スタッフからのメッセージ

 寝屋川市民たすけあいの会は、社会福祉法人大阪ボランティア協会を母体に1978年に生まれました。特定の宗教や政治的な信条を越え、一人の人間として、また一人の市民として活動を展開しようと願うものです。民間団体として独立した立場を守りつつ、行政機関とも協働して事業を進めています。また地域の社会福祉協議会などの民間団体とも協力しあって、地域福祉の推進につとめます。
 現在、常勤、非常勤のスタッフを募集しています。

応募はこちらから

私たちの挑戦

 寝屋川市民たすけあいの会の事業の柱のひとつに、たいへん障害の重いといわれる方の支援があります。利用者は重度の障がいがあり、言葉によるコミュニケーションはできないといわれます。生活のほぼ全ての場面でサポートを必要とします。でも、一緒に過ごす時間をたくさん共有する中でお互いの気持ちが通じ合う場面に出会えます。そして好きなこと、行きたい場所、やってみたいことをどんどん経験する中で、お互いに新たな自分と出会うことができます。
これって、とても素敵なことですよね!

応募はこちらから

 たすけあいの会には様々な職歴、職種のスタッフがいます。そしてコミュニケーションをとても大切にしています。定期的な会議だけではなく、普段の何気ない会話の中で色々な話を共有しますし、その中から新たなアイデアや意欲が生まれてきます。「スタッフだから、こうあるべき」ではなく、それぞれの個性や考え方を尊重しあうことを大事にしている職場です。
(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、理学療法士。。。)

応募はこちらから

「利用者」「支援者」を超えて。人と人として
私たちが創り

 気づいた人が主役です。枠組にとらわれない開拓的な活動を目指しています。

私たちが考え・・・

その場かぎりの活動に終わらせず、常に問題の背景や改善の方向をさぐります。いろいろな領域の専門家も参加しています。

私たちが動いています。

 自分たちの手と足と頭を使って、

助けを求めている人の

「今」を支えます。

応募はこちらから

 

"共に"その先へ

当会は約40年前に、ボランティア団体として設立されました。人と人とのつながりを大切にしながら、市民の生活を助ける活動を続けています。その中で、障がいのある方がこの地域で暮らしてくためにどのような支援が必要なのかを考えながら日々実践しています。利用者とスタッフが互いにたすけあい、成長していける場所であることを大事にしています。

大切にしている価値観
オープンである

障害のある人もない人も関係なく 交流することが難しい人たちのためにだれもが参加できる交流の場、プログラムをつくっていきます。

エンパワメントを支援する

地域社会の中で孤立する人を作らないために、特に孤立しがちなマイノリティの人に対して、エンパワメント支援を行っていきます。

だれもが対等に

だれもが住みやすいまちづくりを目指していくために、いろいろな側面からの相互理解、啓発活動を行っていきます。

 

開拓的である

行政、制度にとらわれない、市民自らが考え、検討し、動き、考えながら開拓的な活動を行っていきます。

 

開拓的である

行政、制度にとらわれない、市民自らが考え、検討し、動き、考えながら開拓的な活動を行っていきます。

 

スタッフにインタビュー!♪
Q.ここに入社しようと思った動機は?
A.見学の際、スタッフと利用者が一緒になってイキイキとした表情で活動されてたのが印象的でした。
Q.働いていて楽しい所は?
A.利用者それぞれの方と好きなこと、楽しい時間を共有できることです。
Q.やりがいに感じる部分は?
A.大変な事もありますが、先輩からの助言をもらいながら成長できることです。
Q.仕事をしている上で、大切にしている事は?
A.利用者にとってのより良い過ごし方を常に考える事です。

入社4年目のO.Sさん
(精神保健福祉士)

【ゆとりとリラックスとロマンチック!】をコンセプトに「ゆと・りろ」というプログラムを2005年に立ち上げました。プログラム企画の背景は、精神障害を持たれた方の日中活動の場と社会的孤立を防ぐことです。ですが、私の最大の思いは、仕事を通して出会ったさまざまな生きづらさを抱えた方たちと共に、日常を笑顔で過ごすことです。「楽しい!」や「幸せだな~」と思えることを少しでも盛り上げていく、そんな生活を支えることと、地域作りをこの仕事を通して取り組んでいます。

現在、「ゆと・りろ」では昼食サロンを中心に「ランチ王」等、いくつかのプログラムを開催しております。毎回、参加メンバーやスタッフの笑い声が耐えない出会いと交流の場です。一緒にこの素敵な空間を創っていきませんか?私の「楽しい」が、みんなをもりあげる、そんな仕事を一緒にできたらいいなと思っています。

地域活動支援センター精神障害者ユニット「ゆと・りろ」リーダー。Y.Hさん
精神保健福祉士・社会福祉士

 私が関わる方々は、身体・知的・発達・精神などの障害を併せ持っていたり、置かれている環境も多様です。その方々と、ともに長く健康に地域で暮らしていけるよう、スタッフと取り組んでいます。
一緒に働くスタッフは、『どうしたら楽しくできるか』を考えるのが得意です。
人は楽しくないと動かないし、単純な運動は続かないもの。『長い目で見て必要と考える運動を、いかに楽しく日々の過ごしや活動に取り入れていけるか』。これを考えるのは難しいですが、私にとって楽しい時間でもあります。
他にも車椅子などの環境を考えたり、それに伴う身体の変化をみたりもしますが、何よりも、自分も相手もひとりの人として関わることが基本の場です。
これらの日々の過ごしは、私にとって大きな学びとなっています。
入社(転職)2年目I.Mさん
(理学療法士)
寝屋川市民たすけあいの会は、年齢や障害の種別、あるなしにかかわらず地域で暮らしづらさをかかえている方のいまを支えることに取り組んできた会です。
いまは、日中活動、暮らしの支援、相談支援などを行っていますが、その根底に流れる思想はいまも変わりません。
重い障害のある方とのかかわりの中で、社会参加の場がなく孤立されている方とのかかわりの中で、共に考え、共に楽しみを見いだしていく。そんなとりくみをいろいろな職種、年齢の方と一緒に「はたらいて」みませんか?
事務局長の冨田昌吾です
寝屋川市民たすけあいの会は、年齢や障害の種別、あるなしにかかわらず地域で暮らしづらさをかかえている方のいまを支えることに取り組んできた会です。
いまは、日中活動、暮らしの支援、相談支援などを行っていますが、その根底に流れる思想はいまも変わりません。
重い障害のある方とのかかわりの中で、社会参加の場がなく孤立されている方とのかかわりの中で、共に考え、共に楽しみを見いだしていく。そんなとりくみをいろいろな職種、年齢の方と一緒に「はたらいて」みませんか?
事務局長の冨田昌吾です
私たちとかかわってください(^^)
介助者を募集しています
私には重い知的障害があり、身の回りのことをお手伝いいただかないといけません。
。母と2人で暮らしていましたが、母が亡くなり、ずっと暮らしてきた寝屋川で生活を続けたいといまのマンションで暮らし始めました。重度訪問介護で家での介助を、行動援護で外出をしています。私は外出が大好きです。私の介助をお願いします!無資格者も歓迎です。もちろん有資格の方はいうまでもありません。
介護の内容は、ゆっくりとたすけあいの会のスタッフが丁寧に教えますから、安心してください。
私の生活の様子を紹介した動画をみることができます。ぜひ、みていただいて、お手伝いください。よろしくお願いします。

私たちは、生まれ育った寝屋川で一緒に活動しているみんなと一緒に楽しく暮らしていきたいと思っています。お手伝いお願いします。
活動の紹介動画です。

スタッフ募集内容

【非常勤スタッフ】
①介護スタッフ ②夜勤介護スタッフ
仕事内容

 地域で暮らしている障がいがある方の生活支援(食事や入浴介助等)です。給与時給 1,000円以上 

①時給 1000円 ②1勤務 13000円+手当有(4500円) ※手当対象者は業務を一任できる方

勤務地大阪府寝屋川市長栄寺町5-1  


勤務時間①10:00~17:00、16:00~22:00 

②16:00~翌10:00(休憩含)休日シフト制につき応相談
☆勤務は週1日~、月1日~でもOKです!
待遇社会保険完備、交通費規定支給、正社員登用有、自転車・バイク通勤OK、
資格取得支援制度有応募資格不問!未経験・経験者共に歓迎求

【常勤職員】については以下をクリック

法人概要
会社名 特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会
理事長・代表 森川加代
設立年月 団体設立は1978年5月 法人設立は2001年7月
2015年度 決算 約11000万円
常勤スタッフ 2016年4月現在 19人
設立年月 団体設立は1978年5月 法人設立は2001年7月
会社住所
大阪府寝屋川市長栄寺町5番1号