二世帯住宅の費用はいくら?完全分離だと完全同居の倍は覚悟すべき?

最近は少なくなってきた二世帯住宅ですが、現在では今までのような二世帯住宅ではなく、完全分離タイプと呼ばれている種類もあるのです。しかし、費用がどれぐらい必要になるのか、どのような作りになっているのかなど、気になることはたくさんあるでしょう。そこで詳しく見てみようと思います。

二世帯住宅の建築費用は次の3タイプにより異なる

一般的な住宅に比べて、二世帯住宅は面積も広くなりますし、家も多少大きくしないといけません。そうすれば建築費用も増えるのですが、二世帯住宅のタイプによっても異なります。そこで完全同居タイプ、一部共有タイプ、完全分離タイプに分けてみていきましょう。

・完全同居
二世帯住宅には大きく分けると3種類あるのですが、その1つである完全同居タイプの二世帯住宅の建設費用はどうなっているのでしょうか。2世帯で済むことになれば、当然延べ面積が大きくなってしまうので、一般的な住宅よりも高い費用が必要になります。金額にすると1000万円ぐらい差が出てしまうことも珍しくはありません。面積が広くなるということは、土地の坪数も増えるので、料金が高くなるのは当たり前なのです。

共用部分であるキッチンや風呂、トイレなどは複数作る必要はありませんが、完全同居であっても部屋は別々にするのが一般的です。そうすると部屋の数も増やす必要があるので、狭い敷地ではどうしても二世帯住宅にすることはできません。大体50坪以上は必要になるので、このような点も考慮しておきましょう。

・一部共有
共用部分を住人全員で共有するのではなく、一部分だけを共有する二世帯住宅も存在しています。では、一部共有の場合、どの部分を共有することが多いのでしょうか。最も多くなっているのは玄関です。玄関は普通に出入りすること以外には利用しませんし、顧客や宅配便が来たときにも、玄関を共用することで対応しやすくなるからです。

他には風呂場を共有することも多くなっています。風呂は水道代やガス代がかなりかかってしまうので、やはり共有して光熱費を削減したいと希望する人が多いのです。しかも1人ずつ別々に入るのが一般的なので、共有しても問題ないという人が多いと言えるでしょう。建築費用は完全同居に比べると高くなってしまいます。どれぐらい建築費用が高くなるのかは、どの部分を共有するのかによって大きく異なってくると言えるでしょう。

・完全分離
家の中全てを共有する完全同居、一部分のみを共有する一部共有、そしてもう1つが完全に家が分離して分けられている完全分離が存在しています。名前の通りに同じ敷地内に家があるのですが、完全に分けられているタイプになります。当然費用も二世帯住宅の中では最も高くなります。家の構造などによっても異なりますが、一般的な住宅と比べると、倍近く高くなることも珍しくはありません。

なぜなら同じ敷地内とは言っても、単純に家が2軒建てられている状態なので、倍近く費用が掛かるのは当然なのです。完全同居に比べても、800万円から1200万円ぐらい異なる場合も珍しくはないでしょう。その分敷地を狭くしたとしても、やはり完全同居の場合には最も多くの土地を必要とするので、相当高い費用が必要になると思うべきです。

二世帯住宅のリフォーム・中古物件の費用相場は?

少しでも安く二世帯住宅を購入したい場合には、中古物件を購入する方法もあります。その後にリフォームをすることで、費用を安く抑えることができるでしょう。このような場合の費用相場も見ておくことをおすすめします。

・二世帯仕様にリフォーム、増築する場合
元々は通常の住宅だったけれど、二世帯仕様に増築するという選択肢もあります。当然増築をするので、普通のリフォームよりも費用が高くなるのは言うまでもありません。このような場合、通常のリフォームに比べてどれぐらい高くなるのでしょうか。二世帯仕様に増築をした場合、相場は大体1000万円から1200万円ぐらいだと言えるでしょう。

リフォームする範囲を狭くすれば、相場はある程度下げることができます。他にも増築しやすい部分としにくい分があるので、増築しやすい部分をリフォームすることでも、多少費用の削減ができるでしょう。リビングやダイニング、屋根裏などは比較的増築しやすくなっていますし、風呂場なども増築しやすい部分だと言えるでしょう。

・中古の二世帯住宅の価格帯
中古で二世帯住宅を購入した場合、どれぐらいの価格帯になるのでしょうか。もちろん面積や家の状態、家のある場所やいつごろ建設されたのかによって価格というのは大きく変わってきます。あくまで参考程度に確認をしておくとよいでしょう。全く同じような条件で購入した場合の事例を確認しておきますが、あくまで例の1つであり、必ずしもこのような金額になるとは限りません。

完全同居の場合、築20年前後で面積が150平方メートル前後、郊外の街で中古の住宅を購入した場合、大体2000万円前後となります。これが一部共有になると、400万円ぐらい高くなることが多いでしょう。さらに完全分離になれば、800万前後高くなるケースも珍しくはありません。なぜなら部屋数も比例して多くなるからです。

気になる二世帯住宅にかかる費用の分担は半々が3割?

・親世帯、子世帯ともに半分ずつが3割以上
二世帯住宅を建てる場合には、片方の世帯が全額負担するケースはそれほど多くはありません。通常は両方の世帯で負担することが多いでしょうが、大体公平に半々という場合が多いでしょう。他にもどちらか片方が少し多めに負担することもあるでしょう。

・親世帯が多めに負担する割合が高い
二世帯住宅で建設費用を負担する場合、やはり親世帯が多めに負担することが多くなっています。もちろん年代にもよるでしょうが、親世帯が高齢で年金生活をしている場合などは、当然子供世帯が多めに負担することが多いでしょう。ただし、親世帯がまだ元気で仕事をしている場合には、親世帯が多めに負担することが多いのです。

二世帯住宅は税金面の優遇が大きい!

・不動産取得税、固定資産税
日本は税金大国なので、何をしても税金を徴収されます。もちろん家を建てても税金は取られてしまうのですが、主な税金は不動産所得税と固定資産税です。これらの税金というのは、実は二世帯住宅の方が安くなっているのですが、なぜなら小規模住宅の扱いになることが多いからです。気になる人は税理士に相談をしてみましょう。

・相続税
親世帯が亡くなった場合、子供に家も引き継がれるのですが、家というのは高額の試算になるため、高確率で相続税がかかります。二世帯住宅にすることで、この相続税も節税することが可能です。場合によっては小規模宅地等の特例に含まれている場合もあるので、そうするとさらに節税することができるでしょう。

二世帯住宅を安く建てるコツは4つ

・共有スペースを多くする
中古を購入する以外にも、いくつか二世帯住宅を安く建てるコツが存在しています。その1つが共有するスペースをできる限り多く取ることです。例えば風呂場やトイレ、キッチンなどは共有しやすいですし、玄関やベランダなども同様でしょう。部屋だけを別にしておけば、一般的な住宅と比べても、それほど大きくする必要もないのでお得です。

・シンプルな外観、間取りを意識する
凝った作りにすると、一般的な住宅でも二世帯住宅でもお金がかかってしまいます。それに比べて外観をシンプルにすることや、間取りを少なくするなどによって、建設費用を抑えることができるのです。どのようにすれば安くなるのか、建設業者や不動産屋などに聞いておくとよいでしょう。

・ローコストハウスメーカーに依頼する
住宅の建設費用というのは、どこの業者に依頼するのかによっても変わってきます。現在ではローコストハウスメーカーというのも存在しているので、このような業者に依頼をすれば、相場よりも安い金額で二世帯住宅を建てることができるでしょう。ただし、あまりにも料金が安いと、欠陥住宅を建てられてしまう可能性があるので、情報収集はきちんと行うべきです。

・相見積もりは必須
できる限り安い業者を利用する場合には、最初に見積もりをしてもらってから比較する必要があります。そうしないと安い業者を見つけることができません。現在では一括見積を行うこともできるので、それほど時間をかける必要なく見積もりを取ることができるのです。見積もりは二世帯住宅を購入する場合には、必須だと言っても過言ではありません。

まとめ

二世帯住宅を安く購入するための方法はたくさん存在しています。もちろんこれ以上抑えるべきではない点もあるので、可能な限り安い費用にする方法がよいでしょう。そのためには事前の情報収集が欠かせませんので、じっくりと時間をかけて知識を蓄え、情報を集めておくべきです。