「N」ニュートラル子育て【ありのママ】
◆子どもの安心安全な居場所を作る◆という理念の基、2016年に活動を開始し、
「愛情が伝わる子育て」オリジナルセミナーを開催。
延べ1000名以上の方に受講していただきました。

現在は、保育士育成に携わっています。


この5年は、子どもの心理についてたくさんのことを学んできました。
たーーーーーくさん学んできて、分かった事。


子どもの成長に必要な栄養は、【承認】と言うこと。

これは、保育の現場でも家庭でも共通です。


しかし、子育てに対しては、親になると「自分が育てられたように育てる」子育て連鎖が
ママの心の中で邪魔をします。

◆子どもを承認したいのに、もっともっと!と頑張りを求めてしまう
◆子どもがダラダラしているとイライラする
◆子育てを学んで、プラスの言葉かけをしたいのに、「できない自分」にイライラする
◆子どものできた!は、喜べて、子どものできない・・・には、心がザワザワする

これ、すべて、子どもの時にインストールされた「頑張ることがいいこと」の代償なんです。

ママとして、プラスの言葉がけができたら、それは素晴らしいこと。
でも、マイナスの言葉がけをしたら、±ゼロなんです。

頑張ってるのに、±ゼロ「エネルギーの無駄遣いなんて、したくない!!」
と、考えた私は、
「何もしなかったらどうなるのか??」 を4年くらい実験しました。
子どもは、反抗期突入の小6、小4になりました。

私が何もしなくても、
子どもたちは、自分の好きなことを探し、見つけ、行動しています。
やりたいことをやりたいように・・・


そして、私も、ますます言葉がけは、減り・・・(笑)
自分のことに没頭する時間が増えました。



ただ、何もしないというのは、「放っておく」とは、違います。

ん~~~難しい・・・と、感じた方もいるのでは??

イメージとしては、甘えられたら、動く準備はできている。でも、自分からは動かない。

言葉でいうと、【「N」ニュートラル子育て】
エンジンは、かけている。でも、自らは動かない。

ニュートラルって、響きは、めちゃいいですが、「ぐうたら子育て・・・(笑)」とでも
言いましょうか?

頑張って、いろいろプラスしているママが多いからこそ、
余計なものをそぎ落として、シンプルな子育てでも、まあまあ順調なママもいるんだよ(^^♪
って、ことも知ってもらおうと思いまして、

「N」ニュートラル子育て【ありのママ】を作ることにしたのです。

我が家の様子もお伝えします。

「N」ニュートラル子育て ありのママ
子育てをたくさん学んで行きついた答えは、ママが「ニュートラル」でいる事
月1の学び ①第1火曜日 10時~12時 ZOOMにて
②第2土曜日 21時~23時 ZOOMにて
③録画受講
※当日参加・録画受講 どちらでも🙆
質問 メールで質問を送ってもらい、音声や動画で回答をメールで配信
月会費 1,700円(クレジット決済) ※現在33名満席です
退会方法 退会月の前月にメールにて連絡をください
コミュニケーション メールでのやり取りで、FBグループなどは組みません
コミュニケーション メールでのやり取りで、FBグループなどは組みません

「N」ニュートラル子育て ありのママ

子育てを学んで行きついた答えは、ママが「ニュートラル」でいること
月会費 1,700円(カード決済)


経歴:上田 久美子

2015年
元幼稚園教諭、元保育士

度重なる転勤のため、自分のイライラを子どもにぶつけるようになる。
子どもも私も荒れ、子育てが辛くなった為、子育てを学んだ。
実践すると子どもとの関係がよくなったので、
実践したものをまとめて「愛情が伝わる子育て」セミナーにし、講師活動を開始

現在までに、延べ1000名以上の方が受講
2016年~
講演活動
座談会
保育士育成
レンタル保育士業務


など、さまざまな活動をしている
2019年1月
オリジナルセミナー
「愛情が伝わる子育て」認定講師育成講座

「いまここメソッド探求講座」を開講

修了生は、20名

自分の講座に混ぜて使ったり、子育てや保育に使ったり、使い方は、無限大!!です。
2020年7月
自分の子育て、保育など、子どもの心に関する
勉強を重ねに重ね、

行きついた「ママの心構え」

常にニュートラルでいること

以前から、家でどんな風に過ごしているのか
見てみたい!!

といろんな方から言われ、
それをコニュニティーの中で共有しようと思い
「ありのママ」を作りました。
2020年7月
自分の子育て、保育など、子どもの心に関する
勉強を重ねに重ね、

行きついた「ママの心構え」

常にニュートラルでいること

以前から、家でどんな風に過ごしているのか
見てみたい!!

といろんな方から言われ、
それをコニュニティーの中で共有しようと思い
「ありのママ」を作りました。