不妊治療・仕事・家事の両立
に悩むあなたのための

心と食の
オーダーメイド
妊活カウンセリング

結婚したらすぐに妊娠できる
そう信じていたのに…


あなたは
結婚したらすぐに自然に妊娠できる
と思っていたのではないでしょうか。




大きな病気もしたことはないし
健康には自信があったのに。。。

結婚したら授かれるような期待を
おぼろげながらに持っていたんじゃないかと
思います。

妊活を始めて数か月、一年経ち
できない日々から不安を感じ

病院で検査をしてみると

自分だけの女性不妊だけでなく
男性不妊も判明。


自然妊娠という選択肢はなく
不妊治療を開始。


医療の力を借りれば
きっと早く妊娠できるはず。


そんな中、待ち受けていたのは




高額な医療費の負担によるストレス

やめたいけれどやめられない
仕事へのストレス

忙しく時間がなくて
妊娠しやすい食事を意識して
作れない・食べられないストレス



これでは妊娠できるはずがない。
でもどうしたらいいのかわからない。

妊娠できない現実と自分の抱える状況に
大きなストレスを抱える毎日を送っている、
という方もいるのではないでしょうか。。















後悔したくない「想い」があるのに
「行動」できない自分


「年を重ねるごとに妊娠率も下がってしまうのに・・・」

「できることはやっているのに
どうしたら妊娠できるの?」


焦り
から
自問自答や情報検索を
無意識にしてしまっていませんか?


私もそうでした。


周りはどんどん妊娠、出産して
焦りは更に積もるばかり。


いつも頭の中は妊娠したい想いが
100%で埋め尽くされ


妊娠には十分な睡眠が必要だと
頭で分かっていても気になって
ネット検索に没頭してしまい
なかなか寝付けず睡眠不足…。



全部が悪循環になっていることの
自覚はあるのに

どうしていいのかわからなくて
いつも心も頭もモヤモヤが
付きまとっている毎日を
あなたも過ごしていないでしょうか。



妊娠したい=ワクワクした気持ち



結婚した時のあなたの気持ちを
思い出してみてください。

「自分の子供にいつ出会えるかな?」

とワクワクした気持ちでいたのでは
ないでしょうか。


今あなたが、その頃と違うと感じていたら
結婚当初に思い描いていた希望から心が離れ


仕事、病院の行き返りだけの毎日で
相談できる人、場所もなく
心も体も疲れてしまっている状態
なのかもしれません。



妊活はいつまで続くかなんて
誰にもわかりません。



でも

いつ授かるか分からない日々から

ストレスになっている
仕事・食事作りが

楽しく感じるようになったり



パートナーと支え合いながら
前向きに・心穏やかに
不妊治療に取り組むことが
できたら


その先に
「妊娠」という奇跡が
早く訪れるかもしれない


あなたは
そう思いませんか?





いつも前向きになって、
ということではないんです。

深く落ち込んだ時、不安・心配で仕方ない時
どうやってあなたは立ち直ってきましたか?


それは人れぞれ違うよ、
と思うかもしれません。


本や音楽、自然に触れること
色々あると思います。

でも一番大きいのは
きっと支えてくれた「誰か」が
いてくれたから

ではないでしょうか^^




不安や心配事、
どうしたらいいのか分からない時は
相談できるサービスはたくさん
あるんです。

「fine」「neen」「Sugu Care」等
のサービスを使って
妊娠経験者の方や現在不妊治療中の方、
医療関係者の方と
接して心理的サポートをしてもらうのも
おすすめです。


不妊治療というのは、
経験者にしかわからない辛さ
というものがあるからこそ、
このようなサービスが今
充実してきています。


なぜ心理的サポートが必要なのか
というと

体外受精を受けた女性の妊娠率が
心理的サポートをしたことによって
上がったという実証もされていて

ストレスが妊娠に大きく
関わっているからなのです。



不妊治療というのは

女性にとって
人生を大きく左右する出来事

だからこそ「心のサポート」を
忘れてはいけないと
私も思っています。



私のお手紙をここまで読んでくれた
あなたに私からのご提案があります。




妊娠したい!と思ったら

今あなたにできる一番身近な方法は
「食事を整えること」
「自分の心を安定させてあげること」

妊娠しやすい体を作ってくれるのは

心と体の健康
なんです。

そして
「一人一人体質も違えば状態も違う」
だからこそ
心と体の両方
自分に合った方法で整えることが
妊娠への近道となる

と私自身も経験者として
確信しています。





例えば
スポーツだって
どれだけ体作りをしても
メンタルを鍛えなければ

相手に打ち勝ち、
最高の結果を出すことは
できないですよね。




不妊治療だって同じ。
いつでも結果がつきまといます。
ホルモンの結果、卵の育ち具合の結果

結果、結果、結果・・

一歩進んでは、二歩下がることもある。





そんなことを繰り返し

日々結果に怯えながら
過ごしていたら

心が落ち着ける状態でい続けるのは
かなり困難なことです。


私が不妊治療を乗り越えられたのは
担当医の先生の
「大丈夫ですよ」の一言。
少ない言葉に含まれる大きな安心感でした。


そして、
自分で今まで得てきた
「食に対する知識と経験」が
あったからだと思っています。





何となく、本やネットの情報で調べて
迷いながらやってみるよりも

自分に合った方法で実践しなければ

無駄に時間がどんどん過ぎて
いってしまいます。








私は

妊活経験者
として
心のサポートをする


管理栄養士として
食事による体質づくり  


どちらかだけではなく
この二つをご提供する


不妊治療と仕事・家事の両立に
悩む女性のための

「お一人お一人に合わせた心と体の
オーダーメイド妊活サポート」


をご提案致します。












お客様の声




~男性・女性不妊あり 34歳のA様~

3月に初めてルミ子さんにお会いしました。
その頃の私は、12月に行った移植失敗からの
お休み期間がちょうど明けたときでした。

すでに3年近く不妊治療をしていて、
失敗するたびに何か変えなきゃ、
と思っている私に新たに訪れた出会いでした。

とはいえ、最初は何から話せばいいのか、
また本当に何か変わるのか?
と正直半信半疑な状態でスタートしました。

しかし、最初のカウンセリングから
いきなりこれまでの私を掘り下げて頂き、

心のロックを外すキッカケ
少し掴んだような気がしました。

それが顕著に表れたのが、
治療との両立に悩んでいた仕事に対する意識です。

職場の人員が足りない→残業が多い
→ストレスが溜まる→治療がうまくいかない

ずっとこんなスパイラルに入っていた仕事を
根本的に見直し、上司ともちゃんと話し合いをし、
いまはある程度納得する形で
治療と両立することができてきたかな、と思います。

またもう一つ変わったと思うのが、
人を妬む・羨むことがほとんど無くなった、
ということです。

以前は街で見かける妊婦さんや家族を見て、
なんでうちには来てくれないのかな…
と落ち込むことばかり。
でもいまは、自分が子どもを抱っこしている
イメージをひたすら持って
街中を歩いています笑

このような意識の変化と奇跡がうまく重なって、
先日久々に移植を行うことができました。
これからの診察、まだまだ安心できず
毎回落ち着かないと思いますが、
少なくともこれまでの移植時とは違う意識で臨める
と思います。

それと一点反省があって、
3ヶ月プランでお願いしてしまった為に、
結構ハードスケジュールになってしまったなぁ、
と思いました。
あまり状況が変わっていないときにも
2週間に1回ペースでお話をしたので、
ルミ子さんにもご迷惑をおかけしたと思います。

でもいまは自分でこんなに変化できたことを
嬉しく思っています。
なんとかいい結果につながってほしいなあ。

ルミ子さん、3ヶ月間本当にありがとうございました‼︎
これからも私のように悩んでいる方々の
チカラになってください!




~カウンセリング後のA様の経過~

A様は不妊治療と仕事の両立を乗り越え、
無事に妊娠され、現在安定期を過ぎています。

もちろん、ご自身でのご努力は本当に
素晴らしかったのです。

鍼治療、食事改善、
生活習慣の中で取り入れられる運動を
実践されていました。

A様は、仕事の両立が大きな問題を抱えていたので、
思考の転換で心を整えることに重点を置いて
サポートさせていただきました。

カウンセリングでもお話を重ねるうちに
表情も明るくなり、
今もとても前向きに過ごされています。


A様が無事に赤ちゃんに出会えることを
心からお祈りしています。
















妊娠への近道へと導くサポート


妊娠への近道へと導くためのサポートを
ご用意致しました。

それが
「6か月で妊娠体質へと導く心と食の
 オーダーメイド妊活サポート」
です。
※2020年8月より3ヶ月サポートから6か月サポートへ変更、料金改定しております。
改定理由:この1年でクライアント様をサポートさせていただいている中で、3ヶ月のサポートでは不十分な状態で終了となってしまい、高度医療を受けている場合は長期的なサポートが必要だと判断した為、改定させていただきました。3ヶ月サポート等をご希望の方は、ご相談下さい。




その内容をご紹介させていただきます。

☆心と食のカウンセリング:月1回(合計6回)※90分/回
(現在はコロナウィルスの影響により、オンラインで行います)


カウンセリングでは、
あなたの考え方の癖を引き出し、
穏やかに心地良く妊活できることを
まずは目指していきます。

大きく負荷のかかっている
ストレスの根本を見つけていくと
とても大きな気づきが得られ
自然に前向きな気持ちになっていきます。


不妊治療や仕事、
流産などの辛い経験によって

ストレスを感じたり
無意識にストレスを抑え込んだり
いつもモヤモヤがある状態から
抜け出せないということも
ありますよね。

でもそれは
自分で気付き、考え方を変える
という方法を知らないだけなんです。

カウンセリングでは
ご自身のお気持ちを整理するだけでなく

その気持ちから
理想の状態に向かっていける
方法を一緒に考えていきます。


自分でコントロールしていける方法が
分かれば、
いつでも安心した状態でいることが
できます。


ただし、
妊活は心が大きく揺れ動くため、
辛くなっている時は無理に
思考を変えるということは致しません。

その時の状態に合わせて
辛い時は、その感情を
ただただ自分で受け入れてあげるような
カウンセリングをさせていただきますので
ご安心下さいね^^

心のサポートと合わせて
食事の状況も伺い、
アドバイスさせていただきます。





☆お食事改善サポート

1週間のうち2~3日間分の
お食事の写真をお送りいただきます。


お写真を送っていただくことで
ご自身の食事をまずは客観的に見て
いただきたいと思います。

そこから
私の方で改善ポイントを
お伝えさせていただき

改善点をを知ることで

一生涯続く食事を
自分で見極める力が身に付きます。



妊娠するためだけでなく
妊娠、出産、子育て
この過程をより健康で過ごすことが、

女性の一生涯にとって
大きな価値があると感じています。

















特典をご用意しました

妊娠したいという想いを
もっと実現へと近づけていってほしい

という私の願いから

あなたへ特別な特典ご用意致しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メールサポート期間内無料(7500円分)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【メールorLINEサポート=交換日記】

日々感じたこと、疑問に思っていること、
不安なことはそのままにしないで

書き留めておいたり、
私にメールかLINEをお送りください。


頭の中でだけ留めておくことよりも
書くことで頭が整理されて
頭も心もスッキリ
とします。

カウンセリングでは

その時の様々な気持ちから、
根本を見直していくと
あなたの考え方の癖に
早く気づくことができ、
よりストレスを感じにくい体作りが
期待できます。






無料特典(7,500円相当)がついた
このお値段はいくらなのかというと

6か月間で
100,000円(税別)
です。



一般的な心理カウンセリングは

1回あたり
3000円~20,000円と幅広く

月1回の心のカウンセリングに加え、
食事の面からもサポートするという
サービスは見たことはありません。


心だけでなく食もサポートできる内容と
特典を考えると

月額 約16000円というのも
かなり価格はお安く感じるのではないか
と思います。


なぜこれだけ価格を下げているのかというと

不妊治療をしていた私自身
治療以外でお金を使うということが
正直できなかったからです。



でも私がご提供するサービスは

不妊治療を乗り越える為だけじゃなくて

これからのあなたの人生を豊かにするための
サービスでもあるんです。


あなた自身の心と体の健康を
保つことは、

妊娠の可能性を
引き上げてくれるだけでなく

あなたの一生の人生を豊かにするもの


それを忘れないでくださいね。




私の妊活story
(長文です)

私自身
体も心もともとそんなに強い方では
ありませんでした。
小学生時代はストレスで円形脱毛症になり
(ストレスの原因は自分でも分かりません)

17歳でバセドウ病を発症。

生理も順調ではなく、
20代前半に受けた婦人科の診察で

「多嚢胞卵巣症候群です。」
「子供ができにくいかもしれません」

そう医師に告げられた時
ショックで泣きながら帰ったことを思い出します。
そのショックの時は
とても仲の良い2人の姉のおかげで
立ち直ることができました。

結婚して
子供ができにくい体だと言われていたことから
私はすぐに婦人科へ通うことにしました。

その時は
もちろん何の知識も、周りに経験者もいなくて
ただ、先生の言う通りに進めていました。

その時は30歳という若さだったせいもあり
排卵誘発剤の使用、ホルモン注射、タイミング法で

運よく7か月ほどで授かることができました。
でも当時は、7か月という期間が
本当に長く感じ
そんな短期間で授かっていたのか、という事実を
振り返ったのは二人目不妊で通院していた時でした。

一人目の時は、通院もそれほど
多くはない方でしたが、

ホルモン注射を一日おきに数回
打ちに行ったりすることが
大きな負担となっていました。



職場には治療の事を隠して通院し
「今日は用事があるので早めに失礼します」と
軽く伝えて会社を出て病院へダッシュで
向かいました。

不妊である現実に向き合いながら
通院し続けていかなければならない
いつ終わるか分からないこの生活に

自分だけが頑張っている感覚になって
主人に当たることもたくさんありました。




一人目は無事に出産。





3歳近くになるあたりから
そろそろ二人目が欲しいな、と思い始めました。

出産後順調にきていた生理も不順になり始め
迷いもなく、不妊治療を開始。

「一人目と同じように治療すればできるよね」
そんな風に簡単に思っていた期待は裏切られ

タイミング法→人工授精に
ステップアップできただけでも
ワクワクしていたのに

人工授精の回数をこなすうちに
ますます心はボロボロになっていきました。

「人工授精を6回やっても無理なら
その後の成功率は上がることはない」
→何度やっても同じ結果だからあまり意味がない
ということを告げられ

結局最後の6回目でも
着床すらすることはありませんでした。





周りは二人目、三人目と順調に授かっているのに
何で私のところには来てくれないの?
何がいけないの?
性格が悪いから?


様々な感情からブラックな自分と
向き合うことになりました。


私にとって
人工授精から体外受精のハードルはものすごく高く



何より、費用が高額であることと
通院できるかどうかの心配が重くのしかかりました。



主人との話し合いで
1度だけならチャレンジしてみよう
ということになり最初で最後の体外受精を
受けてみることにしたのです。

もともと
卵は育ちやすい方だったのか
採卵は10個
受精したのは9個

多く取れたというぬか喜びの束の間
受精卵が順調に育ってくれたのは2個だけでした。

あんなに取れたのに
2個しか残らなかったんだ、と
ショックは大きかったものの

一つをお腹に戻し、
無事妊娠、出産することができました。

お腹に戻す日の前後は
パワースポットに行ってお参りに行ったり
とにかく毎日願い続けていました。


二人目を授かるまでは4年半という年月が
かかりましたが、

私よりも辛い不妊治療を乗り越えて
妊娠、出産に至った友達もいます。




ただ、
不妊治療は辛さを比較するものではなく
自分自身で乗り越えていかないといけない
本当に特別な過程の一つなんです。


もちろんパートナーの協力や心の支えがあってこそ。
でも必然と自分自身に向き合うことになる不妊治療を
「無駄な時間」とするか
「かけがえのない宝物」とするかは

自分次第なんじゃないかなと思っています。



今までお会いしたクライアントさんは
みんな
「後悔したくない」
とお話してくださいます。


後悔というのは人生の大きなテーマだと
私は思います。


努力してダメなら
諦めようと思うけれど
いざその時を迎えるのを想像したとき

私は、二つの想いが頭をかけめぐりました。
「もう治療に通わず楽になれる」
「我が子には出会えなかった現実」

先を見すぎると
重く辛く感じてしまうけれど


今自分の中にある幸せに
気づけるようなサポートもしていきたい
と私は思っています。






プロフィール

 「授かりたい」
 あなたの気持ちに寄り添い
 サポート致します
子宝カウンセラー、管理栄養士の笠原ルミ子です。

大学卒業後から、管理栄養士として
乳幼児からお年寄り、妊産婦食まで
全てのライフステージにおける経験を
してきました。

恥ずかしいことに私は
管理栄養士なりたい!と思って大学に行った
訳ではありませんでした。
(高校の恩師に管理栄養士の道を勧められました。)

社会に出て働くうちに徐々に
食の重要性を感じるという
管理栄養士時代を過ごしてきました。
(今思うと情けない・・・)

今は保育園と妊活サポートの二束のわらじで
日々過ごしています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【心と食で妊活サポートをしている私の想い】

体を作っているのは食べ物であり、
健康で豊かな生活を過ごすには
食から見直すことが一番大切。

人にとって当たり前のことを
大事にできなかったりする背景には
過去から今現在の環境やストレス、
自分自身の心も大きく左右していると
私は考えます。

悩んでいる時は、
食事も美味しく感じられないっていう時も
ありますよね。

食から見直すこと、心を整えること
どっちも大事だけれど、
その大切さに気づいて
どんなことを選択して行動に移すかは
人それぞれなんです。

その第一歩の行動、ただ何となくやってみる
じゃなくて「意識して」やってみる。
それが自分にとってのベストだと信じて
進んでいけるといいですよね。

このストレス社会の中で
授かりたい想いと日常生活の狭間で
必死に頑張っている女性はとても多いんです。
自分だけが大変だと声を出して言えない、
泣き言を言えない女性が多いように感じます。

あなたも同じだからこのお手紙をここまで
読んでくださっているのかもしれません。

私は、
心と食、不妊治療について
幅広い知識・視野で支えてくれる人がいたら
心強いんじゃないかなという思い、

今まさに悩んでいる方の力になりたい
という想いで今サポートさせていただいています。




「あなたなら大丈夫」そんな風に
声をかけてくれるような人が
いるのといないのとでは、
違うような気がしませんか?

辛く感じてしまう妊活だって
「応援してくれる人」
「話を聞いてくれる人」
「いつも寄り添ってくれる人」がいたら、
後悔なく頑張り続けることができると
私は思っています。




自分を信じられる力は
「人との出会い」
によって生まれる

追伸

何となく平凡に生きてきた私ですが、


恩師に管理栄養士の道を勧められ
管理栄養士として働いていなかったら

そして不妊治療を経験して
心の大切さに気付かなかったら


授かることはできなかったと思っています。


自分に自信がなくて
自分の道を今まで決められず
自己否定ばかりだった私も


自信を持って
自分の意見や想いを
人に伝えられるようになりました。

それもここ1~2年の話です。

その背景には
多くの方々との出会いがあったからです。


このオーダーメイド妊活カウンセリングで
「信頼」「心地よさ」を感じていただき

カウンセリングをすることによって
妊活が楽しみになるよう

そしてあなたが
早く赤ちゃんを授かれるよう
全力でサポート致します。
 
ご質問がありましたらどんな小さなことでも質問してくださいね。