なぜ禁煙できないのか?」禁煙に失敗してしまった人は、落ち込む前に、このことを考えましょう。失敗した理由を明らかにすることで、次の禁煙を成功させるための対策が立てられます。「なぜ禁煙できないのか」、当記事ではこのキーワードについて解説します。
チャンピックスの画像
↑「なぜ禁煙できないのか」を考えつつ、こちらの商品で禁煙を成功させましょう↑

なぜ禁煙できないのかを明確にしよう

なぜ禁煙できないのか
禁煙に失敗した人は「なぜ禁煙できないのか」を明確にすることから始めましょう。

禁煙を失敗してしまった、なぜ禁煙できないのか……そんな苦い経験を持っている人は少なくありません。アメリカの調査によると、禁煙の成功率はわずか「6.2%」と言われています。つまり9割程度の人は禁煙に失敗するということなので、「禁煙は失敗して当たり前」と開き直っても特に問題ないのです。

禁煙は失敗して当たり前と考え、「なぜ禁煙できないのか」という原因究明に時間を充てて、次回以降の禁煙の対策をすべきといえます。

なぜ禁煙できないのか、禁煙が失敗する原因を考えよう

自分がなぜ禁煙できないのか、なぜ禁煙に失敗したのか、その原因を明らかにしましょう。こちらでは、禁煙が失敗する原因の中でも、代表的な原因を3つ集めました。大体の禁煙失敗者は下記の原因に当てはまるので、「なぜ禁煙できないのか」下記の原因に照らし合わせて考えましょう。

①離脱症状に耐えられない

禁煙の離脱症状に悩む人
禁煙で最も辛いのが、ニコチン等の離脱症状です。タバコに依存していた人が禁煙を始めると、下記のような離脱症状に悩まされるのです。この離脱症状の辛さからタバコを吸って、禁煙に失敗してしまうケースが多くなっています。

離脱症状の一覧

  • イライラする(持続期間:1日~3週間)
  • 集中力の低下(持続期間:3週間程度)
  • 不眠(持続期間:1週間程度)
  • 頭痛(持続期間:2週間程度)
  • 身体のだるさ(持続期間:2~4週間)
  • 集中力の低下(持続期間:3週間程度)
その他、「タバコを吸いたい」という気持ちで頭がいっぱいになってしまいます。

離脱症状のポイントは「持続期間を過ぎれば症状が消える」という点です。持続期間を見てもらえばわかるかと思われますが、大体4週間程度で離脱症状が消えます。

禁煙を失敗してしまった人も、次の禁煙は最低でも1カ月はチャレンジしてみてください。1カ月後は離脱症状も無くなり、負担が軽くなるので、「なぜ禁煙できないのか」と悩んでいる人は1か月を目安に禁煙をしましょう!

②目的意識や目標がはっきりしていない

禁煙の目標設定
これは心理的な問題ですが、「なぜ禁煙できないのか」と悩む人に限って、禁煙の目標と目的意識がはっきりしていないことが多いです。自分がなぜ禁煙をするのかといった目的意識をはっきりさせて、常にその目的を意識して禁煙を継続させましょう。

また、禁煙の目標が低い人も見受けられます。禁煙のコツは「禁煙期間中は一本も吸わない」なので、目標は「一本も吸わない」という内容にすることをおすすめします。

「なぜ禁煙できないのか」と悩む人は、もう一度禁煙の目的と目標をはっきりさせてから禁煙に臨みましょう。

③「吸いたくなる」環境に身を置いている

飲み会と禁煙
禁煙期間中はタバコを吸いたいという誘惑を、少しでも少なくするのが成功の秘訣です。飲み会などでタバコを誘われるなど、ある程度想定できる「吸いたくなる環境」を断ち切るようにしましょう。「なぜ禁煙できないのか」と悩む人は、自分の置かれている環境から見直してみてください。

「なぜ禁煙できないのか」をはっきりさせて禁煙を成功させる

対策して禁煙を成功させる
「なぜ禁煙できないのか」、こうした原因究明をして、しっかりと対策をすることで禁煙の成功率は高まります。「自分の意思が弱かったんだ…」と卑屈な気持ちになるのではなく、まずは「なぜ禁煙できないのか」を自己分析してみましょう。
禁煙にチャレンジした内、9割以上の人は失敗するのですから、落ち込む必要はありません。「なぜ禁煙できないのか」を当記事で解説した禁煙に失敗する原因を参照しながら明らかにしてください。

そのうえで失敗の原因にたいして対策を立てることで禁煙成功率が高くなります!
チャンピックスの画像
↑「なぜ禁煙できないのか」理由を明らかにしつつ、こちらの商品を使うと更に禁煙成功率が高まります!↑