投資や仮想通貨を始めるならここがオススメ!口座開設を優しくご紹介

「これから仮想通貨を始めてみようかな!」

「株を売買してみたいけど、証券会社っていっぱいあってよく分からない…」

そんな方へ、ここでは
株式投資や仮想通貨を行うにあたってオススメの証券会社や取引所について
まとめてみたので、これから始める人はぜひ参考にしてみてくださいね。


また株式投資を始めるにあたって必要な口座開設の方法や口座開設に必要な手続書類など画像付きでわかりやすくご説明したいと思います!

証券口座を開設するなら、ネット証券がオススメ!


株の取引を始めるなら、まずは証券会社の口座を作りましょう。

そして証券口座を開設するのにオススメなのが、「ネット証券」

でも「証券口座の開設ってなんか難しそうだし、手間がかかりそうで面倒なんじゃない?」なんて

思っている人も多いはず。

確かに以前までは書類を取り寄せて記入し、書類を同封して郵送する…なんて流れがありました。


でもネット証券ならオンライン上で必要情報を入力するだけで簡単に口座が作れるだけでなく、

株を売買するときの手数料も安いのでとてもお得なんです!

しかもオンラインでの申し込みなら、最短1日で審査が通るので早く株取引を始めたい人にもオススメ!


PCやスマホで口座開設ができるなら、忙しい人でも自分の好きなタイミングで手軽にできますよね。

証券口座開設の流れをわかりやすく解説!

さて、次はいよいよ証券口座の開設をしてみましょう。

口座開設の流れってちょっと分かりづらかったり、必要書類を提出しなければいけなかったりすると

身構えてしまいますが、決して難しいことはないので安心してくださいね。

ここでは初めての人でもできるだけ分かりやすく、解説していきたいと思います!

1、証券会社のホームページを開く。


ネット証券の場合、証券会社のホームページ上で開設することができるので

まずホームページを開きましょう。


今回は楽天証券の口座開設を一緒に進めていきたいと思うので

ホームページ内の右上にある「口座開設」をクリック。

2、案内に沿って進めましょう。


楽天証券の場合、「楽天会員」「楽天会員ではない方」を選択する必要があるので

楽天会員のアカウントを持っている人は「楽天会員」をクリックしてください。


詳細はのちほどご説明したいと思いますが、

楽天会員の場合、楽天ポイントがもらえるメリットがあるので

アカウントを持っている人は登録しておきましょう。

ちなみに「楽天会員でない方」でも口座開設を作ることはもちろんできますし、

強制的に楽天会員にならないといけないものではないので、ご安心くださいね。

3、基本情報を入力していきましょう。


続いて、基本情報について下記のものをそれぞれ入力していきます。

・お名前

・性別

・生年月日

・ご住所

・電話番号

・メールアドレス

4、納税方法を選びましょう。


口座開設を進めていると次に案内されるものが「特定口座」

株の売買で利益が発生した場合、利益の20%を税金で支払わなくてはいけないので

ここでは納税方法を選ぶ必要があります。

納税方法としては、

「特定口座・源泉徴収あり」「特定口座・源泉徴収なし」「特定口座を開設しない」の3つから選びましょう。


「特定口座・源泉徴収あり」の場合…

「特定口座・源泉徴収あり」では株の売買で利益が発生した場合、証券会社が源泉徴収をしてくれるので

自分で確定申告するのが面倒な人はこちらを選んでおくのがオススメ。

実際に口座を開設している人の約80%が「特定口座・源泉徴収あり」を選択しているので

今はよく分からない!という人はこちらを選んでおくのもありだと思います。


しかし、一つ知っておいてほしい注意点が…!!

それは下記条件に当てはまる人の場合、確定申告が免除される特例があるということ。


会社員の場合、給与所得以外に収入が20万円以内なら(株の利益が20万円未満であるなど)

その分の税金については免除されるという特例があるのでそれを利用する場合は「特定口座・源泉徴収なし」を選ばなくては

いけません。

「特定口座・源泉徴収あり」を選んでしまうと納税した分のものは返ってこないので、注意しましょう。



「特定口座・源泉徴収なし」の場合…

「特定口座・源泉徴収なし」では利益が発生した場合、自分で確定申告をする必要があります。

すでに給与所得以外でも収入が発生している人なら、一緒に確定申告をしてしまうのもありだと思います。

その場合は、証券会社から明細を送ってくれるので確認してみましょう。



「特定口座を開設しない」の場合…

「特定口座を開設しない」では利益が発生した場合、全て自分で行う必要があります。

年間で利益が発生した分の収支計算を行ったり、確定申告まで全て自分でやらなければいけないので

少々面倒な点があります。

でも自分でしっかりと管理したい!という人はこちらの方法を選ぶのもありだと思います。



5、引き続き案内に沿って進めましょう。


その後については証券会社にもよりますが、

「一緒に口座開設をしませんか?」や「確定拠出年金を申し込みませんか?」などの


案内がされるので、希望があればチェックを付けてそのまま進めていきます。

6、次に本人確認書類の提出を行います。


口座開設の手続きには本人確認書類を一緒に提出する必要があります。

必要なものは、個人番号カードかマイナンバー通知カード、免許証などの身分が証明

できる書類を用意しましょう。


個人番号カードが あり・なしによっても提出する書類が異なるので、

以下を参考にチェックしてみてくださいね。


個人番号カードを持っている人は?

個人番号カードを持っている場合、個人番号カードの表面と裏面の画像が必要になります。

マイナンバーや住所、顔写真などが載っているので両方があればこれ1枚でOK!



マイナンバー通知カードのみ持っている人は?

マイナンバー通知カードを持っている場合、マイナンバー通知カードと顔写真付き本人確認書類が必要になります。

顔写真付き本人確認書類には、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどが当てはまります。



マイナンバー通知カードはあるけど顔写真付き本人確認書類がない人は?

マイナンバー通知カードはあるけど顔写真付きの本人確認書類がない場合、本人を確認できる書類が2つ必要になります。

本人を確認できる書類には、健康保険証、年金手帳、印鑑登録証明書、戸籍抄本、住民票の写しなどが当てはまるので

事前に書類を用意しなければいけない場合はよく確認しておきましょう。




すべての書類が用意できたら、スマホかデジカメなどではっきりと分かるように撮影をして

アップロード画面から画像をアップロードすれば提出完了です!



「アップロードの仕方や操作がよく分からない!」という人は郵送でも口座開設を行うことができます。

基本情報の入力までは一緒ですが、郵送の場合、「マイナンバー通知届出書」が送られてくるので

届き次第、マイナンバー通知カードなどのコピーと本人確認書類のコピーを同封の上、返送しましょう。

証券会社によっても手順が異なる場合があるので、詳細は各証券会社のホームページを見てみてくださいね。



7、IDやパスワードの書類を受け取りましょう。


基本情報の入力と本人確認書類の提出を終えると、申込手続きは完了となります。

そして、1〜2週間前後を目安に口座開設が完了すると

取引に必要なIDとパスワード、入金時の銀行口座が記載された用紙が郵送で届くので

それが確認できれば利用開始となります。

株式投資を始めたい!初心者さんへオススメする証券会社とは?

「これから投資を始めてみたいけど、証券会社ってどれを選べばいいの?」

初めての人にとって証券会社選びってなんだかよく分からないし、どれも同じような感じがしてしまいますよね。

でも口座開設自体は無料なので、まずは気軽に選んでみましょう。

ここでは初心者さんへオススメする証券会社を3つご紹介したいと思います。



1. SBIネット証券


SBIネット証券はネット証券会社の最大手。

口座開設数が最も多く、個人株売買金額ともにシェア率No.1を獲得!
取引ツールやサービスも充実しているので年齢・性別を問わず人気の証券会社。

取引手数料も10万円以下の場合、90円と業界最安値なのも魅力のひとつ。


また国内の株式だけでなく、外国株式の取り扱い国数、や投資信託の本数もネット証券会社の中ではトップクラス。
豊富な商品が選べるからサービスが充実しています!

最大手ということもありシステムや処理スピードも安定しているから、とても使いやすく初心者でも安心!

まずは証券口座を開設しておきたい!という人にはSBIネット証券がオススメ。


国内だけでなく外国株式や投資信託など充実している証券口座ならSBIがオススメ!


リアルタイム株価やチャートなど豊富な投資情報は無料で簡単にチェックできるから
初心者さんにも優しい!



SBI証券公式サイトはこちら

2. 楽天証券


楽天証券は口座開設数が多いだけでなく、取り扱う投資信託数は約2,600本もあり、

買付手数料が無料のノーロード投資信託数も約1,300以上もあるなど実績が多いことでも有名!

そして取引金額や投資信託残高などに応じて楽天ポイントも貯まるから

普段からよく楽天市場を利用する人にとってはとてもお得なんです!

実際にノーロード投資信託も数多くあることから、楽天会員でない人でも口座開設をしている人も多く

メリットがたくさんあるのが楽天証券の特徴です。

また楽天証券では個人型確定拠出年金の口座開設ができるので、所得税や住民税が軽減されることも!
利益が増えればそれだけ税金も大きな負担になるので、税金はできるだけ抑えておきたいところですよね。


上記を踏まえて考えると、これから長期で投資信託を行う予定がある人や投資を始めてみようと思っている初心者さんでも

楽天証券で口座開設をしておけば損はないと思います!

普段から楽天市場を利用しているならポイントも貯まる楽天証券がオススメ!

投資信託数が多く実績も多いのでこれから投資を始めるにはピッタリ!




楽天証券公式サイトはこちら

3. LINE証券


2019年からスタートしたLINE証券では国内の有名企業100銘柄と9種類のETFが

売買できるなど、今注目されている証券会社!



また1株から少額で株が購入できたり、平日21時まで即時注文が可能なので

平日仕事が忙しい人でも気軽に株の取引を行うことができます。

さらにLINE Payを使えば手数料無料で入出金ができたり、

1株からでも配当金や株主優待ももらえるなど、メリットがたくさんあるので

できれば少額から株を始めたいんだけど…という人にもオススメ!



口座開設についても利用しているLINEアプリですぐに口座開設ができるので

はじめての人でも簡単にできるので安心してスタートできますよ!



株式投資よりも気軽にできる!仮想通貨を始めるならどこがオススメ?

投資はやってみたいけど、株の売買はよく分からないし…という方にオススメなのが仮想通貨。


数年前まではあまり認知度が低かった仮想通貨ですが、始める人も増えてきたことから
とある調査では、日本の仮想通貨保有率は11%と対象国の平均7%よりも高いことが判明しました。


仮想通貨は少額からスタートできるので株の売買などあまり知識がない人でも気軽に始めることができます。

またスマホがあれば、仮登録→本登録→郵便物を受取るだけですぐに口座開設ができるので

細かい情報を登録しなくても始められるのが仮想通貨の人気にも繋がっています。


そんな仮想通貨ですが、どこの取引所で始めたらいいのか分からない!という方へ
ここではオススメする3つの取引所をご紹介したいと思います。

1. Coincheck(コインチェック)

まずオススメしたいのがコインチェック。

コインチェックは2019年に金融庁から仮想通貨交換業の許可を受け運営している仮想通貨取引所で

取引高やアプリ利用数とともにNo.1!


コインチェックは国内の取引所でももっとも多い14種類の仮想通貨を取り扱っており

さまざまな仮想通貨を取引したい人はまず登録しておくことをオススメします。



コインチェックでは現在、14種類の仮想通貨が取引可能。

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ネム(NEM)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(Qtum)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
IOST



コインチェックは他の取引所と比べると入出金手数料は高めですが
アプリが大変使いやすく、これから仮想通貨を始めたい初心者さんでも簡単に使いこなすことができます。

また他の取引所では少々複雑な取引でもコインチェックは取引が販売所形式なので売買するのも簡単!

多くの仮想通貨を取り扱っているので、さまざまな取引をしたい人は
コインチェックがオススメ!


アプリも使いやすいからこれから仮想通貨を始めたい人でも簡単に使いこなせる!




Coincheck公式サイトはこちら

2. GMOコイン

セキュリティ面が万全な取引所といえば、GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットの傘下にある取引所であり

セキュリティやサーバーなどは国内最高基準!

同じグループでもあるGMOクリック証券ではFX取引高が世界No.1を獲得していることから

信頼できる取引所でもあります。


またGMOコインは基本的な手数料が全て無料なのでお得に取引することが可能。

さらにスマホアプリではGMOコインのFX取引もできることからいつでも気軽に仮想通貨のFX取引を行うことができます。



安全面やセキュリティ面はもちろんのこと、仮想通貨でFX取引などもしたい!という方は

GMOコインを登録しておけば間違いありません!

東証一部上場企業であるGMOインターネットの傘下にあるGMOコインは
セキュリティやサーバーなどが国内最高基準!

GMOコインならセキュリティも万全だから安心して取引ができます。






GMOコイン公式サイトはこちら

3. Liquid by QUOINE(リキッドバイコイン)

Liquid by QUOINEはアジアでは知られていますが、日本では2014年から開始した

金融庁許可済みの取引所。

そして2018年より新たな機能を追加したLiquid by QUOINEへ名称変更されてます。


Liquidは独自のICOトークンであるQASHを発行しており、保有している人には様々なメリットがあります。



また他の取引所と比べ仮想通貨によって手数料がお得になることも!

たとえば、ビットコインでは手数料が無料になったり、他に入金手数料は無料になるなど

お得に取引することができます。


さらに売値と買値の差であるスプレッドが狭いことも特徴。

Liquidではビットコインやイーサリアム、リップルなどの取引は国内で最低基準を保っているため

安定した取引を行うことができます。



独自トークンが購入できたり手数料もお得になるなど、様々なサービスを受けたい人はLiquid by QUOINEがオススメ!

独自トークンを購入したり、スプレッドは国内でも最低基準を保っているなど
様々なサービスを受けながら安定した取引を行うことができます!

取引以外でも仮想通貨をもっと楽しみたいならLiquid by QUOINEがオススメ!




Liquid by QUOINE公式サイトはこちら

ネット証券における口座開設の流れや口座開設時に必要な手続き書類、株式投資や仮想通貨を始めるにあたって

オススメの証券会社や取引所などをご紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか。


一見すると面倒な手続きのように感じてしまいますが、実際のところは簡単に口座開設を行うことができます。

また証券会社や取引所についてはどこがいいのか分からない!と迷ってしまいますが、

口座の開設や取引所については無料でできますし、維持費も一切かからないので実際に使ってみて仕様や使い勝手

などを
見てみるのもいいですよ!


ぜひ、自分にあったところを見つけてみてくださいね。