このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

ニッポン
デジタルシフトプロジェクト

デジタルシフトで
日本経済の未来を切り拓け

新型コロナウイルスの蔓延で我が国では緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛、オフィスへの出勤ではなく在宅ワークの推奨、三密を避ける行動を求められています。それに伴い、日本の経済活動は停滞し、多くの企業の事業継続が困難になり、特に観光業界小売店、飲食店などでは大きな打撃を受けています。 消費者である私たちの楽しみである旅行、買い物、食事会なども自粛を求められ、政府からは「人との接触を8割減らす10のポイント」なども公表されました。その中では、帰省や買い物、食事会などはできる限りオンラインで対応できるようにと記載されています。皮肉なことに新型コロナウイルスの蔓延が社会全体のデジタル化を一気に加速させているような状況になりつつあります。

 5月に入り緊急事態宣言が解除される地域も増えてきて、少しずつ日常生活は戻ってきています。しかしながら、旅行や買い物、食事などを自由に楽しめる状態になるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。野球やサッカーなどのスポーツ観戦も無観客試合での開催が検討され、甲子園での高校野球は春の選抜に続いての中止が決定されました。多くのエンターテイメントは人が集まることで盛り上がりを演出されるので当分の間は開催が難しいのかもしれません。

 そんな状況の中、私たちに何ができるのかということを考えている人や事業者は多いのではないかと思います。疫病蔓延による緊急事態だったとはいえ、新型コロナウイルスの蔓延が落ち着いた後の社会には大きな変化が生まれます。テレワークやオンラインでの買い物などを一定期間体験した人々が一気に元に戻るとは考えにくいと感じています。今回の緊急事態で日本経済は一気にデジタルシフトして、消費者はアナログとデジタルをうまく使い分けて新型コロナウイルスと共生する社会になっていきます。 新型コロナウイルスが蔓延する前の日本経済は東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて盛り上がり、海外からのインバウンド観光客数なども過去最高を記録していました。観光事業者、免税店、飲食店などもインバウンド対応をしながらも大忙しで、人手不足ということが常に懸念されていました。それが緊急事態宣言で一変しました。多忙を極めてキャッシュレス対応も含めてデジタルシフトが遅れていた業界でもあります。日常生活が戻ってきて経済がまわり始めても、娯楽や三密になる空間での食事などは敬遠されるということが予測されます。そこで、消費者側のデジタルシフトに合わせて事業者もデジタルシフトするタイミングだと考え、新型コロナウイルス蔓延で困っている事業者支援を政府や自治体、公的団体、関係事業者と連携して行うプロジェクトを立ち上げる次第です。

ニュース・活動報告


2020年6月3日 九州エリアでのデジタルシフト研修のプロジェクトがスタートしました。
2020年5月18日  沖縄でのネットショップ開店支援プロジェクトスタートしました。
2020年5月18日  沖縄でのネットショップ開店支援プロジェクトスタートしました。

プロジェクト

自治体などと連携した地域事業者のネットショップ開設などの支援
企業の一時休暇従業員向けのデジタルシフト研修の実施
企業のテレワーク導入などの業務改革支援
地域や企業、店舗の5G時代に向けた映像情報発信支援
デジタル社会に対応したすべての産業のデジタルシフト支援
企業のテレワーク導入などの業務改革支援

発起人

東京都在住 田中 一郎さん(34)
友人として心から応援しています
山下君は昔から政治の道を志すべきと思っており、彼の志は必ずや日本にとって、大きな力となる事を確信しています。
10年以上友人として彼を見てきた私が保証します!
岡山県在住 佐藤 葉月さん(23)
有言実行、信頼できます
私が学生だった頃より、先生にはお世話になっております。先生の政治信条とご決意なら、必ずやご当選されるものと確信しております。何より、先生のように有言実行を体現されている方だからこそ、これまでの地域発展にご尽力された経験を活かし、日本をお任せしたいと想います。
東京都在住 田中 一郎さん(34)
友人として心から応援しています
山下君は昔から政治の道を志すべきと思っており、彼の志は必ずや日本にとって、大きな力となる事を確信しています。
10年以上友人として彼を見てきた私が保証します!
東京都在住 田中 一郎さん(34)
友人として心から応援しています
山下君は昔から政治の道を志すべきと思っており、彼の志は必ずや日本にとって、大きな力となる事を確信しています。
10年以上友人として彼を見てきた私が保証します!

プロジェクト実施団体

一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
一般社団法人日本インバウンド連合会
一般社団法人伝統文化デジタル協議会
一般財団法人ネットショップ能力認定機構
一般財団法人ネットショップ能力認定機構

お問合わせ

ご声援やお問合わせはこちらのフォームよりご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。