キャッシュレス化の対応、完了しましたか?
タブレットを無料で差し上げるので、キャッシュレス対応を進めてください
タブレットを無料でもらって
QR決済・クレジット決済対応店舗になろう

日本政府はきたる2020年東京オリンピック、2025年大阪万博開催が迫り、本気でキャッシュレス社会の実現を目指しています。現在20%を切るキャッシュレス化の現状を40%まで引き上げることを目指し、現在制度改革が進んでいます。

キャッシュレス対応を
今すべき理由

外国人客の増加

東京オリンピック、大阪万博など、これから外国人が日本にくる数が増えます。キャッシュレス後進国ではまだスタンダードではなくても、海外ではキャッシュレスは当たり前。そういった人たちがこれから押し寄せてきます。

税制優遇

外国人観光客、有識者の訪日対応として、政府はキャッシュレスビジョンを掲げ、現在の倍の導入率を目指しています。キャッシュレス推進協議会も発足し、税金を優遇することも発表されています。

他業種参入

銀行などの飲食店以外の業種でもキャッシュレス化の波がきています。世の中のスタンダードになることが予想され、対応が遅れることで顧客離れのリスクに繋がります。

キャッシュレス化はやった方が良いものではなく
”やらなければいけないもの”にしようとしている

さらに今だけのキャンペーンを実施中!

キャンペーン①
タブレットを利用料永遠0円

今お申し込みいただいた企業・店舗様にはタブレットを無料配布。レンタル料は利用いただく限り、永遠0円でタブレットを活用いただけます。

キャンペーン②
手数料0円でキャッシュレス化できる

現在、キャッシュレス推進元年だからこそ、決済サービス企業と提携し、利用料や手数料金が0円で使える決済サービスを準備しました。

キャッシュレス推進にご協力をお願いします!

キャッシュレス化の推進は国をあげての一大プロジェクトです。

その推進役としてNipponTabletがその役目を担っています。今このタイミングであれば、店舗・企業の負担をほぼ0でキャッシュレス対応がスタートできます。

ぜひ、キャッシュレス推進にご協力をお願いいたします。

資料請求はこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

社名 株式会社アド究舎​
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋六丁目1番11号
設立 2002年3月1日(社名変更:2016年4月1日)
代表者 代表取締役社長 山中 幸成
事業内容 1.広告代理店業
2.カタログ情報誌の企画、開発、制作、編集及び販売
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋六丁目1番11号