バイナリーで勝てるようになるのが!!
         ザ・ファイナルのアトリエです。
        超一流・現役トレーダーが直接指導!!
  あなたはバイナリーオプションで稼げてますか?

5日間で5万円を100万円する。

勝率92%の現役トレーダーが直接指導

あなたの5000円が100万円になる方法を学べます!!

バイナリーオプションであなたの5000円が100万円になる方法を学べます!!

5日間で5万円を100万円する。

勝率92%の現役トレーダーが直接指導

一緒にエントリーをして稼ぎながらバイナリーを学べるコミュニティを知りたい方は


アトリエと言う場所があり無料で見学も可能です。

ページ下部のボタンよりお申込みください
あなたは、バイナリーオプションで間違った取引をしていませんか?

「お金が増えないのに時間と資金が減っていく」


稼げるとのうたい文句に乗りシグナルツールで取引きをして
安易にエントリー回数を増やせば資金が増えるなんて事を考えてませんか?



さらに、絶対にやってはいけないことはトレード技術が身について安定的に収入が
入るまでは間違っても会社を辞めないでください。


バイナリーで稼げば良いと考え「生活資金で取引して資金が減っていくなんて事になってませんか?」


是では、負けても勝ち続けることは出来ません。
もし生活資金で取引している人は一旦、余剰資金を作ることを始めてください。
何故、そんなことが言えるのか実は私が経験したことだからです。



少し勝ちが続いたからと調子に乗り賭け金を多くしたらまけてしまう?

「こつこつ、どっかーん」と言われている、勝率が70%もあるのに資金が減っている。


金銭的にゆとりがないと、
今月20万円なんとか稼がないといけないとの
気持ちからエントリーをしなくても良い場所でエントリーしてしまう。


賭けてはいけない金額を賭けてしまう危険な時間帯でも取引してしまう。
感情と思い込みで取引しては絶対に勝つことは出来ません。
バイナリーオプションは短時間で勝てば賭け金が1.88倍になって戻ってきます。
反対に負けるのも短時間で何万円もの負けを作ることにもなるのです。


ではどのようにすれば勝つことが出来るのか?
バイナリーオプションで勝ち続けるには2つ守ることがあります。


1・資金管理「元手資金の10%以下で取引をすることです。
 結果は1ヵ月後に出ますので最初に決めた金額は負けても勝っても変えないこと。
 勝率60%で資金は増えて行きます。



2・特にマインドです勝っても負けても一喜一憂しないことです。
  そして、資金管理はもちろん取引する時のルールを守ることです。



例えば取引する時間帯です。

・バイナリーオプションは為替相場に影響されます。

・そこで為替相場が開く日本時間9:00の前後30分は取引はしない。

・ロンドン時間16:00の前後30分は取引しない。

・ニューヨーク時間の21:00前後30分は取引しない。

・節目時間00分の前後10分は取引しない。


なぜかと言うとバイナリーオプションのたいていのツールは過去の統計学
を使いテクニカル分析をして作られているからです。



要人発言とか急な値動きにはテクニカルは通用しないからです。

サイン通りにエントリーしたのに負け続けた経験はありませんか?

トレンドと言う片方向に大きく動いている時に起こります。
そして全体に出来高が少ない時にも起きることがあるのです。


さらに自分が使っているツールの特徴を知ること。

取引する時間帯にどの通貨は勝率がいいかデーター分析をすることです。
デモでやれば資金が減ることはありません。


資金が沢山あればいいですが?


早く勝ちたいお金が欲しいと焦った気持ちで取引してしまうと資金は減り
思わぬ方向に行きかねないので計画を立てて取引してくださいね。





あなたの目標をシュミレーションして見ましょう。

元金10,000円からスタートして1日3回(1ヶ月60回)1,000円でエントリーして勝率60%月利7,680円

元金17,680円からスタートして1日3回(1ヶ月60回)1,000円でエントリーして勝率70%月利18,960円

元金36,640円からスタートして1日3回(1ヶ月60回)3,000円でエントリーして勝率70%月利56,880円

とこのように複利で運用すれば上記の収益表に記載されている収益が見込めます。

あなた一人でこの様に出来れば問題ありませんがマラソンみたいに投資は一人でやるものです。
一人でも私は出来ると思われている方は良いのですが、
やってみたいけれど一人では無理かなと思われている方は実際に稼いでいいる超一流の講師が
伴走者のように直接指導してくれ一緒にトレードを行い稼ぎながら学ぶことが出来るところがあるのです。
東京・大阪・名古屋・福岡にあるのです。