険金の支払いは免除になるに加えて、支払する予定であった満額の金額を受け取れます。

つまり、「お子さんのメリットがどれくらい大きいか」が、定期預金と学資保険の大きな違いと言えるでしょう。

ただ、学資保険は種類も多いので、個人の状況によって最適な種類も違ってきます

・保険の支払いは、いつ完了するプランにしよう、、、?
・学資保険に入るタイミングは、妊娠中と出産後だと、どう違くて、どっちが自分に合ってるのかな、、、?
・父・母どっちが、契約者になるべき、、、?
・今自分が入ってる保険とは、どんな関連性があるのだろう?
もし、余計に払ってる部分や被ってる部分があれば、知っておきたいな。

プロのライフプランナーに相談してみませんか??

「初めてのマネ活!」が今回企画したイベント「初めての学資保険」は、少人数(1名~)の、相互コミュニケーション型のイベントで、特に事前に何か調べて知識を付けておく必要はありません。
また、検討前の段階の方でもご気軽に参加できます!

講師陣

石黒 貢也

ライフプランナー

シニア・ライフプランナー・宅建取引士の資格を活かし、マイホーム・貯金・教育資金・投資・年金・保険など、人生の中で起こりうるライフイベントに置いて、効率よくお金の使い、貯めていく方法を提案し多くの人々のライフプランのお手伝いをしている。

プライベートでは社会人アメリカンフットボールチームに所属し、二足のわらじで、現在活躍をしている。

取得資格 :ライフプランナー、宅建取引士

メッセージ:「長い人生の中で誰もが抱える、お金の問題をわかりやすくご説明いたします。
一見、お金の問題となると難しく思われがちですが、私がわかりやすく、かつ楽しくご説明いたします。 めちゃくちゃ笑かします。笑」

塩澤 正幸

ファイナンシャルプランナー

証券、株式ディーラー、生命保険での経験を活かしファイナンシャルプランナーとして活動。資産運用に対する多方面からのアプローチでクライアント様をトータルサポート。
プライベートでは、幼少期から続けているサッカーで社会人リーグに所属。Jリーガーになるだけのポテンシャルは持っていた。と自負している。

取得資格 :AFP(日本FP協会公認)、証券外務員、日本サッカー協会公認C級コーチ

メッセージ :難解に聞こえる金融問題をとにかく簡単にお話します。理解できると面白い金融をモットーに活動させていただいております。
友達にちょっと語れるとカッコイイ!のレベルには確実になれます。みなさんで金融を語れる大人になりましょう!
POINT

「学資保険」の特性上、ライフプランナーへの相談がベスト!

学資保険は、生命保険のような面も持ちつつ、積立式の資産運用の様な面も持ち合わせています。
さらに、かける内容は一定で決まっているのではなく、ご自身の生活様式だ内容の決定に大きく関わってきます。

そのため、資産運用から生命保険までの知識を持っているライフプランナーへの相談が、一番適していると言えます。
是非この機会に、イベント(個人相談会)へのご参加をおまちしております!

「初めての学資保険」

日時:10月17日 13時~15時 
会場:表参道駅 セミナールーム
備考:参加費無料 定員先着5名まで

タイムテーブル
13:00~13:40 : 学資保険とは?定期預金との違いについて
10分休憩
13:50~14:20 : 意外と知られていない、他の保険との関連性
10分休憩
14:30~15:00 : 個人面談

学資保険以外の事にも何でも対応可能です。
是非ご相談ください。


送信

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。