~日栄商事のサービスへのこだわり~
土佐桧について

土佐桧とは!?

土佐桧とは、森林率日本一!森の国高知県の県産材です。

高知といえば四国にあるので、海や川のイメージが強い県だと思います。
しかし、実は県土の84%を林野が占める全国屈指の森林県なのです。
この豊富な森林が清流四万十川や仁淀川の清らかな流れを育み、豊かな自然とその恵みを生み出しています。




あの有名なお寺や劇場にも・・・!

古くから高知は桧の産地として有名と言われています。
「土佐ヒノキ」、「幡多ヒノキ」、「四万十ヒノキ」などと呼ばれており、
材の芯のあざやかな赤みと強い香りが特徴で、油脂分を多く含んでいるため、年月を経るごとに光沢が増し、耐久性も高いのが特徴です。
こういった高知県産桧の特徴が高く評価され、京都の西本願寺の修復や新国立劇場の舞台の床材にも使われているなど大活躍しているのです。
あの豊臣秀吉に「日本一」と言わせた銘木!

土佐材は、大阪城築城の時に豊臣秀吉から「日本一」というお墨付きをもらったことで、全国に知られる銘木となりました。江戸時代の初期には大阪城や伏見城などの修築をはじめ、大きな戦乱に巻き込まれた大阪のまちの復興にも多くの土佐材が使われるなど、昔から全国で広く利用されてきました。吉野川上流白髪山の桧、高知県東部の魚梁瀬杉をはじめ、土佐の山々から藩の御用木として幕府に献上されたと言われています。また日本で最初の木材市場を開き、土佐藩の財政救済に貢献してきたという歴史もあります。今も大阪に残る「土佐掘」「白髪橋」といった地名はその名残りといわれています。

そんな土佐桧を日栄商事では、
全ての建物で使用し建築しています!

土佐桧がすごいのはわかったけど、それを建物に使うメリットって・・・?
土佐桧がすごいのはわかったけど、それを建物に使うメリットって・・・?
では土佐桧を建物に使うメリットも紹介していきたいと思います!

まず桧の特徴として、硬くて丈夫なことが挙げられます。
木の反りも少ないから建築材としてとても使いやすい素材です。
能楽や歌舞伎で使われる『桧舞台』も桧が使われていることからきています。
神社仏閣の一番重要な部分にも桧が使われていますし、昔から、いわゆる『ハレの舞台』に使われる木材が桧なんですね。

また桧のアロマオイルや桧風呂の香りを嗅いだことがある方は多いと思います。
そして多くの方が「いい匂い」と思うでしょう。
あの匂いは、桧に含まれている『αピネン』という成分で、防蟻効果があると言われています。
つまり、家にとって天敵であるシロアリを寄せ付けない木材なのです。
桧と同時に建築材として杉をイメージする方も多いかもしれません。
しかし、実際は上で紹介しているように杉より桧の方がメリットが多く、
またデザインという面でも、木肌がそのままデザインになる日本の住まいには、桧の白い木肌が最適です。

また、今は木造より軽量鉄骨の一戸建てのほうが建物として強いというイメージがあるかと思います。
しかし木の特性を理解して、含水率やJAS規格に則った住まいに最適な桧材を使えば、
軽量鉄骨に勝るとも劣らない強い木造住宅になります。

日栄商事では、住まいの材料として杉や他の建材よりも桧のほうがレベルが高いと考えているので、
『総桧の家』をお客様に提案しています。

日栄商事についてはこちらから!

公式ホームページ http://www.nichiei-syoji.jp/
本社住所 茨城県常総市水海道山田町4663
TEL.0297-22-1511