二世帯住宅へのリフォーム費用の相場は?完全同居が一番安い!

二世帯住宅には2つの世帯がすべて同じ室内や共有部分であるキッチンやトイレなどを使用する完全同居、一部分だけを共有して、その他は別になっている一部共有、共有部分から部屋まで全てを分ける完全分離があります。リフォームする場合の相場も変わってくるので、よく情報収集をしてから決めるようにしましょう。

二世帯住宅へのリフォーム費用の相場は3つの間取りにより分かれる

完全同居に一部共有、完全分離の3つは、リフォームする場合の費用が異なっています。もちろん同じであっても、部屋数や家のある場所によって変わってくることもあるでしょう。そこで二世帯住宅の相場やメリット、デメリットなどを見て、参考にしてみることをおすすめします。

・完全同居
完全同居は二世帯住宅で最も料金が安いのですが、あくまで同じ条件でリフォームをした場合に限ります。ちなみに完全同居で土地の広さが60坪前後であった場合、大体相場は3000万円前後だと言ってよいでしょう。完全同居は費用こそ安くなりますし、面積が多少狭くても住めるというメリットがあります。しかし、お互いのプライベートを確保するのが難しくなるため、田舎では問題ないでしょうが、都心ではあまり好かれない傾向にあるのが現状です。

・一部共有
一部供用は完全同居のように、全てを共有する家ではありません。逆に全てが分離されているわけではありませんので、相場も3500万円程度になっており、完全同居と完全分離の中間ぐらいになります。分離する部分と共有する部分が自由に決められるのはメリットなのですが、共有する部分も存在しているので、メンテナンスや修理などを行うときに、どちらが費用を持つのかでもめるケースがあります。あらかじめ費用についてはきちんと相談をしておくことが大切になるでしょう。

・完全分離
完全分離は名前の通りに、完全に住み分けてしまうという二世帯住宅です。同じ敷地内に2件の家が建っているというパターンが多いため、二世帯住宅では最も費用が高くなるのです。これが最大のデメリットだと言えるでしょう。広い土地が必要になるので、相場も4000万円以上になります。お金がかかる分メリットはとても多く、お互いのプライバシーはしっかりと保てますし、交流もしっかりと行うことができるのです。二世帯住宅の中では最も人気があると言えるでしょう。

二世帯住宅へのリフォームは新築・建て替えより安い!

当然ですが、一般住宅から二世帯住宅へリフォームをした方が、最初から二世帯住宅の新築を建てるよりも安くなります。なぜなら土地代がかからないからです。新しく新築の住宅を購入すれば土地代も必要になるので、広さや地域によってかなり変わりますが、数百万円から数千万円の差が出てしまうこともあるでしょう。また、完全に建て替えるよりも、部分的にリフォームをした方が安く済みますが、その分寿命が短くなる場合が多くなります。

二世帯住宅へリフォームする前に知っておきたいこと

・助成金や補助金
住宅を建てる場合には、補助金や助成金を受け取れることも多くなっています。では、二世帯住宅へリフォームした場合、どのような助成金や補助金があるのでしょうか。実は以外にもたくさん存在しているので、その1部を紹介させていただきます。例えばゼロエネ住宅にした場合には、補助金として165万円が助成されます。さらに地域材を活用すれば50万円の補助金が出ます。

これを地域型住宅グリーン化事業と呼んでいます。さらにキッチン、風呂場、トイレ、玄関のうち、2つ以上共有するスペースが設けられていることで、国から30万円の補助金を受け取ることができるのです。ただし地域材を使用するという条件もあるので注意しましょう。このような助成金や補助金がよく知られています。

・贈与税に注意
最近は家を保有している世帯主が亡くなる前に相続をする生前贈与というのがよく行われています。この場合には相続税ではなく、贈与税という税金を取られてしまうことになるのです。贈与税は相続税に比べてかなり高いですし、税金の支払いが必要になる金額の設定もかなり低くなっています。つまり基礎控除額にかなりの差があるのです。よって購入するときには親名義ではなく子供名義にするなどの工夫も必要ですが、詳しくは専門家に相談をしてみましょう。

・建ぺい率や容積率に注意
建ぺい率と言われても、何のことかわからない人が多いでしょう。簡単に言えば、敷地面積に対して、どのくらい大きな家を建てられるかという数字です。建ぺい率は建築基準法で決められているので、これを超える大きな家を建てることはできません。場所によってそれぞれ定められている数値が異なっているので、上限内に建物の大きさを抑える必要があるのです。ちなみに延べ面積が敷地面積のどれだけの割合を占めているのかというパーセンテージが容積率になります。

二世帯住宅のリフォーム費用を安くするコツ

・完全同居が安い、難しい場合は共有スペースを増やす
完全分離にしてしまうと、広いスペースが必要になる上に、工事を行う場所が増えてしまうので、費用も高くなってしまいます。そこでおすすめなのが完全同居です。一部共有でもよいのですが、できる限り共有するスペースを多くすることで、費用を安くすることができるでしょう。

・相見積もりは必須
費用は依頼する業者によっても変わってきます。そのため、業者選びは必ず行うべきことなのですが、ただ情報収集をしているだけでは意味がありません。どれぐらいの費用が必要になるのかを知るために、複数の業者で見積もりを出してもらいましょう。見積もり依頼を出したときの対応で、業者の良し悪しも多少見分けることができます。

まとめ

二世帯住宅は完全分離よりも完全同居の方が安い費用で済みます。新しく建てるよりも、リフォームをした方が安い費用で済むのですが、依頼する業者やどこの地域に家があるのかによって大きく異なります。よって情報収集は時間をかけてじっくりと行いましょう。助成金や建ぺい率、税金についても検討をしておくべきです。