緊急小口資金貸付
申請方法

新型コロナウイルスの影響で
今すぐお金が必要な方へ!

緊急小口資金貸付とは
社会福祉協議会が緊急的かつ一時的に生計維持が困難になった方に貸付けを行う仕組み。
新型コロナウイルスの影響で
今回、緊急小口の特例貸付が開始しました。
対象となる人は?
■新型コロナウイルスにより休業され、生活維持が困難な方
■新型コロナウイルスにより失業された方
※「総合支援資金」
という名称になります

貸付可能額
■新型コロナウイルスにより休業され
        生活維持が困難な方・・・20万まで

■新型ウイルスにより失業された方
            ・・・単身の場合 月15万以内
               2人以上の世帯 月20万以内
                                 
(原則3月以内)
緊急小口(20万)+総合支援金(20万✖️3ヶ月
最大80万まで可能

             

■据置期間 1年以内
■返済(償還)期間 
   貸付1年後から2年まで(休職の場合)
   貸付1年後から10年まで(失業の場合)
   ※各市町村により異なる可能性があります
■連帯保証人不要、無利子

追記:
返済する時(貸付から1年後)に、所得が減少したままの住民税非課税世帯などは償還を免除されるという規定があるため、生活困窮者には実質的な給付になる場合もあります

↑地域の社会福祉協議会により異なるかもしれません
詳しくは全国社会福祉協議会HPから
お住まいの地域の社会福祉協議会にお電話を!
貸付金受け取りまでの日数
各社会福祉協議会へ申請後、5日から10日で指定口座へ振込
申請までの手順

1.お住まいの地域の社会福祉協議会へ電話
 現在大変混み合っているようです!
   必要書類を準備の上、予約制で対応しています


電話番号が分からない場合は
全国社会福祉協議会
もしくは
厚生労働省が相談専門ダイヤルを開設しています
2.必要な書類などを準備 

・本人確認書類(健康保険証、運転免許証、パスポート、住基カード等)のコピー 表裏 
 

・住民票の写し(世帯全員が記載された、発行後3か月以内のもの) 
 

・預金通帳(申込当日までの記帳をしたもの)またはキャッシュカードのコピー 
       

・新型コロナウイルス感染症の影響で減収したと確認できる通帳もしくは証憑               例:通常稼働していた時期の売上が分かるもの
       仕事が新型コロナウイルスの影響で
       減少したと分かるメールのコピーでもOK

・印鑑証明書 

・印鑑(銀行印) 


失業者の方はお電話の際に、必要書類のご案内があります。
3.指定された各社会福祉協議会で申し込み
必要書類を提出後、貸付金の設定と返済期間などを決め申込書に記入
大体30分前後で申請は終了

その後
各市町村社会福祉協議会→都道府県社会福祉協議会が審査→貸付決定→対象者へ入金

コロナウイルスのに感染するかも・・
という不安もありますが
今1番の不安は
「普段の生活を維持できるかどうか」
なんじゃないかなって思います

給付と貸付、大きく異なりますが
給付金はいつ支給されるか分からないので
緊急的に必要な場合は申込した方が良いと思います!
また、緊急小口の休業の規程は
コロナウイルスの影響で
仕事が減少したという事実が分かれば
対象になる幅もかなり広い印象です

特例貸付は7月(予定)まで実施している
ようなので
給付金の内容次第で検討しても
良いかもしれませんね!

不安が一つでも解消されると
今やるべきことや
これから何をすれば良いのか
落ち着いて考える
心の余裕も生まれてくると思います

ピンチをチャンスに変えて
学びや成長の時にしたいですよね
不安を抱えて怯えながら過ごすか
有意義な時にするか
決めるのはあなたです
一緒に乗り越えていきましょう!