ビジネスはお金稼ぎではないです



まず最初に僕は
「ビジネス」や「商売」を
お金を稼ぐことだとは
思っていません。



稼ぎたいと思って
ビジネスをしたいと思っている人も
いらっしゃることは事実なのですが



僕は少しビジネスというものを
違った視点で見ていて
ビジネスをこう思っています。


ビジネス=価値提供



というのも、どの企業も
だれかの人に対して何か価値のあるものを
提供してお金をいただいています。



例えば「ユニクロ」だと




“本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します”




という考え方を持っています。



その企業独自の
【コンセプト】というものを持って
ビジネスを展開し、



あくまでもお客様目線に立ち
お客様に価値を提供して
その対価としてお金を
いただいているのです。



お金稼ぐことは
悪いことではないです。



お金を稼ぐと聞いて
多くの方は



「怪しい」「怖い」
という考え方を持つ人が
多いと思います!



これは正しい反応です!



ですが、今僕は全力で
お金を稼いでいます!



それも理由があって
僕が稼いでビジネスの規模を
大きくすることで



より多くの人に価値を
提供することができます。



新しいイノベーションを
起こそうと思っても
お金が必要でより良くできません。



なので
お金を稼ぐこと=悪い
という印象よりも



お金を稼いで他の人のために
何か使えるようになる



そう考える方が
かなり視野が広がると思います!


チャンスを掴んで欲しい


もし個人で稼ぐことができれば

  • 親に恩返しでプレゼント
  • 視野が広がって新しい事業を立てる
  • 自分のやりたかったカフェや居酒屋の経営
  • 恋人との月1の旅行
  • プロポーズで3ヵ月分の給料の結婚指輪
  • マイホームを建てる
  • 視野が広がって新しい事業を立てる


全部何かしらの
ビジネスをすることで
叶うのです!



逆にもし始めないと
日本の大手企業のトヨタ自動車でも
終身雇用がなくなり、



今では収入を増やすことは
かなり難しくなっています。



生活をかなり我慢して
毎月10万ずつくらい貯金していれば
老後の年金2000万問題も解決できるでしょう。



ですが、そんなことできないんです。



毎月20万前後の手取り収入で
5万は家賃、食費に3万
奨学金の返済で3万とか
車のローンや、光熱費や携帯代など、、、



20万で貯金なんて
絶対にできないんです。



だからこれを一つの
「Chance」
だと思って欲しいです!


もともとはただの学生でした。



ただの学生で
京都にある「同志社大学」に
ギリギリ合格した【だけ】の
なんの能力もない学生でした。



アルバイトでも自分勝手な考えで
勝手に休んだり、
人のことをあまり考えないような
自分勝手な人で



「どうせバイトやし」というのが
常に言葉の始めに付いていたような
憎たらしいやつでした。


2回生の居酒屋バイト



大学の2回生から
居酒屋のバイトを始めたのですが、
居酒屋和民でずっとバイトをしていました。



奈良の王寺駅にある
今はお店の名前が変わっていて
「ミライザカ」となっているところですが、



そこの店長がかなりいい人で、
店長自身は全て人生は経験で
人との繋がりが一番大事と
僕に教えてくれた人でした。



そのお店で僕はかなり多くのことを学び
ずっと店長と働きたいと思っていたくらいで
かなり信頼していました。

⬇︎ミライザカで最高日販を達成した日⬇︎

人生の転機
居酒屋で
「教育」をする



僕は店長にそのお店の責任者クラスまで
成長させていただき
新人の教育担当を
させていただきました。



僕の人生はここから
大きく変わったのです。



新人教育は結構大変で、
その新人の子は何を求めて
ミライザカに働きにきたのか
どうやってその子を成長させていくのか



毎日のバイトでそれだけを考えて
働いていました。



僕が人生が変わったのは
教えていた新人の子に



「川本さんがいなければ
普通にやめていました笑」



とさらっと言われた時でした。



僕はかなり嬉しくて
それを今でも覚えています。



理系の大学だったのですが、
就職の進路をかなり変更し
コンサル会社に就職したいと
思うようになりました。



そこから色々あり
僕のビジネスでの考え方は
常に人が関わってきます。



「人を変える」
ということが根本にあります。



このページを書いたのも
「あなた」という人を
変えるためです。



“会社に入ることが悪”
とは全く思っていなくて、



死んだ魚のような目をして
出勤している人を見たり



仕事=楽しくないもの
と思っている環境に通い続けるのは



人生で見て
かなり勿体無い時間です。



あなたはそんなところで
腐るように人ではないと思っています。



だから僕はそんな人を
変えたいと心から思っているから
この活動をしています。


なので、あなたが今もし



・会社に行くのが嫌
・給料に満足していない
・長い目で見て副収入が欲しい
・仕事とは別でしたいことがある



などの理由があるのでしたら
僕がビジネスの仕方を教えるので



「そんな仕事の仕方があるのか」
と思っていただき、



【あなたのしたいことに全力を注ぐ】



これを叶えてもらえばと思っています。



そのために僕を
利用していただければいいと思います!


僕が教えるビジネスの特徴

お客さんの「感謝」の感情が直接聞ける
お客さんと1対1でやりとりをするので
直接「ありがとう」と言われるので
かなりやりがいのある仕事です。
スマホorパソコン1台だけで行える
完全にネットだけで完結するので
誰かに会うことなく在宅でもできますし


隙間時間にもできるので忙しい方でも
1日の30分〜1時間ほど確保できれば
進めることができるのも特徴です。
再現性がかなり高い
完全にネットで完結すると
先ほども言ったのですが、


ネットだと文章の文章の添削などができ
初心者の方でも文章を作ってもらって
添削していけば綺麗な文章になります。


なのでそういう点でどんな人でも
挑戦できるビジネスだと考えています。

僕が教えさせてもらった
人の一部を紹介します

長谷さん(24)

営業の仕事をしてたのですが、自分の思った通りに仕事をさせてもらえず、【上司からの命令が絶対】のような働き方が嫌で、それなら自分で事業をしたいと強く思ったそうで僕が教えさせていただきました。大学生に対してTOEICの事業を立ち上げて、自分のやりたいことをしっかり伸ばしていっているところです。
渡辺さん(22)

大学生で親が自営業の渡辺さんです。お父さんの事業をつぐことも考えていたそうなのですが、父親が自営業をしていることもあり、自分でも事業を起こしたいと思っておりその時に僕に相談していただきました。今では2つ収入源を持ち、1つはネットで、2つ目は実業のほうでも活躍しております。
しほちゃん(20)

神戸市出身の女子大生のしほちゃんです。女子大生ながらこのまま就職して将来自分が楽しく仕事ができているのか考えたそうです。そこで僕と出会い、インターネットでビジネスをしていた能力を活かして、梅田の方で脱毛サロンの経営をしています。集客などは広告費を全くかけずにネットで集客するスキルを持っていて彼女の強みとなっています。

教えてもらうまでの流れ

<<簡単な3STEPです>>

STEP 1
僕のLINEを追加する
ライン追加は
下の友達追加ボタンから追加できます。
STEP 2
メッセージを返信
友達追加すると、
このようにメッセージが
送られてくるので

フォーマットを埋めて
送信してください!

返信は全て手動です!
STEP 3
実際に教えてもらう
簡単に概要を説明し教える
場所や日時を相談して決めます。

そして手取り足取りお教えします。
STEP 3
実際に教えてもらう
簡単に概要を説明し教える
場所や日時を相談して決めます。

そして手取り足取りお教えします。
▼LINE追加はこちら▼

Q&A

Q
何も知らないですが
大丈夫ですか?
A
はい、大丈夫です!

部活を始める時も、就活を始める時も
未経験からスタートすることと同じです。

持ち合わせた才能で
何かが変わると行ったことは
ほとんどありません!

僕自身も何も知らない
ど素人の時にスタートしています!
Q
投資ですか?紹介ですか?
A
投資もしませんし、
紹介もしません。

スマホを使用して
インターネットで起業する
といったイメージです。
Q
文章だけで教えてくれないのですか?
A
文章だけでは教えていません。

僕自身が人とのつながりを
大切にさせていただいているので
対面もしくはお電話で
説明させていただいております。

ご理解お願い致します。
Q
投資ですか?紹介ですか?
A
投資もしませんし、
紹介もしません。

スマホを使用して
インターネットで起業する
といったイメージです。

少し悩んでいる人へ

僕自身これからの時代は
絶対に何かしら自分で稼いで行かないと
いけない時代がくると思っているので



あなたにも何かしら
絶対に何かして欲しいです!



僕からビジネスを学ばなくてもいいですけど
できるだけ早く何かを始めて欲しいです。



教えてもらう相手が僕であれば
僕はかなり嬉しいです。



その時はよろしくお願いいたします!


▼LINE追加はこちら▼