Hello!I am...

キュベレイ・芦屋本店店長
まりんです。

Profile

まりん

はじめまして、まりんです。

「まりん」は高次元からおろされた名前。
ちょうど、「石の人」とほかのヒーラーさん達から呼ばれていた頃、降りてきたなまえなのです。
そのころ、「パワーストーン」「石」の声、「植物」の声、「どうぶつ」たちの声も聴こえ、会話ができるヒーラーだったので、「石の人」と呼ばれていたのです。

「まりん」は海や水と縁が深いのです。
そして水は音とは切っても切り離せない関係。

芦屋市(兵庫県)の隠れ家ヒーリングサロンで、

日々、音でのヒーリング、ヒーリングライアーや音叉を使用し、ハートを開く、本来の自分、本來のわたし自身に戻る、

魂の記憶を思い出すお手伝いをしております。

「音」はからだ、こころ、魂の調律ができるのです。

その多次元ボディを癒す、調律することで、自分自身の人生、天命を生きることが出来るのです。

 

~まりんの経緯~
不思議なこと、見えない力も尊重する家系でした。4代目呉服店の長女として生まれ、小学生からお茶、ピアノ、習字、水泳、塾など習わされて、また、病弱で毎日小学校低学年の頃はよく早退しクルマで病院通い、中学から大学までプロテスタント(キリスト教)の女子校に通う、親の敷いたレールを歩む人生でした。

また、遺伝もあったようで、幼い頃からサイキック能力がありました。母とともに、妖精や精霊、天使、幽霊などを見たり、声が聞こえたりしていました。家でも浄化担当をさせられ、もらい物などの波動を変えたりしていました。また、パラレルワールドを旅していたり・・・。
 そんなこんなで、日常生活に支障があり、「ちょっと変わってる」という目でみられながら育ったこともあり、一時期、アンチスピリチュアルでした。

大学卒業後、旅行会社、人材派遣会社、化粧品会社、人材ビジネスなどの会社で勤め、自分の興味が移った段階で会社を変わっておりました。

営業分野では、化粧品会社で常に社内売上ベスト5に入っていました。
また、最後の正社員として勤めた人材ビジネスの会社では、入社1年目でなにもないところから1億5千万の売上を達成し、最短で昇進していきました。

その頃、スタッフカウンセリングなどもおこなっており、日々200人ほどのスタッフ管理もおこなっておりました。現場にはいってスタッフ指導、教育することも多くあり、心理学や成功哲学などもこの頃学んでおりました。

蓋をしていたはずのサイキック能力も漏れ出てきていたようで、スタッフの休みの連絡を電話でうけながらも、嘘をついているのか、本当に体調が悪くて休むのかなどもわかるようになっていました。

日々のスタッフ面談でも良い話は2割、8割以上がストレス緩和のために要望や不満を聞くというのが仕事になっていたため、元々「氣」を受けやすい体質のわたしのからだはかなり疲弊して、アンチだったはずのスピリチュアルな分野にとうとう手を伸ばします。


最初は「パワーストーン」でした。クリスタルヒーリングを学び、
その後波動療法、レイキを学んだ頃には、チャネリングやエネルギーヒーリング、高次元の存在との対話ができるようになっていました。

「まりん」という名前も高次元の存在よりおろされたものです。


アロママッサージサロン&カフェとしてオープンしたキュベレイ(本店)ですが、

「癒し」を追求しているうちに、

音の凄さ、パワフルさに魅了され、

いまでは「音」とその後出会った高次元の水(ビーワン)の癒しのみをおこなっています。



もともとまりんががアンチスピリチュアルだっただけに、

ふわふわしたスピリチュアルでなく、

科学的な数字でも実証されている「音」「周波数」に惹かれたのもあると思います。

提供しているものは、確実に現実が変わる「音」と「水」。
無意識部分までをも「変えてしまう」強力なツールでもって、施術を行います。

まりんは、
音と水での癒し、からだ、心、魂の調律をおこない、現実を変えてクリエイトさせていく、そのサポートをするヒーラーです。