会社文庫

株式会社西日本出版社
TEL:06-6338-3078


創業から今までの歴史、
そして創業者の想いをオールカラー文庫に。

社史とは経営の歴史を伝えるものです。ガラスケースに飾られたままの分厚い社史ではなく、
文庫本なので持ち帰りやすく、御社の広報ツールになります。

写真と年表だけの歴史記録で終わらず、ドキュメンタリー社史を制作いたします。

執筆は多数の社長インタビューの経験豊富なライターが担当します。

また市販されている本の装丁家がデザインを担当いたします。




会社史として

天災や人災、がむしゃらに頑張ってきたことも今となっては良き思い出。

良いことも悪いことも風化させてはいけません。

口頭では伝えきれない出来ごとを綴って本にすることは、企業の貴重な財産になります。
伝えたいマインド

企業理念・企業姿勢を示し、共通認識を持ってもらいましょう。 創業者の想いは次に続く経営陣への礎となるものです。

スムーズな事業承継のためにも形に残し、物語で人から人へと伝えましょう。

伝えたいマインド

企業理念・企業姿勢を示し、共通認識を持ってもらいましょう。 創業者の想いは次に続く経営陣への礎となるものです。

スムーズな事業承継のためにも形に残し、物語で人から人へと伝えましょう。

社史による 8つの利点

 1.「残したい」「伝えたい」会社の歴史
創業期の苦労・創業者の情熱・感動の出来事を語り継ぎましょう。 時代と共に変わっていった経営事象だけでなく、それに至るいきさつを全社員が共有すると求心力が増します。
3.事業承継のために

いずれくる事業承継の際に、改まって話すのは照れくさい現社長の想い。でも後進者に伝えておきたいことがあるのではないでしょうか。

5.ステークホルダーへ企業価値を
 知ってもらう
ステークホルダー(取引企業・関連企業、関係者やお客様)だけでなく、社員の家族にも会社に対して興味を持ってもらい、企業姿勢の理解につながります。
7.会社のために奮闘されえた方々への感謝
思いもよらぬ出来事や苦しい時期を乗り越えて、ご尽力いただいた先人やOBの方々へ 感謝の意を表すことが出来ます。
5.ステークホルダーへ企業価値を
 知ってもらう
ステークホルダー(取引企業・関連企業、関係者やお客様)だけでなく、社員の家族にも会社に対して興味を持ってもらい、企業姿勢の理解につながります。
2.今後の企業運営のために

温故知新、過去の教訓を見える化することで、経営改善に役立ちます。

4.社員教育のために

社員、特に若い社員にとって、自社の歩みを知ることは、自分の仕事への誇りが持て、企業理念を深く心に落としこめます。

6.企業のPR、ブランディングになる
会社の発展過程や活動を示すことで、企業のイメージ作りになり、それがPRになります。


8.情報や資料の整理
社史制作を機に、情報、資料、人の記憶が整理され、継承されます。

6.企業のPR、ブランディングになる
会社の発展過程や活動を示すことで、企業のイメージ作りになり、それがPRになります。


社史が出来るまで


会社文庫/参考価格


お問合せ&申し込み

以下の項目をご記入ください。
-------
「会社文庫 問い合わせ」
1)会社名  
2)ご担当者様
3)電話番号 
4)目的・用途
※周年記念誌、採用向け会社案内、ほか
-------
担当者より追って連絡させていただきます。

ライター&編集

㈱ウエストプラン
代表:松田きこ

【プロフィール】
ライターとして20年以上さまざまなメディアに執筆。
2008年より編集&ライタープロダクション(株)ウエストプラン代表。

企業広報を得意とし、メーカー、商社、学校法人、社会福祉法人などの広報計画、会社案内、ウエブサイトを制作。

西日本出版社からは『神戸・阪神間 優雅なランチ』『神戸・阪神間 美味しい酒場』などのグルメガイド、『“流れ”の整理だけで会社が良くなる魔法の手順―知的資産経営のすすめー』といった経営に関する書籍編集も担当。

内山正之

西日本出版社 代表
弊社は2002年に大阪で創業し、「本籍地のある本」と銘打ち地元に密着した本を発行してまいりました。

また、2012年には『わかる古事記』で「第一回 古事記出版大賞太安万侶賞」、2017年には『兵庫知事選記』で「尾崎行雄賞咢堂ブックオブザイヤー2017」、2019年には出版活動全般に対して「第35回梓会出版文化賞特別賞」をいただき、業界内外から評価されています。

他にも、讃岐うどんブームを作った『超麺通団』シリーズ、地域の魅力を地元から伝えるガイドブック『くるり』シリーズ『島旅』シリーズ、ビジネスノンフィクション『獺祭 天翔ける日の本の酒』『とくし丸のキセキ』、時事性とエビデンスを踏まえた『令和と万葉集』など、話題作を作ってまいりました。

この度、今まで培ってきたノウハウを生かし、会社文庫を創刊いたします。 
文庫本はいつでもどこでも読むことができ、軽いので配布も簡単、捨てられる心配もございません。
この機会にぜひご検討ください。
株式会社西日本出版社
〒564-0044 吹田市南金田1-11-11-202
TEL:06-6338-3078(平日10:00~17:00)
MAIL:jimotonohon@nifty.com
HP:http://www.jimotonohon.com/