淡麗女子リトリート

「溜まった疲れと思考をリセットしたい」
淡々と麗しくあるために、心も身体も健康でありたい。
日常から離れ、本来あるべき姿を自然から教わり、自分の心と体をリセットする合宿です。

脳と内臓の疲れをとりカラダをリセット

野の花を生ける

野山で育った草花は自然の姿そのもの。
心惹かれる草花をお寺のお山から採り、草花の自然な姿に習い、お寺の空間に溶け込む姿に生けるレッスン。
基礎など気にせず思いのままに生けてください。
じっくりお花と対話しながら、生ける時間は余計なことは何も考えることなく集中した時間を過ごせます。
色んな器を使って同じ花の違った表情を見つけ出すことで、頭も柔らかくなっていきます。

座禅で頭を空っぽに

今回のリトリートでは2度の座禅により、無になるトレーニングをします。閑静なお寺でじっくり自分の煩悩を振り払ってみましょう。
和尚さんの法話でも、気づきがもらえるかもしれません。

プチ断食と粗食で内臓を休ませる

宗鏡寺は別名沢庵寺とも呼ばれ、沢庵和尚が大根を麹漬けにし「たくあん」を作った場所。

徳川家光が沢庵和尚に「和尚、余は近頃何を食べても味がなくて困る。何か口に合うものがあれば食べさせてくれ」と求められ朝から半日待たせて差し出したのが、たくあんとご飯に湯を指したものでした。

沢庵和尚は「毎日結構なものを食べ、口が贅沢になったから味がなくなってしまっている。今日のように空腹を待ちお食事されると良いでしょう」とアドバイスすると上様は「美味じゃ」と答えられたそう。

その体験をしてみようと1日目の夜から2日目の午前中まで断食し、お昼ご飯に薪割りをしてかまどで炊いたご飯をいただきます。

※断食の間は酵素ジュースと漢方茶をご用意しています。

その他のプログラム

名前の意味を知るワーク

自分の名前の由来ではなく、名前の意味をいろんな視点で深掘りしていくワーク。
1日目の夜にみんなで考え自分の生きている意味や使命を発見していきます。

出石散策
今回宿泊する宗鏡寺のある兵庫県豊岡市出石町は小京都とも言われ、小さいながら昔ながらの佇まいを残しています。
1日目のお昼には出石そば(実費)を食べ、空いた時間にはお散歩がてらに出石の町をご案内します。
丹波立杭焼めぐり
お花を生けたらマイ花器が欲しくなるはず...
出石からの帰りに、丹波により立杭焼の窯元めぐりをします。
3日目のランチ(実費)は丹波の予定です。
丹波立杭焼めぐり
お花を生けたらマイ花器が欲しくなるはず...
出石からの帰りに、丹波により立杭焼の窯元めぐりをします。
3日目のランチ(実費)は丹波の予定です。

詳細

日程
神戸出発
2019.6.18 (tue) 11:00

神戸着予定
2019.6.20(木)17:00
参加費
25,000yen
(+交通費3000yen)
現地集合可
※交通費は悠月庵からの往復料金です
持ち物
・楽な服装
・長袖、長ズボン、スニーカー(花収穫時に着ます)
・バスタオル
・歯ブラシ
宿泊場所
「宗鏡寺(すきょうじ)」
別名沢庵寺

兵庫県豊岡市出石町東條33

宿泊場所
「宗鏡寺(すきょうじ)」
別名沢庵寺

兵庫県豊岡市出石町東條33

ご予約や空き状況についてお気軽にお問い合わせください meglly@me.com
集合場所
神戸市東灘区御影石町2-13-20御影サンハイム1F
集合場所
神戸市東灘区御影石町2-13-20御影サンハイム1F

淡麗女子研究室