なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

「アソビコイン」はNFT事業へ!その他NFT事業に参入している会社とは?

これまでにはないNFTプラットフォームを実現したのがアソビコインです。本記事ではアソビコインがどういったものか解説しながら、アソビコインのNFT技術ノウハウを応用して進化を遂げたサービスについて説明していきます。デジタルコンテンツ業界の新たな取り組みを知りたい方は、ぜひ最後までご一読ください。

NFTの先駆け「アソビコイン」とは?

アソビコイン=仮想通貨ではなく、国内有数のオンラインゲーム企業が手掛けるNFTを取り扱うためのポイントです。国内で最初といっていいNFTプラットフォームで、アソビコインというポイントで様々なメリットを受けられるようになっています。どのようなメリットが得られているのか解説していきましょう。

アソビコインは使い終わったデジタルコンテンツの二次流通(リセール)で発行される

アソビコインは、他のポイントと同じように購入で得られるものではありますが、アソビコイン(ポイント)は、ユーザーが使い終わったデジタルコンテンツを「DiSEL(ディセル)」で二次流通(=リセール)を行うことで得られます。DiSEL(ディセル)は、古書店、フリマサイトやリサイクルショップのような二次流通(リセール)を行うためのサイトです。

以前は、アソビマーケットという名称でしたが、DiSEL(ディセル)に名前が変わったようです。アソビコインを使用したDiSEL(ディセル)が誕生するまではデジタルコンテンツのリセールといったものは存在していませんでした。そのため、アソビコインというポイントを使用するNFTサービスは、国内唯一のデジタルコンテンツプラットフォームと呼ばれています。

アソビコインの安全性は?

アソビコインというポイントで使用できるNFTサービスにはブロックチェーン技術が活用されています。通常デジタルコンテンツは、不正コピーや複製が可能で、権利者に無断で販売することもできてしまいます。よく見る例としては海賊版が挙げられるでしょう。

海賊版はゲーム・漫画などの制作者から販売許可を得ることなくコピーして売りさばかれています。この行為は違法であり、違法と知りながらアップロードする人もまた刑事罰の対象となる可能性があるのです。そんな海賊版が世に出回らないように、取引一つひとつをしっかりと記録でき改ざんも不可能なブロックチェーン技術を活用し、アソビコインというポイントを使用したNFTサービスとしてDiSEL(ディセル)が誕生したのです。

「DiSEL(ディセル」とは?~デジタルコンテンツの売買が可能~

アソビコインは「DiSEL(ディセル」で販売されているあらゆるデジタルコンテンツの購入で使用するポイントになっています。「DiSEL(ディセル」では、デジタルコンテンツを手に入れる以外に、DiSEL(ディセル)内でデジタルコンテンツのリセールができるようになっているのです。

DiSEL(ディセル)でアソビコインと交換できるものは、DiSELプラットフォーム内の「DiSEL BOOKS」で、漫画、小説、雑誌、写真集などの様々な電子書籍と、「DiSEL ゲームス」では、ゲームのアイテムや課金石等です。

電子書籍に関しては初めて作品をDiSEL BOOKSに投稿する新人のクリエイター作品も販売されています。出版社から発売されている、読み終わった電子書籍だけではなく、DiSEL BOOKSに自身が描いた作品も出品し新たなアソビコインを手に入れられるようになっているのです。無料で読めるものや販売されている電子書籍が試し読みできるシステムにもなっているのでDiSEL BOOKSを眺めているだけでも楽しめるでしょう。

DiSELゲームスでは、「アヴァベルルピナス」、「トーラムオンライン」といった作品で使えるゲームアイテムや課金石等が用意されています。作品によってはゲームアイテムの数が49,000個ほどあり、やり込み要素満載のゲームがさらに楽しめる作品へと進化させています。

アソビコインのNFTノウハウを活用したサービス~(デジタルコンテンツのリセール)~

アソビコイン(ポイント)で利用できるサービスは、ブロックチェーンを活用したNFTサービスです。電子書籍のリセールができる「DiSEL BOOKS」 やゲームアイテムのリセールができる「DiSEL ゲームス」からなるプラットフォーム、「DiSEL(ディセル)」では、それぞれで得たアソビコイン(ポイント)は共通利用できます。またアソビコインは、DISEL(ディセル)でNFTの売買ツールとして活用されているのです。

続いてはNFTとは一体どういったものなのか、さらに説明していきましょう。

注目を集めるNFTとは?

NFTが何かというと、デジタルコンテンツを偽造不可にするために鑑定書や所有証明書付きで提供していることを指します。NFTは非代替性トークンとも呼ばれており、現金と交換することができません。NFTは書籍やゲーム、音楽、映像などデジタルデータをブロックチェーン上で扱っています。どちらもブロックチェーン上で取り扱いしていることから、非常に安全性の高いものとして扱うことができます。

NFTで希少性を持たせる

アソビコインのNFTサービスを手掛けることで培った技術を活かして、デジタルコンテンツ一つひとつを偽造されたり、悪意ある使われ方にされたりしないようにといった事業を手掛け始めています。

その代表例として挙げられるのが先ほども少し触れた「DiSEL BOOKS 」です。DiSEL BOOKS で配信されている作品は、出版社から許諾を受けた作品や一般のクリエイターが作った作品になります。それらに希少性を持たせるためにNFTによる鑑定書や所有証明書が付属する仕組みで、新人クリエイターも安心して作品を世に披露することが可能です。

DiSEL BOOKSでの配信方法はいたって簡単です。自動電子書籍作成ツールDiSEL CREATORにアップロードするだけとなっています。DiSEL CREATORへアップロードすると描いた漫画や小説、イラスト集などがJPG、PDF、Txtファイルといった様々な電子書籍ファイルフォーマットに自動変換されていきます。パソコンだけではなくスマホやタブレットでもできるため、人や場所を選ばずにアップロードすることが可能です。

DiSEL CREATORはアカウント登録することによって利用できるようになります。利用するユーザーには管理ページが設けられ、そこではしおり、目次、フォントサイズ調整、画質調整などクリエイターには嬉しい多彩な機能が搭載されています。また、直感的でシンプルなUIも人気を呼ぶ要素の一つになっており、使いやすさ抜群の自動電子書籍作成ツールとして評価を得ているのです。

そんなDiSEL BOOKS でユーザーが配信できる書籍には自身で値段を決めて販売できます。配信にかかる費用は一切なく、なおかつ還元率は100%となっています。例として500円で販売している書籍を100人に購入してもらったら、売上金である50,000円全てが自分の手元に帰ってきます。さらに、DiSEL BOOKSでは購入者による再販することでその金額の20%がクリエイターに還元されるのも特徴です。一回話題になってしまえば、永久的に収入が入るのも夢ではありません。

もちろんブロックチェーンを使用した権利保護システムでコンテンツの情報改ざんはきちんと防いでくれますし、著作権やライセンスも安全に保護してくれます。DRMシステムの搭載で違法コピーと盗難と問題にも困りません。

NFT事業に参入している会社

最後にNFT事業に参入している会社をご紹介していきます。既にNFT事業へ参入している会社もあれば、参入を予定している会社もあるため、あまりNFT事業に関する話題を耳にしないのはそのためです。

国内企業としては、下記になります。

  • スクウェア・エニックス
  • エイベックス
  • GMOインターネット
  • マネックスグループ
  • メルカリ
  • スタートバーン
  • アエリア
  • アステリア
  • マイネット
  • Shinwa Wise Holdings

既にNFT事業に参入しているShinwa Wise Holdingsは自社で取り扱うアート作品を元にしたNFTの生成・販売事業を開始しています。スクウェア・エニックスではブロックチェーン技術を活用したNFTデジタルシールを人気ゲームシリーズで発行するという発表が出ており、2021年の夏に発売予定です。

まとめ~アソビコイン他、各企業が扱うNFT事業の取り組みに注目!~

今回はNFTの先駆けアソビコインと、そのノウハウが実際にNFTサービスとして活かされているということをご紹介してきました。アソビコインの技術を大いに詰め込んだNFTサービスは、より優れたサービスとなって進化しています。NFTに参入している企業は増えてきており、既にサービスを開始しているShinwa Wise Holdingsなど、たくさんの有名企業も参入を決めています。ぜひ各企業が扱うNFT事業の取り組みにも注目していきましょう。