マニュアル作成講座
<年末キャンペーン実施中>

「マニュアル作成経験あり」「言語化、可視化を学んできた」「ナレッジマネジメントが得意」
御社では、このような人材を募集し、雇用なさっていますか?

多くの企業でマニュアル作成のニーズがございますが、そのような人材を採用する企業は皆無です。
そして、お察しのように、マニュアル作成は簡単ではありません。

  • マニュアル化したい仕事の把握が必要で、誰でも作成できるわけではありません。
  • ただ仕事内容を書き出せばいい、というわけではなく、マニュアル使用者に合わせて体系化する必要があります。
  • いざ作ろうとしても、何から始めたらいいかわからず、手が止まってしまうことが殆どです。
  • マニュアル化したい仕事の把握が必要で、誰でも作成できるわけではありません。

また、マニュアルは「作ること」が目的ではありません。良いマニュアルを作ることがゴールではなく、マニュアルによって御社の組織課題を解決することが重要なのです。

本研修では、マニュアル作成スキルのみならず、企業がマニュアルを整備できない理由や成功企業がどのようにしてマニュアルを活用し成果をあげているのかを理解頂き、御社内でマニュアル作成ができる人材を育成します。

御社内にマニュアル職人を作りましょう︕



1)マニュアルは組織の永遠のテーマ「属人化」を解消します

【課題1】エースへの依存
  • 売上の達成は、営業のエース次第。彼には多くの顧客が付いている
  • 導入した基幹システムは管理部のエースが把握している
➡エースがいなくなったら本当に大丈夫ですか?
【課題2】新人の早期離職
  • 新人教育はOJT。先輩に同行させたり、実践させて、質問させる
  • 細かい指示はしないようにしている。考えさせ、自分で行動できるように
➡その方法で本当に育っていますか?
【課題3】社長への依存
  • お客に合わせた営業は難易度が高く、社長が営業に出ている
  • 高品質のサービスを提供するため、納品前に社長がチェックする
➡本当に社長がすべき仕事ですか?いつまで現場にでますか?
【課題4】評価が難しい
  • 管理部スタッフの評価は上司の印象が大きく影響する
  • 面談でスタッフの主張を聞き、納得させるまで会話することが重要
➡本当にスタッフへ正しく伝わっていますか?迷いなく働いていますか?
【課題3】社長への依存
  • お客に合わせた営業は難易度が高く、社長が営業に出ている
  • 高品質のサービスを提供するため、納品前に社長がチェックする
➡本当に社長がすべき仕事ですか?いつまで現場にでますか?

受講したお客様の声

受講時の感想
※受講後アンケートより抜粋
  • なんとなくわかったつもりで仕事していたことに気づいた
  • 当たり前と思っていた事ほど言葉にしていないことに気づいた
  • いかに口伝が伝わらないかに気づいた
  • 体系的に業務を整理する力が身についた
  • そもそものマニュアルに対する考え方を改めるきっかけになった
  • 自社のマニュアルに含めていた情報と、読み手に必要な情報とのギャップを知ることができ、非常に勉強になった
  • すぐに実践できる内容を聞けるため、さっそく自社でもやってみようと思う
  • 研修の前半のワークは苦戦したが、後半のワークでは自身の考えがアップデートされ、身についているのが分かる
実践後すぐに表れる効果
  • マニュアル作成を後回しにしなくなった
  • 仕事の整理方法が変わり、生産性が向上した
  • 物事をシンプルに伝えられるようになった
  • 自分が作った資料を、わかりやすい、読みやすいと言われるようになった
  • マニュアルをきっかけに業務改善の議論が活発になった
  • トラブルがどの手順で起きたのか容易に特定できるようになった
  • 社員教育の期間が短くなり、新人のひとり立ちが早くなった
  • トレーナーの能力に関わらず、教えやすくなった
1~2年後に現れる効果
  • 新人の定着率が大幅に上がった
  • 社員の迷いがなくなり、離職率が大幅に減った
  • 新人が次の新人に教えられるようになり、エース社員の生産性があがった
  • 新卒採用および教育が楽になった
  • 在宅勤務、時短勤務という雇用をできるようになった
  • ニアショアを活用できるようになった
  • エース社員の退職に怯えなくなった
  • RPAを導入しやすくなり、コスト削減ができた
1~2年後に現れる効果
  • 新人の定着率が大幅に上がった
  • 社員の迷いがなくなり、離職率が大幅に減った
  • 新人が次の新人に教えられるようになり、エース社員の生産性があがった
  • 新卒採用および教育が楽になった
  • 在宅勤務、時短勤務という雇用をできるようになった
  • ニアショアを活用できるようになった
  • エース社員の退職に怯えなくなった
  • RPAを導入しやすくなり、コスト削減ができた

2)300社のマニュアル制作実績で作り上げた法則「マニュアルPDCA」

一般的に、マニュアルは作成がゴールとなりがちです。それだけ作成には手間と労力がかかるからです。
皆様の目的は、「良いマニュアルを作ること」ではなく「マニュアルによって組織課題を解消すること」のはずです。
そのためには、作ったマニュアルを組織として使い倒すルール(仕組化)と、徹底的にマニュアルを更新する環境(習慣化)が重要となります。
この一連の仕組みが、マニュアルをきっかけに業務改善がなされていく仕組み(マニュアルPDCA)なのです。

3)学習と練習を組み合わせた研修カリキュラム

各セクションにて、ワークショップ+実習をおこないます。学習+練習により、習熟度を高めます。

【1限目】まず知るべきは「社内でマニュアル作成ができない3つの壁」 ◇マニュアルとはなんなのか
  • 部下を育てられない上司
  • 人が育たない組織
  • そもそもマニュアルって何?マニュアルの真の役割
  • V字回復した無印良品がやったこと
◇マニュアル作成のニーズと実情
  • マニュアルのニーズは2つ
  • マニュアル作成には3つの壁がある
  • 壁を超えた時に見える風景(成果・他社事例)
【2限目】3つの壁を超え、マニュアル作成に着手! ◇マニュアルの3原則
  • 巷で見かけるマニュアルABC
  • マニュアルの定義
  • マニュアルで得られる効果
◇マニュアル作成前にやるべきこと
◇マニュアルの”超”基本構成
【3限目】これで身に着く!マニュアル作成実践! ◇マニュアル作成4本ノック
  • 仕事の可視化におけるたった一つの大原則
  • 成果を上げるマニュアルの3大要素
  • マニュアルの全体構成・目次の作り方
  • なぜフォーマットが必要なのか
◇マニュアル作成17コツ
  • マニュアル品質基準
  • 言語化コンセプト
  • 紙出力の重要性
  • 動画マニュアルのワナ 等
【4限目】作って終わりじゃない!「マニュアルPDCA」の実践 ◇企業がマニュアルを運用できない理由
◇まずは仕組化する
◇使いたくなる状況を作る(習慣化)
◇マニュアルPDCAで得られる未来
【1限目】まず知るべきは「社内でマニュアル作成ができない3つの壁」 ◇マニュアルとはなんなのか
  • 部下を育てられない上司
  • 人が育たない組織
  • そもそもマニュアルって何?マニュアルの真の役割
  • V字回復した無印良品がやったこと
◇マニュアル作成のニーズと実情
  • マニュアルのニーズは2つ
  • マニュアル作成には3つの壁がある
  • 壁を超えた時に見える風景(成果・他社事例)

4)実習、課題添削により実務力を養います

本研修では、作り方の理論をただ講義するのではなく、まずは作ってみることで、問題発見と問題解決を繰り返していきます。

5)研修に要する時間・スケジュール

研修時間は約4時間の集合研修となります。最新のスケジュールは以下のとおりです。弊社HPでも公開しております。

開催予定日:

  • 2019年12月12日(木)13:00~17:00
  • 2019年12月24日(火)13:00〜17:00

 

6)実施場所  

株式会社2.1 研修ルーム(東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー9F)

7)受講料金:ご参加1名あたり
通常40,000円(税別) ⇒ 年末キャンペーンにつき15,000円(税別)

8)研修に持参いただく物:筆記用具

9)研修実施者:株式会社2.1



お 申 し 込 み

下記フォームの必須項目をご入力、受講日時ご選択のうえ「送信」ボタンをクリックしてください。
入力いただいたメールアドレスへ弊社担当よりご連絡さしあげます。

‼ご確認ください‼

送信後数分以内に、Webサーバーより自動返信メールが届きます。
メールアドレスは正確にご入力ください。


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
お問い合わせ

下記リンク先のフォームにてご連絡ください

https://www.nitenichi.biz/contact/

お問い合わせ

下記リンク先のフォームにてご連絡ください

https://www.nitenichi.biz/contact/