なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

東京のNIPT【新型出生前診断】

妊娠がわかったとき、誰もが健康な赤ちゃんが生まれてくることを願いますよね。
最近は、赤ちゃんが生まれる前に、赤ちゃんの健康を知るために出産前診断を受ける人も多くなりました。
しかし、実際に出産前診断についてよくわからないという妊婦さんもたくさんいらっしゃいます。また、どこのクリニックで出産前診断を受けられるのか、さらにどこのクリニックが良いのかもよくわからないという人が多いでしょう。そこで今回は、出産前診断の基礎知識と東京にある出産前診断でおすすめの人気クリニックを紹介していきます。検診時の費用なども紹介していきますので、妊娠して出産前診断を考えている方は参考にしてみてください。

東京のNIPT認可施設一覧

国立成育医療研究センター
診療科名:周産期センター・遺伝診療科
住所:東京都世田谷区大蔵2-10-1
担当者:左合治彦、和田誠司、佐々木愛子 他

昭和大学病院
診療科名:産婦人科
住所:東京都品川区旗の台1-5-8
担当者:関沢明彦 他

山王病院
診療科名:産婦人科・遺伝カウンセリング外来
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂8-10-16
連絡先:TEL 03-3402-3151
担当者:北川道弘、門脇弘子他

東京女子医科大学
診療科名:遺伝子医療センターおよび母子総合医療センター
住所:〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
連絡先:TEL 03-5269-7509
担当者:小川正樹

日本医科大学付属病院
診療科名:遺伝診療科
住所:〒113-8603 東京都文京区千駄木 1-1-5
担当者:倉品隆平 也

日本赤十字社医療センター
診療科名:産科
住所:〒150-8935 東京都渋谷区広尾4-1-22
担当者:笠井靖代、渡邊理子、有馬香織、他

東京慈恵会医科大学
診療科名:産婦人科
住所:〒105-8471 東京都港区西新橋3-19-18
連絡先:TEL 03-3433-1111(代表)
担当者:種元 智洋

東京大学医学部附属病院
診療科名:女性診療科・産科内の遺伝専門外来
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
連絡先:TEL 03-3815-5411 内線36142(産科外来)
担当者:牧田

東邦大学医療センター大森病院
診療科名:臨床遺伝診療室
住所:〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
連絡先:TEL 03-3762-4151
担当者:片桐由起子、竹下直樹、玉置優子

母子愛育会 総合母子保健センター 愛育クリニック
産婦人科 周産期遺伝相談外来
住所:〒106-8580 港区南麻布5‐6‐8
TEL:03-3473-8310(愛育クリニック代表)
担当者:中山摂子 他

横浜市立大学附属病院
診療科名:横浜市立大学附属病院 遺伝子診療部
住所:神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
担当者:平原史樹、浜之上はるか 他

昭和大学横浜市北部病院
診療科名:産婦人科
住所:〒224-8503 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1
TEL:045-949-7000(代表)
担当者:市塚清健

東海大学医学部付属病院
診療科名:東海大学医学部付属病院 遺伝子診療科
住所:〒259-1143 神奈川県伊勢原市下糟屋143
連絡先:TEL 0463-93-1121(代表)
担当者:高橋千果

埼玉医科大学病院
診療科名:産婦人科
住所:埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
連絡先:TEL 049-276-1297(産婦人科外来)
担当者:亀井 良政、難波 聡

獨協医科大学埼玉医療センター
診療科名:遺伝カウンセリングセンター
住所:〒343-8555 埼玉県越谷市南越谷2-1-50
連絡先:048-965-1111
担当者:不在のため休止中

榊原記念病院
診療科名:産婦人科
住所:〒183-0003 東京都府中市朝日町3-16-1
連絡先(TEL):042-314-3111(代表)、042-314-3141(医療連携室)
URL:http://www.hospital.heart.or.jp/(産婦人科HPは現在調整中)
担当者:森崎裕子、桂木真司

杏林大学医学部付属病院
診療科名:産婦人科
住所:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
連絡先(TEL):0422-47-5511(代)
担当者:長島隆、松島実穂  ※対象は当院で分娩される妊婦さんのみ

北里大学メディカルセンター
診療科名:産婦人科 遺伝診療科
住所:〒364-8501 埼玉県北本市荒井6-100
連絡先:(TEL) 048-593-1212
担当者:三木 明徳

帝京大学医学部附属病院
診療科名:産婦人科
住所:〒173-8606 東京都板橋区加賀2-1-1
連絡先: 帝京大学医学部附属病院 産婦人科外来 03-3964-1211(代表)
担当者:木戸浩一郎(産婦人科医、臨床遺伝専門医)他

東京のおすすめNIPTクリニック認可外

NIPTは
優秀な検査ゆえに、
実は海外ではこのNIPT(新型出生前診断)が
すでに当たり前のように行われている国もあり、

例えば、
【イギリス】 や【アメリカ】では公費で行われていたり、
サポート体制も整っていたりと、
積極的に、
新型出生前診断(NIPT)が行われています。

現状、
日本では、まだNIPTの歴史は浅く、
保険適用外であるなど、
そこまで積極的ではないため、

妊婦さんにとって、
非常に気になる優秀な検査ではあるものの、
情報や口コミも少なく、
悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんなわけで今回、
私が厳選してNIPT検査を受けた、
東京でどなたでも受検できる、
年齢制限などのないおすすめNIPTクリニックの検査の流れや、
体験談・口コミをできるだけご紹介していきます。

ちなみに
クリニックでは採血のみで、
検査自体は専門機関で行われるため、
判定の精度は施設による(認可・認可外)違いはありません。
(認可外というと聞こえは悪いですが、質が落ちたりすることはなく、もちろん違法でもなんでもありません。認可施設は年齢制限や夫婦二人での参加がマストだったり、紹介状が必要だったりハードルが高い場合もあります)

【認可外施設】
認可外クリニックの特徴としては

・年齢制限がない
・一人での来院OK
・検査当日一回の来院でOK
・基本検査以外にも、希望により全染色体検査や微小欠失検査を実施できる。
・紹介状不要
・カウンセリングが必須でなく、ある施設ない施設がある
・検査後のアフターフォローにばらつきがある
・専門医でない場合がある

年齢制限無しや、当日一回の来院でよく複数回のカウンセリングが不要であったりと条件が優しいこと、
全染色体検査や微小欠失検査といったもう一歩踏み込んだ検査が出来る、といった事が認可外の施設の特徴とメリットです。
デメリットとしては、専門外の先生であったり、アフターフォロー(陽性時の対応)に関して、
クリニックにより対応のばらつきがあることです。
そのため、
NIPT検査を認可外で受ける際には、
クリニックのアフターフォローの有無や実績をチェックしましょう。

また、
新型出生前診断【NIPT】という検査に関して、
検査というからには、
一番気になる、気にすべき点は検査の精度ではないでしょうか。

無認可・認可外という言葉を聞いてしまうと、
どうしても怪しい響きに聞こえてしまうとは思いますが、
認可施設・認可外施設で
精度に関しては変わりありません。

理由としては、
認可施設・認可外施設ともに
施設では採血を行うのみで、
検査自体は専門のラボで行われるためです。

はっきり言ってしまうと、
どこの施設でやっても採血のみなので極端な話、
採血が上手いか下手か痛いか痛くないか程度の差しか無いということです。

なので、繰り返しになりますが
一番重要と言える、
検査の精度に関しては安心して問題ありませんのでご安心ください。



その認可外施設(認可施設も紹介してます)をご紹介しているのが、
東京NIPT(新型出生前診断)←リンク
大阪でNIPTを受けれる施設←リンク
の記事です。
(東京・大阪以外の全国の施設もご紹介しています。)


新型出生前診断【NIPT】を年齢制限なしで受けられる認可外施設の中から、
国内最大の実績を誇り、
アフターフォローまで一貫で対応してもらえる信頼のクリニックをご紹介します。

東京・大阪のNIPT(新型出生前診断)おすすめクリニック

こちらでご紹介されている中でもトップ評価のNIPTクリニックは
【東京】八重洲セムクリニック《八重洲セムクリニックの体験談》
大阪】奥野病院《NIPT奥野病院大阪口コミ》
です。

見出し