包茎治療はバレる?
治療実績が豊富なクリニックについて

男性の中には「包茎」にコンプレックスを持っている人もいるでしょう。包茎の種類にもよりますが、治療をしないと衛生的な問題からトラブルが起こる場合もあります。今回は、包茎治療のメリットやデメリット、治療したことがバレるのか、おすすめのクリニックなどについて紹介していきましょう。

包茎治療のメリット

包茎治療と言っても、男性器に関するトラブルはデリケートなので医療機関に通いたくないという人も少なくありません。こちらでは、包茎治療のメリットについて見ていきましょう。

 ・清潔さがある

包茎の場合、包皮と亀頭の間に尿が残ることもあり恥垢が溜まりやすくなります。つまり、常に湿った状態になってしまうのです。ジメジメとした環境は病原菌を繁殖させる原因となるので不衛生になりがちです。包茎治療をすることで清潔さを取り戻すことができます。

 ・周囲が気にならなくなる

男性にとって包茎というのは、誰にも見られたくないほど恥ずかしいという意識があります。そのため、温泉などでは常にタオルを巻いている傾向があるのです。周囲としては気にしていなくても、誰かから笑われていると感じてしまう人も少なくありません。

 ・早漏改善になる

包茎の場合、亀頭が過度に敏感になってしまうため早漏の原因となります。しかし、包茎治療をすることで早漏が改善されたという意見も多くあるのです。

包茎治療のデメリット

基本的に包茎治療にデメリットはありません。ただ、いくつか「大変だな」と思う部分があるので見ていきましょう。

 ・費用がかかる

当然ながら治療をしてもらうので費用がかかります。クリニックによって費用相場は変わりますが、金銭的な出費が増えてしまうのは経済的にもダメージを受けるかもしれません。

 ・技術の差

クリニック選びを間違うと包茎治療を失敗される可能性があるのです。デリケートな部分を任せるので実績や評判の良いクリニックを探すようにしてください。

 ・恥ずかしさがある

いくら医師だとしても、デリケートな部分を見られるのは抵抗があるという人が多いです。同性医師であっても男性器を見られることに抵抗があり、なかなか治療に踏み出せない人もいます。医師側としては治療行為なので、患者が不安に感じているようなことは一切考えていないので安心して下さい。

包茎治療はバレるって本当?

包茎治療に関することを調べていると「バレる」という言葉が出てきます。こちらでは、本当に包茎治療がバレてしまうのか見ていきましょう。

 ・手術痕が残る

技術力が低い医師に治療してもらったことによって、手術痕が残ってしまう人もいます。包茎は改善されても、手術痕が残ってしまうと堂々とすることができなくなるようです。

 ・包茎が改善されない

包皮を切り取る量が少なかったことによって、包茎が改善されていないケースもあります。処置が不十分なことによって仮性包茎のようになってしまうのでしょう。

 ・突っ張り感がある

包皮を切り取りすぎることによって、肌が突っ張ったような感覚が出てしまう人もいます。切除量が少ない場合は再度切除すればいいのですが、過剰に切除した場合は大掛かりな施術が必要となるので、若干大変と言えます。

包茎治療におすすめのクリニックとは?

包茎治療には知識だけではなく技術力も求められます。こちらでは、包茎治療の実績が豊富なクリニックについて見ていきましょう。

 ・コムロメンズクリニック

独自の手術法を駆使して痛みが残りにくく、傷跡がほとんど目立たないという高レベルな治療を受けることができます。手術後も日常生活に支障が出ずに過ごすことができます。院長はメディアにも出演することが多く、第一人者と言っても過言ではありません。

 ・エストクリニックメンズ

受付は22時、診療は23時まで可能であり、仕事帰りにも気軽に来院できます。支払明細書も自宅に送付をしないので、包茎治療をしたことが家族にばれることもありません。手術後のアフターケアを無料で受けられるのも特徴のひとつと言っていいでしょう。

 ・東京スカイクリニック

強力な麻酔を使うため、施術後30分程度で帰宅することができます。翌日若干痛みますが、耐えられないほどではないので安心してください。他の患者と顔を合わさないように完全個室制クリニックのスタイルを貫いています。他の人と顔を合わせたくない人に最適のクリニックと言えるでしょう。

包茎治療について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

包茎治療にはさまざまな種類があります。
クリニックによって得意治療方法が異なりますが、
失敗リスクなどが低いオールハンド施術をおすすめします。
ただ、オールハンド施術は他の治療法よりも若干割高です。
しかし、割高な分の効果は期待してもいいでしょう。
失敗リスクを減らしたい人にオールハンドはおすすめです。