子育て世代も
シニア世代にも
暮らしやすい

平屋住宅見学会

平屋モデルハウス見学会予約受付中

今、平屋が注目されていることをご存知ですか?

子供の独立や自身の定年退職をきっかけに、長年暮らした家を手放し、新しい家に住み替えをするケースや建て替えをするケースが増えています。 「シンプルな家が暮らしやすい」「ゆとりある暮らしを楽しみたい」「体が元気なうちにセカンドライフを満喫したい」「老後に備えて買い物や通院に便利な場所へ引っ越しておきたい」など、住み替えや建て替えに踏み切る理由はさまざまですが、「子育てや仕事中心の生活」から、「自分中心の生活」へシフトしたいという考え方は共通しています。

 

注目を集める「平屋」のメリット

平屋(1階建て住宅)は少人数の家族で暮らすというイメージから、シニア向けの住まいを想像する方が多いかもしれません。 ある研究所の調査によると、平屋を「理想の住まい」と考えている世代は、やはり50代・60代の方に多いようです。平屋を選択した理由としては、「階段の上下移動がない」「同一階(ワンフロア)で生活できる」といった、動線の良さが上位に入っています。老後のためのバリアフリーも考慮されていると思われます。

30〜40代では、「コンパクトだが効率のよい間取りが作れる」という理由を挙げた人が多く、少人数での暮らしやすさにこだわった家づくりを希望していることがわかります。また、60代では「庭が楽しめる」という意見が。定年退職後に、ゆっくりとガーデニングやプチ農園などを楽しみたい、犬を飼って一緒に遊びたいといった意向があるのではないでしょうか。「日当たりがよい」「通風がよい」など、土地を贅沢に使える平屋ならではのメリットもあります。「短い日常動線で、ゆったりと過ごせること」が平屋の大きなメリットです。

 

今住んでいる住宅にそのまま住み続けて不自由はないですか?

40代や50代など、現役で働いている人は、リタイア後も、今住んでいるマイホームにそのまま住み続けるつもりでいる人が多いと思います。しかし、人生100年時代とも言われる現在は、リタイア後の期間がこれまでよりも長くなることを前提に、さまざまな選択肢を考えておくべきです。

まずは、住宅ローンの返済も終わり、子どもたちも巣立ったあとの状況を想像してみてください。郊外の一戸建て(2階建て)などに住んでいる場合、60代になって夫婦2人だけの生活になると、2階には滅多に上がらなくなり、広い家では掃除も大変です。当初からバリアフリーにしていたなら問題ありませんが、バリアフリーでない場合はリフォームを考える必要性も出てきます。老後の生活を考えたとき、バリアフリー化はしたいところですが、古くなった家すべてをリフォームする必要があるかどうかは考えどころです。まして、夫婦二人だけの生活ではそれほど広い床面積は必要ないでしょう。そのようなときは「減築」という方法も考えられます。

 

平屋に適した暮らし方や楽しむポイント

平屋を選んだ方々は、「自分の趣味を楽しめる空間や設備のある住まい」「オープンキッチンとダイニングが庭と連続した空間のある住まい」など、機能性だけでなく、趣味や開放感を重視した、ゆったりと余裕のある生活が平屋の暮らしでは可能になります。

 

今回、子育て世代もシニア世代にも暮らしやすい、23坪、2LDKタイプの平屋住宅見学会を開催します。この機会に、建替え、住み替え、リフォームの参考にしてください。

 

           にしホーム 代表 西純一


平屋参考プラン
平屋モデルハウスの見学予約はこちら
にしホーム
設備・仕様

キッチン

毎日の料理を快適にしてくれる高機能なキッチン。料理中も食事の後片付けも、広々としたカウンターキッチンだから家族みんなで楽しく。

バスルーム

毎日家族みんなが使うお風呂は、みんなに優しいものに。より暖かく、より使いやすく。高機能でお手入れがカンタンなお風呂です。

IHクッキングヒーター

安心安全で便利な機能がいっぱいだから「おいしい!」がもっと簡単に。ついうっかりから家族を守ります。

スペースアップシンク

汚れや傷がつきにくいステンレス製のシンク。表面は特殊コーティングで汚れがつきにくく落としやすい仕様です。

スーパークリーンフード

ノンフィルター構造で目詰まりがないので吸引力が持続します。また凹凸が少ない構造でお掃除も簡単。

冷めにくい浴槽

断熱構造で暖かさが長持ち。帰宅が遅くてもすぐに暖かいお風呂に入れます。

汚れがつきにくいFRPシンク

FRP加工を施したシンクが表面の汚れをつきにくくし、いつもきれいなキッチンに。

エアインシャワー

約50%の節水(当社比較)しながらでも量感はたっぷり。空気を含んだ大粒の水が心地よい浴び心地を実現しました。

快適なドレスルーム

浴室の中だけではありません。ゆとりのある広めのドレスルームが、あなたのバスタイムをより快適にします。

構造

頑強な作りと快適性を追求し、住む人を強く優しく守る家を作りました。また、随所に設けたたっぷりの収納スペースや開放感のある吹き抜け天井など、長くくつろぎの空間であり続けるための考え抜いた空間デザインになっています。

安心の基礎構造

通常時には建物をしっかり支え、地震時に耐えうる強度と剛性を確保しています。

熟練の職人さん

地域で長年、一緒に歩む職人さんたちが越後家づくりを支えています。
施工例

見学の事前予約はこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

お客様の声

「マイナスの話が逆に背中を押してくれました!」

 

きっかけは「家賃がもったいない」ということもありましたが、一番は、子供が生まれて「広い家に住みたい!」と思ったことです。

張り切って、ハウスメーカーに資料請求をしたり、展示場や見学会に行ったりしました。

ところが、家の知識がない私たちは、いろんな説明を聞けば聞くほど何をしたらいいかわからなくなったんです。そんなとき、友人が建てていた縁で、にしホームさんに話を聞きました。

家づくりのいいことも悪いことも教えてもらえたのが、逆に家づくりを進める後押しになりました。

住宅ローンの手伝いから家づくりのすべて、ついでにそれ以外も・・いろいろお世話になりました。やっぱり、信頼できて、何でも話し答えてくれる方に任せるのがいいと思います。特に、マイナスなことでも正直に教えてくれる西さんは話を聞くだけでもためになりました。

できるかな?無理かな?と思うことでも相談してみることが大切ですね。

新発田市 K様

「一生に1回の家づくりだから、夢と理想と楽しさを詰め込んで・・・」

家づくりをスタートさせたきっかけは、結婚を期に昨年の11月くらいから。実家が市外なので、勤め先に近いところで建てられたらいいなあと前々から考えていました。インターネットなどでいろいろ家のことを見比べていましたがなかなか気になる会社がなく、にしホームの見学会に行った際、西さんからいろいろな話を聞くことができて、とても相談しやすく楽しくイメージを固めていくことが出来ました。西さんの人柄や雰囲気、提案していただいたデザイン等が良かったので建てるならにしホームさんだと思いました。打ち合わせはしっかりと話し合うことができ、また、わからないことがあれば親身に対応していただけたので、安心できました。家ができあがって想像以上の家になり大変満足しています。これから家を建てる方へのアドバイスとしては、一生に一度の大きな買い物ですので、悔いのないように、思いっ切り、夢と理想と楽しさを詰め込んで建てていただければ良いと思います。

五泉市 H様

「一生に1回の家づくりだから、夢と理想と楽しさを詰め込んで・・・」

家づくりをスタートさせたきっかけは、結婚を期に昨年の11月くらいから。実家が市外なので、勤め先に近いところで建てられたらいいなあと前々から考えていました。インターネットなどでいろいろ家のことを見比べていましたがなかなか気になる会社がなく、にしホームの見学会に行った際、西さんからいろいろな話を聞くことができて、とても相談しやすく楽しくイメージを固めていくことが出来ました。西さんの人柄や雰囲気、提案していただいたデザイン等が良かったので建てるならにしホームさんだと思いました。打ち合わせはしっかりと話し合うことができ、また、わからないことがあれば親身に対応していただけたので、安心できました。家ができあがって想像以上の家になり大変満足しています。これから家を建てる方へのアドバイスとしては、一生に一度の大きな買い物ですので、悔いのないように、思いっ切り、夢と理想と楽しさを詰め込んで建てていただければ良いと思います。

五泉市 H様

にしホーム概要

所在地 新潟市北区すみれ野3丁目8-3-11
商号 にしホーム
建設業許可 新潟県知事 許可(般ー1)第45817号
代表 西 純一
資格 二級建築士 二級施工管理技士
一般社団法人日本シェアハウス協会新潟県副支部長
保証制度 瑕疵担保保険10年 ハウスジーメン 
長期20年保証制度あり
第三者検査機関導入
商号 にしホーム
にしホーム 代表 西純一から

ご覧いただきありがとうございます。
「理想の間取りづくり相談」「賢い資金計画相談」「失敗しない土地探し相談」など、すべて無料で受け付けています。ご相談は、見積書作成の最後まで検討いただいたうえでお断りただいても、途中でストップしてもかまいません。もちろん、すべて無料なので料金が発生することは一切ございません。どうぞ安心してご依頼ください。

にしホームのお問合せ
025-258-5937
090-4916-9854(西)

※【営業時間】9:30〜18:30 (水曜定休)

にしホーム 
住所:新潟市北区すみれ野3丁目8-3-11
電話:025-258-5937 携帯090-4916-9854(西)  FAX:025-364-6535 
メールアドレス:nishihome11@gmail.com