マンションのおすすめお風呂リフォームはスリム給湯器の導入

築年数の古いマンションでは特に、最初からついている風呂釜自体が大きく、それが原因で浴室内のスペースを狭くしているケースがあります。

そのような場合におすすめのリフォームが、スリムな給湯器の導入です。

給湯システムをスリム化することでユニットバスを大きくできるので、今までは膝を折り曲げてお風呂に入らなければならなかったのが、足を延ばすことができるようになることも少なくありません。

また、最近のユニットバスは大きさの割に浴室のスペースを取らないものもあるので、浴室の大きさを変えるのが難しいマンションにも向いています。

実際、我が家も給湯器がスリムなものにして、さらにユニットバスを変えることで、お風呂の満足度が格段に高まりました

マンションのお風呂のリフォームは、戸建住宅に比べて制限されることもありますが、タウンライフリフォームの無料見積もりを利用したことで、理想とするお風呂が実現できるリフォーム業者に出会うことができてよかったです。

お風呂・浴室リフォームの人気ランキング

ここでは、人気の高いバス・浴室リフォーム用品をご紹介しています。バス・浴室のリフォーム商品を選ぶ際の参考になれば幸いです。

個人的には、快適な機能やお手入れのしやすさ、デザイン性の高さでお客様に人気の魔法びんのバスタブやアクセントパネルとして使えるウォールカラーがおすすめです

我が家は家族が多いので、「サーモバスS」の浴槽と排水口がとても重宝しています。また、浴槽と風呂蓋の両方に断熱材を入れてお湯を保温する「保温浴槽II」も人気の商品です。

そんなわけで、保温浴槽IIとカビシャット暖房換気乾燥に決めました。他にも迷った製品はありましたが、この2つの機能を備えていることと、見た目や価格でFZに決めました。

これまで無地のクリーム色だった壁パネルが、ウォールナット色になったことで、まったく違う雰囲気になりました。個人的なおすすめポイントは、「標準のウォールパネルの選択肢が増えた&オプションが安くなった! というのが理由です。

また、ベースはできるだけシンプルにして、浴室テレビなどの大きなオプションを付けたいというお客様にも人気がありますね。

マンションリモデルバスルームの口コミ・評判

浴室だけのリフォームの予定でしたが、洗面所とトイレも交換しました。すべてのバスルームが木目調になり、ナチュラルで落ち着いた空間になりました。

また、換気扇や乾燥機も付けたので、爽やかな空間になりました。お手入れがとても簡単な排水システムもおすすめです。掃除をする者として、これは画期的なことだと思いました。

目に見えない部分にも気を配った素晴らしい製品だと思いました。唯一の後悔は、魔法びん浴槽にしなかったことです。というのも、私は足がとても悪いので、入るのがとても大変だったからです。見た目はシンラに劣るかもしれませんが、機能的にははるかに優れていると思います。

私はキッチンで人大を使っていますが、同じような美しさがあり、お手入れも簡単だと思います。

ユニットバスのおすすめメーカーを比較

独自の断熱構造により、冬でも浴槽が温かく、スポンジの形状が溝の奥まで届き、皮脂汚れの除去や床の掃除がしやすくなっています。また、浴槽の外側とフタに断熱材を使用した「ダブル断熱構造」により、高い保温性を実現しています。

マンションなどの集合住宅では、「伸びの美浴室」が一番の人気商品です。

スイッチを押すだけで自動的に掃除ができる「おそうじ浴槽」や、内蔵の活性炭で髪や肌のトラブルを軽減する「浄水シャワー」など、あると嬉しいオプション機能が充実しています。

クリナップのお風呂には、キッチンや洗面台などの水まわり製品を数多く手がけてきた同社らしいアイデアが詰まっています。また、断熱材を巻いた「高断熱浴槽」を設置することで、浴室の省エネ化を図ることができます。

ハウステックは、キッチンや給湯器、バスルームなどの家庭用水まわり製品に特化した、信頼性の高いメーカーのひとつです。

保温性の高い浴槽や、安全性に配慮したバリアフリー設計の浴槽など、幅広い商品を展開しており、ニーズに合った機能を持つユニットバスを選びやすくなっています。

一戸建て用の「フェリテプラス」は、浴室空間の快適性・清潔性・安全性を追求した商品です。また、石けんの洗浄成分をきちんと発揮できるため、洗浄効果も向上しています。