いろんな悩み

昨年から今年にかけてよく話題にされているのが、「一線を越えているかどうか」ということです。

記者の方が、「一線は越えていいんですね」と問いかけられ、「はい、越えていません」と答える場面をよく見かけます。

「一線」という言葉の響きは面白い伝えることはできますが、この「一線」とはどういうことなのかと、イチ視聴者としては感じてしまいます。

浮気をしているのかどうかを判断する質問の仕方としては、正しくないと思いますので、浮気の定義についてあらためて考えてみたいと思います。

おそらくは、「一線=肉体関係」ということを意味して使われているのでしょうけれども、記者の方が聞きたいのは「肉体関係はありますか?」ではなく、「浮気(不倫)されているのですか?」だと思います。

そう考えると、世間一般では、浮気をしているかどうかの判断基準として、肉体関係があるかどうか、という点に着目しているということになると思います。

答える側としても、そう聞かれているということはありますが、「はい、一線は越えていません」ということは、「肉体関係はないので、浮気(不倫)はしていません」と答えていることになります。あるいは、記者からの質問に対して、「(実は浮気はしていると思いますが肉体関係はないので)一線は越えていません」と受け流しているのかも知れません。

ここで、既婚の立場として、妻が浮気をしているかどうかの判断基準を考えてみたいと思います。
たとえば、私の妻はアイドルのファンで、先日も1万円以上もするコンサートのブルーレイを購入していました。
それを浮気というのか?というと、少し焼きもちは焼くかもしれませんが、世間一般ではこれを浮気という意見を聞いたことがありません。
理由は、「アイドル私の妻のことを全く知っていないこと」と「私の妻がどれだけ彼を好きになろうと、交際関係になる距離にない」ことが理解できるからです。
しかし、仮に彼の握手会などに行ってそこで面識ができ、私の妻に特別にプレゼントをもらうようなことがあれば、話は違ってくると思います。

そのあたりが、パートナーからみたときの、浮気をしているかどうかを判断するラインになると思います。

パートナーからみたときの浮気の判断ラインとしては、「お互いに面識があるか」「交際関係に発展する可能性のある距離にあるかどうか」が前提条件になると思います。
あとは、様々な状況証拠から、パートナーが自分から気持ちが離れていると感じれば、浮気をされているということになると思います。
ここまでは、パートナー目線での浮気について考えてきましたが、では本人目線での浮気ラインはどこにあるのでしょうか。
手を繋いだら、とか、肉体関係を持ったら、とか、様々なラインはあると思いますし、それは個人の価値観や浮気相手との距離感という「主観」があると思います。

主観で判断して良いのだとすれば、多くの著名人が「一線は越えていない(浮気ではない)」と答えても、スタジオでは「ちょっと苦しいですよね」というコメントになってしまうのだと思います。
ですので、「浮気」と判断される定義としては、本人がどういうかではなく、どんな距離に二人がいるのかという状況さえあれば、あとは人妻や周囲の人間が浮気だろうと判断すれば浮気になるということだと思います。

人生の中で大切なパートナーを見つけて一緒に過ごす事はこの上ない幸せな時間だと思います。
時に結婚をし残りの一生をそのパートナーと過ごします。しかし、ある出来事があればそれは一瞬にして崩れ落ちる事もあります。それは浮気です。
しかし浮気とは一般的に定義されているものではないので人によって様々です。ではどういった行動を取ってしまうと浮気とされてしまうのでしょうか。
何個かパターンをあげていこうと思います。まずひとつ目は他の異性と性行為を行った場合。これはどんな方でも浮気と認定してしまうと思います。

人によっては二度とパートナーと性行為を行いたくないと思ってしまう事にもなりかねないでしょう。またそこまで行うと言う事はそのパートナーはおそらくすでにその浮気相手に心を奪われている事でしょう。
自分の元に戻ってきてくれる事は難しいきと思います。ふたつめは2人でお泊りをすること。今回は性行為をしてないという設定にしたいと思います。

本当に行ってないとしてもそれを信じる事ができるかどうかが重要になってきます。パートナーの事を信じられるか、また戻ってきたとしても疑いを持ちながら今後一緒に過ごしていかなければいけません。
これも元の関係に戻るのは難しいでしょう。みっつめはキス程度まで行う事。
キスをする定義も人それぞれなのでそこまで考えると少し難解になってしまいますが、もしパートナーが他の異性とキスをしているところをあなたが見てしまったとしたらあなたは浮気としてパートナーを問い詰めますか?先程紹介した前のふたつよりはまだ許せる方もいるかもしれません。
しかしもちろん人によってはそのパートナーとまたキスをすることすら嫌になってしまうかたもいるでしょう。よっつめからは少しレベルを下げましょう。他の異性と出会いがきっかけで食事や映画などのデートをした場合です。
ここまで行くとまだ許せる方もいるのではないでしょか。たかだか2人で行動しただけだし、特にやらしい事をしてないならと思う方もいるかもしれません。しかしそれもパートナーの性格によります。

良く漫画やドラマで自分のパートナーのプレゼントを選ぶために異性に手伝ってもらうシーンなどあるかと思います。パートナーが何も思ってなくてもその浮気相手は何か見返りを求めているかもしれません。最後は、レズビアン出会い系で会話をした場合です。よほど束縛が強い人はこれすら認めない方もいるでしょう。

もちろんそのシチュエーションにもよるかと思いますが、よほど束縛が強い人は自分のパートナーが初対面の異性と話すのも嫌だと思う人もいるかと思います。今紹介したように色んなパターンがあるかと思います。

あなたはどこまで許す事ができたましたか?私が最初に言ったように浮気には定義はないかと思います。あくまで定義を決めるならそれはあなたとパートナーの中にある絆や愛情などによって決められるでしょう。人の気持ちはわからないのでパートナーがどんな気持ちでその行動を取ったのかもわからない中、相手を疑う勇気もあるかと思います。
しかしあなたが本当にそのパートナーを愛するなら許す気持ちも必要なのかもしれません。自分がされて嫌な事をパートナーに対してしない事がうまくやっていける秘訣かもしれませんね。肝臓血管腫

 

妻が思う浮気の定義

最近彼女ができて幸せ絶頂のそこのあなた。
あるいは、もう何年もお付き合いをしている彼女がいるあなた。
スマホが鳴るたびに彼女が気にしたり、飲み会に行く度に不機嫌になったりと、なぜ彼女がそのような態度をとるのか不思議に思ったことはありませんか?
もしかしたら彼女たちは、あなたが浮気をしていないかと心配しているのかもしれません。
女性が思う浮気と、男性が思う浮気の感覚は異なります。
あなたが浮気ではないと思っていることでも、彼女からしたら浮気であるということもあるかもしれません。
そこで今回は、女性が思う浮気の定義と、その対策について解説します。

 

【1.頻繁に連絡を取り合っている】
彼女がいるうちは、特定の女性と頻繁に連絡を取りあうのは、基本的にNGと考えた方がいいでしょう。いくら仲の良い友達だからと説明しても、彼女には伝わらないと考えてください。
女性は、その頻繁な連絡の中で何を話しているのかがとても気になります。
それは、そのやり取りの中で何か特別な感情が育まれ、恋愛に発展してしまうのではないかと想像してしまうからです。
そのため、出来るだけ彼女以外の女性とは必要以上に連絡を取り合わないことがベストですが、もしどうしても連絡を取りたいという場合は、一度その友達に彼女を合わせるなどして、そういう関係ではないことをアピールして納得してもらいましょう。
くれぐれも、こっそり連絡を取り合うのは絶対にやめましょう。
バレて余計に面倒臭いことになります。

 

【2.女性と2人きりで出かける】
基本的にお付き合いをしている女性がいる場合は、ほかの女性と2人っきりで出かけたり、食事に行ったりするのは控えた方が良いでしょう。
仕事の都合などでどうしても避けられない場合は、下手に嘘をつくよりも、正直にほかの女性と2人で過ごさなければいけない経緯を説明してください。
そうして、次に彼女とデートする際はとびっきりお洒落なお店に連れて行ってあげるなど、彼女のことを一番に大切に思っているということを、行動で示すと良いでしょう。

 

【3.肉体関係をもつ】
彼女がいながら、ほかの女性と肉体関係を持つことは言語道断です。
何があっても、ほかの女性と肉体関係を持つことだけは避けてください。
いくら巧妙に隠したとしても、絶対にバレます。
また、もし自分や相手が既婚者であった場合、最悪の場合は裁判を起こされ、多額の慰謝料を請求されてしまう可能性もあります。
女性の勘はとても鋭く、第六感があるともいわれています。
大切な彼女を失いたくないのであれば、目の前にセクシーで美しい女性が現れたとしても、毅然とした態度で断り、家に帰るのが紳士のする行動です。
そこで我慢したエロティックな思いは、大切な彼女にぶつけてみましょう。
きっと普段以上に盛り上がり、彼女も大満足してくれることでしょう。

 

いかがでしたか?
好きな相手であればあるほど、浮気をされていないか心配してしまいます。
彼女の心配をうっとおしいと拒絶するのではなく、どのような行動が彼女を心配させてしまっていたのかを、一度自身の行動を振り返って、考えて見てはいかがでしょうか?
以上のことに気をつけて、大切な彼女に余計な心配をかけないように気をつけてくださいね。

 

 

浮気はどこから?付き合う前にしておくべき事

浮気はパートナーを傷つけて裏切ってしまい最悪パートナーと別れなければならなくなってしまう絶対にやってはならない行為です。

浮気相手にされていた人も傷つけてしまう事になってしまいます。
浮気をして誰も得する事はなく、最終的には浮気をしてしまった自分自身も責めてしまう事でしょう。
浮気とは色々なものをなくしてしまいます。
浮気をした人をまた信用して付き合っていく事は非常に難しく、これからずっと不安な気持ちで疑いながら相手の事を見てしまうようになります。
では人を不幸にさせてしまうこの浮気とは一体どこからなのでしょうか。
実はこれにはっきりとした正解はありません。

自分では異性と2人きりで会って遊んだりする事は特に悪い事ではないと思っていても、
パートナーは異性が2人きりで遊ぶなんて考えられない浮気だと思っているかも知れません。
他にも手を繋いだら浮気や、キスをしたら浮気、体の関係を持ってしまったら浮気など色々な意見がありどれも人によって考えは違います。

他にも自分を好きでさえいてくれれば何をされても浮気にはならないという心の広い考え方の人までいます。
しかし、これではお互いにどこからが浮気かが食い違ってしまい困ってしまいます。
どこからが浮気かを明確に決めておかなければ、
トラブルになってしまい喧嘩や別れの原因になります。
浮気はここからとしっかり法律で決まっていればいいのですが、そんな決まりはないので2人でどうにかして解決していかなければいけません。

交際をする際には前もってどこからが浮気なのかを話し合って決める事が大切になってきます。
付き合っているのに浮気の事なんて話し合いたくはないかも知れません。
でも2人で向き合っておくべき事なのです。
好き同士なら相手がどこからが浮気だと考えているのか気になるはずですし、
大切なパートナーだからこそ適当に済ましたくはないと思います。
想い合っているからこそ出来る確認作業でもあります。
ここでお互いにどこからが浮気なのかの意見が食い違ってしまった場合はどうなるのでしょうか。
体の関係を持ってしまったら浮気だと思っていたのにパートナーは手を繋いだら浮気だと言われてしまった場合にはパートナーの意見を尊重しなければいけません。
パートナーが浮気になるから嫌だという事をしてはいけません。
好きな人の傷つく姿を見たい人なんているわけありません。
悲しませる事のないように相手に合わせてあげる事が大事なのです。
こうして2人でしっかり話し合う事で2人にとってどこからが浮気なのかがはっきり分かります。
もしも、パートナーが変わってしまった場合には、
もう一度初めからどこからが浮気なのかを決めておく必要があります。
理由は最初に述べたように人によって考え方が違うからです。
前付き合っていた人はこうだったからこうしようという事はしてはいけません。
その考え方は相手を傷つけてしまいますので
また新たに2人で決めていきましょう。
最後になりましたが、「浮気をしない」事こそが1番大切です。
自分がされて嫌な事は絶対に相手にしてはいけません。
浮気されてしまうと相手はどれだけ傷ついてしまうのかをしっかり考えて浮気をしないという覚悟を持って付き合っていかなければいけません。

浮気の定義

昨今は芸能界を中心に不倫や浮気のニュースが世間を騒がせていますね。今まで以上に浮気というものは悪いものだという見方が強まって、もはや犯罪に
匹敵するほどのバッシングの対象として浮気は位置づけられています。しかし、そもそもこの浮気という物自体が非常に曖昧なものであると私は思うのです。

今回はそんな浮気の定義について考えてみたいと思います。
まず、浮気は犯罪なのかどうかということについてです。こぞって悪だと決めつけられていますが浮気が実際に犯罪かどうかということは判断しかねるところですよね。

結論から言うと、日本において浮気を刑法上の犯罪とする法律は一部の例外を除いてありません。浮気は民事に問われてしまうことはありますが、刑事罰が課されることは現代においてほぼ無いと言っていいのです。
先程述べた一部の例外というのは、過去において妻側にのみ浮気が犯罪だとなされた例や、妊娠後数ヶ月以内は子供の親を明確にするために他者との性交を禁じる法律は存在したといことを指しますが、それも女性の社会進出が一般的になった現在においては撤廃されました。
要するに現代の日本において不倫は民法上においては不貞行為とされ損害賠償を請求される可能性はありますが、刑法上において犯罪ではなく罪に問われることはないということです。

 

次に浮気の定義についてです。先に上げたように法律上の観点に照らし合わせると不倫の定義は、性交を伴う関係に限られることになります。
しかも過去においてはそれが女性側のみに適応されており、男性は無罪放免になることがしばしばあったということです。
そのため、狭義における不倫は女性が夫以外の男性と性交することを不倫と呼ぶのではないかという仮説が成り立ちます。
しかし、常識的に考えるとそんなことはありえないというのは誰でも理解できるところですよね。
現代の一般的な感覚から言うと、不倫をしてバッシングを受けているのはそのほとんど男性です。
女性の地位向上に伴って、不倫の殆どを占める男性の不倫が強いバッシングを受けるようになったというが現代の感覚にあった事実であるわけです。
そして、性交のみに絞るというのも広く行き渡った一般感覚からはだんだん離れていっているように思います。確かに現代においても、不倫裁判において決定的な証拠となりうるのは性的関係を決定づける写真や映像の存在です。

しかし、不倫を認めさせる上で、デートの約束や一緒に手をつないでいる写真等でも十分に効力を持つ証拠だと認められているという背景もあります。
つまり、現状性的関係だけではなく、お互いの恋愛感情を指し示す行為が確認できればそれは浮気ということになるのではないのでしょうか。これは非常に難しい問題ではありますが、過去に比べて現代では個々人の心情というものが強く尊重されるようになってきています。個人的には、浮気という行為は、夫以外の他者と恋愛関係に至ることで(性的関係ではなくとも)、夫や子供の心情を踏みにじることを指すのだと考えています。
ですから公認の愛人関係であったり、何十年も別居し冷えきった関係にある夫婦が行うもは、現代における不倫という意味合いから少し外れているのだと私は思います。

気になっていたあの人と晴れて両思いに。

付き合いたての数ヶ月は、お互いが相手のことを大好きで、相手から愛されている実感があって、よそ見なんて絶対ありえない…。そんな幸せカップルも、半年、一年経つうちに、相手の嫌なところが見えてきたり、些細なことでイライラしたり。

当初は「この人とケンカなんてありえない!」なんて思っていたのに、気付けば毎週のように口論していたり。それはきっと、同じ人とずっと一緒に居ることに飽きてきてしまう、いわゆる「マンネリ化」の影響かもしれません。
うまくいかない恋人との関係にウンザリしている、そんな時、身近にいる異性がいつもより魅力的に思えてしまうことは、誰にでもあることです。
恋人のことで相談に乗ってくれたり、愚痴を聞いてくれたり、気晴らしに遊びや飲みに付き合ってくれたり…そんな優しい異性の友人に、ついつい甘えてしまって、会う頻度が高くなって、そんな時にふと頭に浮かぶのが「浮気」の二文字。
「いくら友人で、相談や気晴らしに乗ってくれているだけとは言え、これって浮気なのかな…?」
「彼氏/彼女以外の異性とも遊びたいけど、どこからが浮気なんだろう?」
そんなカップル達の聞くに聞けない疑問に、2つの「ココからは許さない!」という視点でお答えします。

【1】「2人きり」からは許さない!
浮気の境目のラインとして最も多いと考えられているのが、「2人きり」での時間を過ごすことです。
そもそも、付き合う前の男女が互いを恋愛対象として意識する機会こそ、「2人きり」での時間を共に過ごすことです。
異性と「2人きり」で飲みに行ったり、ご飯に行ったり、遊んだり、勉強したり。行動の内容は普通の友達と変わらなくても、それを「異性と」「2人きり」でしたという事実は、「相手に気がある」と言っているようなものなのです。
恋人に見つかったら、「浮気している!」と責められても、誤解を解くのに苦労するに違いありません。
異性の友人と息抜きに遊んだり相談に乗ってもらう時は、必ず複数人で会うように気を付けましょう。

 

【2】「身体の関係」からは許さない!
2人きりでも、お互い見知った人なら気にしない、ちゃんと毎回報告してくれればいい…そんな心の広いカップルでも、これだけは許さない。
それが「身体の関係」を持ってしまうことです。世の中にある浮気の境目のラインの中でも、最低限とも言える条件でしょう。
今までただの友達だと思っていた異性の友人に、お酒を交えながら愚痴を聞いてもらううちに、急に相手が恋人よりも魅力的に見えてきて、なんだか甘い雰囲気に…。相手があなたの弱っているスキに付け込んでくる可能性も、もしかしたらあるかもしれません。
ですが、異性と簡単に身体の関係を持つということに抵抗がない人は少ないです。それが自分の恋人なら尚更でしょう。
恋人に見つかったら、言い逃れることはほぼ不可能です。別れることはおろか、自分の人としての評価を落とすことに繋がりかねないことを、よく頭に入れておきましょう。

 

この2つ以外にも、「手を繋いだり腕を組んだりといった身体の接触から許さない」「身体の関係は良いけど、相手に愛情を持つことはダメ」「1週間以上ラインを続けることは浮気」といったように、人によって浮気のラインは様々です。
互いの多くを理解しているはずの恋人との間でも、もしかしたらそのラインは違うかもしれません。
取り返しのつかない食い違いになってしまう前に、一度「どこからが浮気?」と話し合ってみる機会を持つのも良いのではないでしょうか。
ただ、こうした話題を出す時は、「何か後ろめたいことがある」と捉えられる可能性もあるので、切り出し方に注意することを忘れずに!

 

以上、「これって浮気なの?異性との交遊と浮気の境目とは。」でした。

メニュー