株式会社ENCENDER

- エンセンデル - 
サッカー選手代理人事業
スペイン遠征チームアテンド
サッカークリニック通訳

CONCEPT
活動理念
株式会社ENCENDER(エンセンデル)は、

◆日本、アジアとヨーロッパをはじめ全世界のスポーツ界の発展に貢献します。

◆世界で出逢った仲間達との信頼関係を大切にします。人の可能性は無限大で平等です。

◆「誠実」と「努力」と「献身」の気持ち、そして「出会い」でサポートします。

アスリートとその家族と共に人生を歩んでいきます。

ATHLETES
選手紹介

嶋田慎太郎 サッカー代理人 スペイン遠征 通訳

嶋田 慎太郎
SHINTARO SHIMADA

【大宮アルディージャ】
MF・#39
1995/12/5
身長165cm/体重60kg

【所属歴】
FCビッグウェーブ- ロアッソ熊本ジュニアユース- ロアッソ熊本ユース- ロアッソ熊本

【通算データ】
シーズン/所属クラブ/出場試合数(リーグ戦)/得点
2014/ロアッソ熊本/6(J2)/1
2015/ロアッソ熊本/38(J2)/6
2016/ロアッソ熊本/35(J2)/1
2017/ロアッソ熊本/34(J2)/4

【今シーズンデータ】
2018/大宮アルディージャ/22(J2)/2
※明治安田J2 第29節 終了時点

クラブHPへ

上村 周平
SHUHEI UEMURA

【ロアッソ熊本】
MF・#8
1995/10/15
身長164cm/体重55kg

【所属歴】
太陽スポーツクラブ熊本U-12- ロアッソ熊本ジュニアユース- ロアッソ熊本ユース

【通算データ】
シーズン/所属クラブ/出場試合数(リーグ戦)
2014/ロアッソ熊本/5(J2)/0
2015/ロアッソ熊本/24(J2)/0
2016/ロアッソ熊本/17(J2)/0
2017/ロアッソ熊本/27(J2)/1

【今シーズンデータ】
2018/ロアッソ熊本/19(J2)/1
※明治安田J2 第29節 終了時点

クラブHPへ

OTHERS
その他事業

スペイン遠征 チームアテンド

柏レイソルU-13
京都サンガU-15・U-18
ヴィッセル神戸U18
千葉県選抜U-12
熊本ルーテル学院高校サッカー部
びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部
京都大学ハンドボール部
スペインリーグ1部エスパニョールU-12・日本遠征 

など他多数のスペイン遠征をコーディネート
※詳細はお問い合わせください※

サッカークリニック通訳

カルラス・レシャック
(現 FC BARCELONA:強化部アドバイザー)

ジョアン・サルバンス
(元 VALENCIA FC:トップチーム強化部)

オスカル・ペラルナウ
(現 RCD ESPANYOL:ゼネラルマネージャー)

ダニエル・ポジャート
(現 レアルマドリード U19監督)

マルセル・サンツ
(現 FC BARCELONA:U17ユースコーチ)  

他多数
※詳細はお問い合わせください※

OUR COMPANY
会社概要
会社名 株式会社ENCENDER
(かぶしきがいしゃ えんせんでる)
創業者 志水和司 (しみず かずし)
設立年月 2015年9月
会社住所
兵庫県伊丹市鴻池3丁目16-10
母体法人 株式会社スイッチオンサービス
設立年月 2015年9月
STAFF

志水 和司【しみず かずし】
㈱エンセンデル・代表

2015年、日本帰国後スペインチーム遠征、個人サッカー留学、スペイン人コーチを日本へ招聘してのサッカークリニック、サッカーキャンプ(指導者、チーム対象)などのマネージメント業務を行う。
大学時代に専攻した法律学、そして10年以上スペインという土地で築いてきたヨーロッパでの実績と経験そして人とのつながりを最大限に生かして、アジア、日本サッカー界の発展の為に選手、クラブチームに仲介人という立場から還元していきます。

また母体法人は、理学療法士が設立した会社で介護事業を運営しており、それに加えてリハビリテーション事業の新しい取り組みの一つに担うように取り組んでいきます。

石川 智昭【いしかわ ともあき】
㈱スイッチオンサービス・代表取締役社長 / 理学療法士

(株)スイッチオンサービスではリハビリテーション専門職である理学療法士の観点から、地域社会に対してリハビリテーションサービスを提供しています。理学療法士は、動作分析のプロフェッショナルであり、老若男女問わず、身体の使い方を評価することや、指導することに長けた職種です。

スイッチオングループにおけるエンセンデル所属の選手については、定期的に身体チェックを行い、適宜、身体に合わせたトレーニング指導や調整が可能になります。必ず言えることは、土台となるフィジカルが第一であり、その土台から競技スキルやセンスが発揮できることは紛れも無い事実であります。

まず、フィジカルで負けない身体作りを行い、そして、共に、トップを目指しましょう。


木戸 俊介
コンテンツ・プロデューサー

2009年に筑波大学体育専門学群を卒業(保健体育教員免許取得)し、広告代理店の株式会社博報堂入社。大手アルコール・飲料メーカーの広告制作を担当する営業職を経て、サッカーやゴルフなどスポーツ界を舞台にコンテンツプロデュース職を経験しました。

その後2015年に交通事故により車イスに。リハビリ留学で半年間オーストラリアに滞在。帰国後はコンテンツ・プロデューサーとして企業のマーケティング活動やイベント企画・運営、キャリアプランニングのお手伝いを行っています。また、NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクトを設立し、障がい者と健常者が共に生きる環境づくりに励んでいます。

2018年より株式会社スイッチオンサービスにて企業広報・PR活動をサポート。自身のキャリアを生かして皆さまのお役に立ちたいと考えています。