カートを見る

【データ販売】
リピート率拡大につながる

「メール配信システム」
比較表

EC企業が成長する上で欠かせない「メール配信システム」。その主要14システムを分析・比較したデータを発売しました。4項目の独自評価や33項目のサービス・機能対応表で各システムの特徴を分かりやすく紹介しています。企業規模別にお薦めのシステムを分類しているため、自社にマッチしたサービスをすぐに探せます。

商品概要はコチラ

主要14システムを収録!

収録システム

「WEBCAS e-mail」(エイジア)
「ClickM@iler」(トランスコスモス)
「Cuenote FC」(ユミルリンク)
「LTV-Lab」(コアフォース)
「コンビーズメールプラス」(コンビーズ)
「コンビーズメール」(コンビーズ)
「WiLL Mail」(サパナ)
「Synergy!」(シナジーマーケティング)
「クルメル」(ラクス)
「配配メール」(ラクス)
「さぶみっと!メール配信」(イー・エージェンシー)
「メール商人」(イー・エム・ズィー)
「blaynmail」(ブレイン)
「Benchmark Email」(ベンチマークジャパン)

※順不同
「Cuenote FC」(ユミルリンク)

システム選びに役立つ
3つの理由

【理由①】「ネット経済研究所」の独自評価

「ネット経済研究所」がすべてのシステムを分析し、評価した結果が分かるので、求めている機能を備えたシステムを見つけることができます

【理由②】33項目のサービス・機能を比較

システム費用から詳細な機能、強みなど33項目に及ぶ項目を各ベンダーからヒアリング。システムごとの違いや強みが一目瞭然です

【理由③】企業規模別にオススメ

「大手企業向け」に3システム、「中堅企業向け」に5システム、「中小企業向け」に6システムを推薦。比較表も企業規模別に分かれているので比較しやすい

こんな方にオススメ

【システムの導入検討企業】
お客さまの数が増えてきたので、本格的なメールマーケティングを始めたい!どんなシステムを使えばいいのかなぁ?
【システムの導入検討企業】
メルマガの一斉配信だけじゃなく、お客さまの属性や購買実績でセグメントしたメールを送りたい
【システムの乗り換え検討企業】
今使っているメール配信システムに不満!もっと効果的なメールマーケティングを実現できるシステムを探している
【システムの乗り換え検討企業】
大量のキャンペーンメールを確実にお客さまの基に届けたい。今のメール配信システムよりも高性能のシステムってないのかな?

<< 商品概要 >>
リピート率拡大につながる「メール配信システム」比較表

【PDFデータ】販売価格1000円(税別)

【発行元】ネット経済研究所(株式会社日本流通産業新聞社)

【商品内容】
メール配信システムの主要14サービスを「大手企業」「中堅企業」「中小企業」の3通りの企業規模別に分類。4項目の独自評価や、32項目のサービス・機能内容を一覧掲載しています。

【収録システム(全14システム)】
「WEBCAS e-mail」(エイジア)、「ClickM@iler」(トランスコスモス)、「Cuenote FC」(ユミルリンク)、「LTV-Lab」(コアフォース)、「コンビーズメールプラス」「コンビーズメール」(コンビーズ)、「WiLL Mail」(サパナ)、「Synergy!」(シナジーマーケティング)、「クルメル」「配配メール」(ラクス)、「さぶみっと!メール配信」(イー・エージェンシー)、「メール商人」(イー・エム・ズィー)、「blaynmail」(ブレイン)、「Benchmark Email」(ベンチマークジャパン)※順不同

【構成】A3版4ページ(PDFデータ)

【コンテンツ】
①表紙(目次/表の見方)
②メール配信システム比較表(大手企業向け)
③メール配信システム比較表(中堅企業向け)
④メール配信システム比較表(中小企業向け)

【購入時の注意点】

決済
クレジットカード決済とコンビニ決済のどちらかをお選びください
購入データの提供方法 ご注文後(決済完了を確認後)、3営業日中に商品のPDFデータをメールで送付します
※弊社の営業日は月曜日~金曜日。2017年4月29日~5月7日はGW休暇でお休みさせていただきます
プライバシーポリシー 購入時に本サイトの制作システムを提供している「ペライチ」(ホットスタートアップ社)のプライバシーポリシーにもご承諾いただく必要があります
プライバシーポリシー 購入時に本サイトの制作システムを提供している「ペライチ」(ホットスタートアップ社)のプライバシーポリシーにもご承諾いただく必要があります

「ネット経済研究所」とは

通販・訪販の専門紙「日本流通産業新聞」やEC専門紙「日本ネット経済新聞」発行の
日本流通産業新聞社がEC・通販のシンクタンク「ネット経済研究所」を設立。取材で集めた情報やアンケートで収集したデータに独自の分析を加えて販売。EC・通販業界の発展をデータ提供で応援したいと考えています。

ネット経済研究所のWEBサイト

<< その他のネット経済研究所が贈る注目商品 >>

支援サ―ビス630収録!「Eコマース業界地図」特別号

EC支援サービスを図表や記事でまとめた「Eコマース業界地図」特別号は、12カテゴリー・約630サービスの情報を収録。図(サービスマップ)に加えて、サービス一覧表、注目サービスの紹介記事も掲載しています。Eコマース業界を俯瞰できる特別号をぜひお手に取ってご覧ください!

「Eコマース業界地図」特別号の詳細へ

会社概要

社名 株式会社日本流通産業新聞社
設立 1983年9月1日
代表者 代表取締役 成田利明
所在地 〒103‐0026 東京都中央区日本橋兜町11‐11
連絡先 TEL03‐3669‐3421 FAX03‐3661‐5509
所在地 〒103‐0026 東京都中央区日本橋兜町11‐11

日本流通産業新聞社の発行媒体

日本ネット経済新聞

国内唯一のネット通販業界に特化した業界新聞。毎週木曜日に週刊にて発行。『日流eコマース』として07年に創刊した後、11年に『日本ネット経済新聞』に改称。主な購読者層はネット通販事業者。他にも、ネット通販企業に商品やサービスを供給する事業者の方々購読されている

媒体概要&購読申込へ

日本流通産業新聞

通信販売・訪問販売などダイレクトマーケティングの専門新聞。業界動向・業界データから企業情報、商品開発秘話まで幅広く取り扱います。またネット、マーケティング関連など周辺産業の内外情報も強化、SNSやスマホ関連の最新情報も豊富です。

媒体概要&購読申込へ