大学生で彼女ができない人は「受け身」過ぎるから

大学生になっても彼女ができない原因は積極性のなさにあります。
高校生までのころと比べて大学生はチャンスも多いですが、それは自ら掴んでいかなければなりません。

高校生の時にはクラスや部活という濃密な人間関係が生まれやすい環境があるので、その中で時間をかけて自分をアピールすることができます。
しかし大学生になるとゼミや語学などのグループが一部ではあるにしても毎日一緒にいるわけではありません。
そのため積極的に女の子に接触していかなければ彼女を作ることはできませんが大学生になっても彼女ができない人はそれができていません。

大学生になると講義やサークル活動などで女性の知り合いが増える機会はいくらでもありますし、アルバイト等の出会いもあるでしょう。
それだけの出会いがあればいずれ彼女は作れると思いがちですが、出会いが多いのは女の子側も同じです。
大学生でも彼女ができない人は女の子の方から寄ってくるのを待っていますが、それでは先に他の男性に目当ての女の子は取られてしまうことになります。
特に女の子は年上の男性を好む人が多いですので、大学生くらいになると社会人と付き合うという人も増えてきます。
精神的にも大人で経済力もある社会人に勝つのは容易ではありませんので、比べられる前に積極的に女の子と距離を縮めていかないと彼女はできません。

大学生だけど彼女ができない原因は自己管理の部分にもあります。
大学生はだらだら過ごそうと思えばいくらでもだらだらと無駄な時間を過ごすことができます。
高校生の時までのように学校に管理されることは少ないのでほとんどが自由な時間です。

大学生なのに彼女ができない人はこの自由な時間を有意義に使えておらず、漫然と過ごしてしまっています。
時間をただ浪費している人と、勉強やサークルなどで毎日有意義に過ごしている人のどちらが女の子にとっては魅力的に見えるかなど比べるまでもありません。
大学生にもなって彼女ができない人は自由を持て余してしまいどんどん自分の魅力を潰していってしまっているので女の子に見限られているです。

大学生で彼女ができない原因は?彼女がいないのが普通になる前に!

大学生で彼女ができない人に限ってサークルやボランティアに精を出している他の男性に対して「自分はそういうタイプではない」などと言い訳をします。
合コンなどで積極的に女の子に出会って彼女を作ろうとしている人のことも馬鹿にしていることも多いです。
彼女ができるために必要なことは自分のポリシーよりも女の子の目に魅力的に映るような行動であるのにそれがわかっていません。

要するに大学生になのに彼女ができない人は、今までは他人任せにしていて言い訳をしている子供っぽさに原因があります。
もっと自ら積極的になっていかないと大学生だけど彼女ができないまま、あっという間に大学生活を終えることになります。大学生 彼女 できない