これからワンルームマンション投資を
始めるべき理由

不動産投資の中でも、どんな物件がいいのか迷ってしまうものです。そんなときは、初心者でも取り組みやすい、ワンルームマンションに注目してみましょう。ワンルームマンション投資のメリットを紹介します。

ワンルームマンション投資とは?

・単身者向けマンションを購入する
ワンルームマンションは、単身者が多く住んでいます。都市部では単身者が集まるため、多くのワンルームマンション投資物件があります。ワンルームは物件が広くなく、初心者でも管理しやすいのが特徴です。

・購入価格が安い
不動産投資物件の中でも、ワンルームマンションは価格が低めです。数百万円程度から、千数百万円程度の投資金額からでも始められます。ワンルームマンション投資は初期費用が少なくて済むため、手持ち資金が少ない方に人気です。

・不動産投資を学べる
いきなり初心者が高額な物件から挑戦するのは、リスクが高すぎます。まずは投資金額が少ないワンルームマンションから始めるのがおすすめです。投資金額が少なければ、収益計算から、リスク対策までしやすく、初心者に向いています。

ワンルームマンション投資の特徴

・3~5%程度の利回り
ワンルームマンション投資の利回りは、物件によっても異なりますが、平均して3~5%程度です。経費などを引いた実質利回りでも、極端に利回りが低くなることはありません。ワンルームなら設備投資資金が少なくて済むため、経費を減らしながら利回りの高い投資が可能です。

・耐用年数が高い物件が多い
都心のワンルームマンションでは、鉄筋コンクリート造が多くあります。RCは耐用年数が高く、50年近く建物を持たすことができます。耐用年数が高ければ、その間減価償却が可能で、サラリーマンの節税対策としてもおすすめです。

・将来の備えにもなる
初期投資資金が少ないワンルームマンションは、リスクが少なく老後の備えにできます。近年は老後に2,000万円が必要とされており、年金以外の収入が求められます。不動産投資なら、ローン完済後に安定した収益が得られるのが特徴です。

不動産投資で注意したいこと

・空き室リスク
区分マンションを使って不動産投資をする場合は、空き室対策が重要になります。1部屋しか投資物件がなければ、入居者が居なくなると即収入もなくなります。開き室対策に強い管理会社や不動産会社と協力しながら、入居者が埋まる対策をしましょう。

・災害リスク
不動産投資で1部屋しか所有していないと、災害リスクがあります。不動産は地震の影響で建物に被害が出ると、大きな損害となってしまいます。RCのように地震に強い構造を選んだり、地震が起こりにくい地域を選んだりしましょう。

・金利上昇リスク
近年は金利が下がっていますが、今後同じような金利が続くとは限りません。将来金利が上昇した場合、どのような対策を取るのか考慮しておきましょう。金利上昇リスクを減らすためには、固定金利を選ぶ方法があります。

失敗事例から対策を考える

・入居期間が短い
ワンルームマンションは単身者をターゲットとしているため、長期の入居は見込めません。入れ替わりが激しい地域もあるため、事前に地域の特徴を調査しておきましょう。入居期間が短くても、人気のエリアであれば再び入居者は集まります。

・設備投資の割合が高い
ワンルームマンションは家賃が低くなるため、設備投資の割合が高くなります。設備投資は定期的に発生するため、長い目で見てシミュレーションしましょう。今後出て行く金額と、利益とを考えながら、利益がどのくらい出るのか考える必要があります。

ワンルームマンション投資を利用した資産活用

・収益を使い再投資する
ワンルームマンションで得た利益は、別の物件を買う費用に充ててみましょう。利益を他の物件の購入資金に充てることで、レバレッジを高めることができます。最初に投資資金が少ない方でも、テコの原理を上手く利用すれば、大きな投資にできます。

・管理業務を任せる
大家業をやるとき全ての管理を自分でやろうとする方がいますが、やってみると意外と手間がかかります。面倒な業務は、全て業者に任せてしまいましょう。入居つけ、苦情対策、入金管理は少ない手数料で管理してもらえます。

・メインとサブの2種類を持つ
不動産投資で成功したいなら、投資商品でリスク分散しましょう。複数の物件に分散すると、片方の収益が下がっても、もう片方で補うことができます。1つの物件である程度コツをつかんだら、物件の数を増やすのがおすすめです。
ワンルームマンション投資の成功のコツは、下記リンクからご確認ください。

まとめ

ワンルームマンションは初期投資費用が少ないため、初心者人気があります。
サラリーマンでも始めやすく、少しずつ不動産投資の勉強をしたい方におすすめです。
管理を全て任せられる業者もあるので、働きながら不動産投資に挑戦してみましょう。