Newmoon Books
新月舎の本

新月舎  Shingetsu-sha

『夢をつむいで Spinning  Dreams』好評発売中!

『嗚呼!切腹美少年!不本意草子』絶賛発売中!

『路地の奥の小さな宇宙ー天野忠の世界』売切れ間近!

ーひとつのコラージュから生まれた物語ー
『つぎはぎ男(フランケン)の花束』10月発行予定!


2016年10月12日発行
─ひとつのコラージュから生まれた物語─
『つぎはぎ男(フランケン)の花束』

まるで落語の三題噺(さんだいばなし)のように
  因果関係のない断片を組み合わせた
  つぎはぎの迷宮=コラージュから生まれた
  小さな物語のアンソロジー

  イラスト:ウィリス伸子  
     
      文庫サイズ208頁 定価1000円(税別)
とおぼえ+新月舎
『嗚呼!切腹美少年!不本意草子』
本書は長年「とおぼえ」のヴォーカルとしてステージ上で吼え続けて来た徳田忠大氏の、
鋭い人間観察と繊細かつ斬新な言語感覚を総動員した初エッセイ集です。
徳田氏がこれまでの人生で期せずして引き寄せてしまった?奇妙キテレツな人たちの話や、
十代の頃のおもろくもほろ苦い思い出、驚嘆に値する寝言や夢の話などなど……。
実体験をもとに軽妙な大阪弁を交えて描かれており、読み出すと止まらない……?
危険ですので、電車やバスのなかでは読まないで下さい。

◆とおぼえプロフィール
 京都を中心に活動する屈折/純文学/変拍子/ポストハードコアバンド。
 平成7年(`95年)結成。内田百閒の短編「とおぼえ」からバンド名を命名。

とおぼえマニアの店「百閒堂」
&「とおぼえ自縄自縛日記」

とおぼえの音源とエッセイ集はこちらから。
http://hyakkendo.thebase.in/

とおぼえ自縄自縛日記
ameblo.jp/toboemania/
Nobuko Willis+新月舎
ウィリス伸子
『夢をつむいで Spinning  Dreams』
A4判変形 56p   カラー印刷

絵画31点収録
著   者   ウィリス伸子
英   訳   Mark Willis
発行・ 制作   新月舎
価格1800円(消費税別)

◆ウィリス伸子
 岐阜県土岐市生れ。
 26歳から京都に移り住み、42歳で初個展。
 近年は京都東山法然院講堂にて個展を開催。

荒賀憲雄+新月舎

『路地の奥の小さな宇宙ー天野忠の世界ー』

家の戸はすべりが悪い

  集金人はいつも 外から声をかける   (『重たい手』所収「不在スケッチ」)

  この「家の戸」というのは、北園町九十三番地、下鴨本通りから北泉通りを東へ十数米行った南側の、通りに面した門の戸だろうか。それとも、実際にすべりの 悪いその戸を開けて十米ほどの路地の奥、突き当たりは勝手口でその右手の、玄関の戸のことだろうか。集金人が声をかけるのだから玄関と思われるが、この戸 はけっしてすべりが悪くはない。踏み込みの土間には今では畳まれた車椅子が置かれ、左手の靴箱の上にはたしか小さなマリア像の絵が飾られていたのを覚えて いる。二畳の玄関には送られて来た同人誌が両側にうず高い。(略)
  筆者はかつてこの路地のことを、一曲の夢幻能の舞台へ通う「橋がかり」と書いたことがある。まことにこの家と家との間の狭い割れ目をたどって、その奥に広 がる壷中の天地ともいえる非日常の世界に参入し、また、送られて余韻を残しながら日常の世界へと立ち帰る──それはたしかに虚構の世界への橋がかりにほか ならない。
  客間は、季節にはみごとなボケの花の見られる庭に面した日当たりのいい座敷なのだが、改まった時以外は玄関からすぐ廊下を隔てた書斎に通されることが多かった。小机と書棚の空間を除けば、主客膝を接するばかりの三畳のその書斎こそ、まさに入れ子細工のように二重に仕組まれた「小宇宙」であった。
                                         (本文より)
A5判 119p 価格1300円(送料込)著作目録・年譜あり

◆天野忠(1909〜93年)
京都府京都市出身の詩人。
中京区新町御池に生まれる。実家は金箔置、ぼかし友禅の職人で、京都一商卒業後は大丸京都店に勤め、
戦争末期には神戸の軍需会社へ転職。戦後は出版社勤務、古書店経営を経て、1971年までの20年間は奈良
女子大学の図書館に勤務した。 初めての詩集は1932年の『石と豹の傍にて』。1974年で『天野忠詩集』
第2回無限賞、1981年『私有地』で読売文学賞、1986年『続天野忠詩集』で毎日出版文化賞受。

◆著者・荒賀憲雄(あらが・のりお)
1932年京都市に生まれる。 詩誌「流域」同人を経て、詩誌「鳥」を創刊、 編集発行にたずさわる。
現在詩誌「ラビーン」編集同人。 日本現代詩人会会員。京都現代詩協議会理事長。

新 月 舎
(Shingetsu-sha)

平日は京大生協北部食堂でパートをしながら、こだわりの少部数書籍を制作。
『嗚呼! 切腹美少年! 不本意草子』(徳田忠大)
Art &  Poems『夢をつむいで Spinning Dreams』(ウィリス伸子)
『日本統治下南洋群島に暮らした沖縄移民  いまひとびとの経験と声に学ぶ』〈非売品〉
『複数の旋律を聞く  沖縄・南洋群島に生きたひとびとの声と生』(森亜紀子)〈非売品〉
『防人歌 万葉集巻20 -1260年の時空を超えて-』(植木久一)〈非売品〉
『路地の奥の小さな宇宙─天野忠の世界』(荒賀憲雄)残り数冊のみ
『季刊詩誌 RAVINE』(199号までバックナンバー有 但し在庫のない号もあります)
創作落語『おコンちゃん』(屯風亭とんぺい)〈絶版〉
非売品、絶版以外の書籍をご希望の場合は、
ハガキまたはファックスで必要事項(書籍名、部数、お名前、送付先、お電話番号)をご記入のうえ、新月舎までお送り下さい。
書籍とともに郵便振替用紙をお送りします。商品到着後、7日以内にお支払いをお願いします。
※ 大変申し訳ありませんが手数料はお客様のご負担となります。


新 月 舎

606-8306 京都市左京区吉田中阿達町34 FAX 075-771-5772