来たる2019年10月「消費税増税」に伴う「キャッシュレス決済限定の消費者還元」。

キャッシュレス決済(スマホ決済)ができるお店への準備はできてますか?

タブレット導入でお店のキャッシュレス化を全面的に応援しています!

「Amazon Pay」をあなたの店舗で

決済方法の革新

現金でのみ決済するお店はクレジットカードをはじめQRコード決済など現金を持たなくても買い物ができる環境にしなければなりません。世の中、ますます国際化が進み海外からのお客様にも利用しやすいよう、また若者たちがキャッシュレスに向かう時世にあって、お店が変わらなければ生き残って行けなくなってきました。

キャッシュレス会計ができるお店に変わるためにはレジに決済端末を置かなければなりません。

そこで、この度、一日も早く国が推奨するこの環境を整備するためにこの決済端末を皆様のお店に無償でレンタルすることにしました。

キャッシュレス決済の動向

政府は世界に比して日本がキャッシュレス決済の利用率が極端に低いことを問題視しその命を受け経済産業省が改革に施策を打ち出し動き始めています。
日本の現状で現金取り扱いのために生じる費用が年間約8兆円(2015年度)に達しているとされていて人手不足の改善にもキャッシュレス決済手段の普及を急ぎ労働生産性を上げる、としています。

今日、クレジットカードの利用が定着しているが利用資格を得るにはハードルがあり多くの利用者への普及が容易でなく限定された利用範囲にとどまっています。そんな中、昨今ではスマートフォンのアプリから支払いをするQRコード決済手段が増えてきました。

このような現金支払いに代わる即時性と安全性の高い決済手段がもっと増えていくことになるであろうことは明白である。

売り手側と買い手側に利便性が高く現金同等でありながら利用者にとって独立安全性が高く高度でありながらシンプルなシステムの普及が不可欠である、と言えます。

決済会社が独自の非現金決済システムを開発し、各社から個々にその普及活動が開始されています。

利用する顧客にとっても店側にとっても、レジ周りで現金授受より簡潔で間違いのない料金支払いや代金受領のできるシステムであることが問われます。

世の中、現金主義が主流である中、ほとんどの人がスマホを持ち歩き情報通信に加え決済機能を利用する機会がますます大きくなっていきます。今後、老若男女を問わず子供ですら現金を持ち歩かなくて済む社会システムとして定着していくことであろうと考えられています。

汎用決済システム
現在のクレジットカードでの決済はお店に置かれた決済端末からカード情報を読み取りカード会社に照会し実行されています。
各カード会社の規定による決済手数料が差し引かれた金額が後日お店の銀行口座に現金振り込みがなされます。

QRコード決済でも同じ手続きを経て決済されるのですが、顧客のスマホに登録されているQRコードと店のQRコード決済端末機とでやり取りをし、カードなどを扱う物理的な手間もなく電子的に決済されます。

お店にとって、このようなシステムの利用には現金受領では存在しない決済手数料が負担になり、決済端末を設置するための初期費用およびランニングコストの負担が発生します。
また、売上の現金を即座に自由に使えなくなる。などのマイナス面があります。

一方、現金を持たない買い物客の来店が増える、手持ち現金以上の買い物をしてもらえる、海外からの観光客の売り上げが伸びる、閉店後の現金締め処理の時間が節約できる、店頭に置く現金が少なくなり盗難などのリスクが減る、つり銭間違いがなくなる、つり銭などの準備で銀行に出向く時間が減る。現金を扱わないので誰でもレジの係をこなせる。など、プラスの面もあります。

業種業態、顧客筋などによるがこのようなマイナス面とプラス面を考慮し、将来を見据えた経営判断が求められています。
汎用決済システム
現在のクレジットカードでの決済はお店に置かれた決済端末からカード情報を読み取りカード会社に照会し実行されています。
各カード会社の規定による決済手数料が差し引かれた金額が後日お店の銀行口座に現金振り込みがなされます。

QRコード決済でも同じ手続きを経て決済されるのですが、顧客のスマホに登録されているQRコードと店のQRコード決済端末機とでやり取りをし、カードなどを扱う物理的な手間もなく電子的に決済されます。

お店にとって、このようなシステムの利用には現金受領では存在しない決済手数料が負担になり、決済端末を設置するための初期費用およびランニングコストの負担が発生します。
また、売上の現金を即座に自由に使えなくなる。などのマイナス面があります。

一方、現金を持たない買い物客の来店が増える、手持ち現金以上の買い物をしてもらえる、海外からの観光客の売り上げが伸びる、閉店後の現金締め処理の時間が節約できる、店頭に置く現金が少なくなり盗難などのリスクが減る、つり銭間違いがなくなる、つり銭などの準備で銀行に出向く時間が減る。現金を扱わないので誰でもレジの係をこなせる。など、プラスの面もあります。

業種業態、顧客筋などによるがこのようなマイナス面とプラス面を考慮し、将来を見据えた経営判断が求められています。
決済手数料を無料に!
政府がキャッシュレス化に本腰!
中小の小売店に電子決済で税優遇へ

[2019年1月 ▶ 3月までのお 申し込み限定]

2020年末まで 全決済ブランドの合計金額が月額10万円まで決済手数料0%
NIPPON PAYスマート決済に登録されている決済サービスに限ります。
※キャンペーン対象となる国内外の決済ブランドは随時拡大予定です!

[2019年1月 ▶ 3月までのお 申し込み限定]

2020年末まで 全決済ブランドの合計金額が月額10万円まで決済手数料0%
NIPPON PAYスマート決済に登録されている決済サービスに限ります。
※キャンペーン対象となる国内外の決済ブランドは随時拡大予定です!
10%上乗せキャンペーン実施中
Amazonのお客様をあなたのお店のお客様に
Amazon Payをご利用いただくと、すでに登録されているAmazonアカウントを利用してお店でスピーディーにお買い物ができます。お客様は使い慣れたAmazonショッピングアプリでQRコードを表示させるだけでお買い物ができ、お客様の安心・安全・簡単なお買い物をサポートします。
Amazonのお客様をあなたのお店のお客様に
Amazon Payをご利用いただくと、すでに登録されているAmazonアカウントを利用してお店でスピーディーにお買い物ができます。お客様は使い慣れたAmazonショッピングアプリでQRコードを表示させるだけでお買い物ができ、お客様の安心・安全・簡単なお買い物をサポートします。
スムーズな精算体験で新規顧客獲得!
スムーズでストレスのない購入体験をお客様に提供できるため、新規顧客獲得率の向上が期待できます。使い方も金額を入力して、お客様のスマホに表示されたQRコードを読み取るだけだから簡単!
税金の優遇

早い段階に導入戴けると税金の優遇のチャンスが広がります。

代金の支払いは、月末締めの15日払いですが、2019年内に「最短翌日支払いサービス」も開始する予定です。


現在のお申込みは法人様に限ります。
税金の優遇

早い段階に導入戴けると税金の優遇のチャンスが広がります。

代金の支払いは、月末締めの15日払いですが、2019年内に「最短翌日支払いサービス」も開始する予定です。


現在のお申込みは法人様に限ります。

現金販売と決済販売の比較

現金販売のメリット

・売上金が現金として即刻支払いなどに回すなど自由に使える。

・キャッシュローテーションがシンプルにできる。

・お金のありがたみがわかる。

・お客様と直に現金のやり取りができることで心が通じる。

現金販売のデメリット

・現金授受につり銭など手間と時間がかかる。

・お釣りの金額を間違える。

・レジ機につり銭の準備、補充に手間がかかる。

・店頭に現金があることで盗難などのリスクがある。

・手持ち現金以上の買い物をしない。衝動買いがない。

・日締めで、伝票の合計金額と現金高が合わない。

決済販売のデメリット

・売り上げの現金化に時間がかかり(翌日から45日後)キャッシュフローが複雑化する ・決済端末機設置などの費用が掛かる。

・決済手数料の負担(現金受領では存在しない)

決済販売のメリット

・来店客が増え増収増益につながる。

・つり銭金額の間違いがない。

・現金扱いが無くなれば誰にでもレジ係を任せられる。
・日締めが手早くでき店長の残業が減る ・顧客の購買傾向などの情報が得られpush営業につながる。

決済販売のメリット

・来店客が増え増収増益につながる。

・つり銭金額の間違いがない。

・現金扱いが無くなれば誰にでもレジ係を任せられる。
・日締めが手早くでき店長の残業が減る ・顧客の購買傾向などの情報が得られpush営業につながる。

 貴方が
Amazon Payの導入で
悩む必要はありません!

タブレットの無料レンタルは、
限定台数に達しましたら予告なく終了します。

Amazon Pay決済承認に
1~2ヶ月程度要する場合がございますので
お早めにお申込み下さい。

キャンペーン第1弾概要

申込み期限 2019年9月末
特典
申込み条件

・現在のお申込みは法人様に限ります。

・本キャンペーンは実店舗(住所)がある店舗に限らせて頂きます。

展望

現在、国内外の決済ブランドとの提携準備を進めており、2019年5月までに、新たに10決済ブランドの利用が可能になる予定です。
タブレット1台で国内外のあらゆる決済が出きるよう努力して参ります

保証サービス タブレット出荷時は保険加入しています。
必要がなければ1ヶ月以内に解約頂ければ料金の発生はございません。
解約の依頼がなければ自働加入になります。
保険料3,600円(年額)が必要となります。
〈保証サービス内容〉
 万が一、レンタル端末を破損してしまった場合でも、保証サービスに入っていれば安心。
 無償で修理又は交換させて頂きます
 2年目以降、ご要望頂ければ最新の端末に無償で交換させて頂きます。




保証サービス タブレット出荷時は保険加入しています。
必要がなければ1ヶ月以内に解約頂ければ料金の発生はございません。
解約の依頼がなければ自働加入になります。
保険料3,600円(年額)が必要となります。
〈保証サービス内容〉
 万が一、レンタル端末を破損してしまった場合でも、保証サービスに入っていれば安心。
 無償で修理又は交換させて頂きます
 2年目以降、ご要望頂ければ最新の端末に無償で交換させて頂きます。