ナチュロルの評価※ドッグフードの特徴や成分を調査!口コミはホント?

獣医師さんもおススメするというドッグフードの『ナチュロル』ってどうなの?
ナチュロルに決めている飼い主さんが多いと聞き、評価の高さを調べました。

愛犬家に今大人気の、ナチュロルドッグフード。

人の食事に対しては無添加食材やオーガニック食材への注目も集まっていますが、それは愛犬にとっても同じ。

特に、ペットは自分で自分の健康管理をすることができません。
安心・安全で、ワンちゃんの体に一番負担の少ないご飯を選んであげることが大切ですよね。

最近、愛犬家の間で話題となっている【ナチュロルのドッグフード
その人気の理由はどこにあるのでしょうか?

ドッグフードを変えるときは、ワンちゃんに合っているかどうかや、継続して与えられる値段かどうかなど、気になる点が多いはず。

そこで、今回はナチュロルのドッグフードの評価を徹底的に調べ、まとめました。
ワンちゃんに最適なドッグフード選びの、ヒントにして下さいね。

私がドッグフードに疑問を持った理由

ドッグフードには、品質に大きな幅の開きが

市販されているドッグフード裏の成分表示、見たことがありますか?
私は以前、愛犬『きなこ』に市販のドッグフードを与えていました。

しかし何の気なしに裏面の成分表示を見たとき、実態の分からない添加物がたくさん含まれていることに気付いたのです。

着色料・香料・酸化防止剤・保存料
特に、着色料は一種類だけでなく複数含まれていました。

一度調べ出すと色々と気になりだし、本当に愛犬の健康に良いドッグフードってどんなものなのか、徹底的に知りたくなったのです。

正体の分からない穀物を使っているドッグフードはとても多い

穀物メインで作られているドッグフードは値段も手軽、そして腹持ちが良いという特徴がありますよね。
穀物の多く含まれた餌は、愛犬の消化機能に負担をかけてしまいます

チキンミールやラムミールは一見良さそうに見えます。
しかし。
ミールというのは粉末状という意味で、鳥や羊の骨や臓器など、様々な部位が含まれているので、ワンちゃんの体には悪影響となることもあります。

着色料や香料の含まれていない、比較的値段の高いドッグフードでも、良い原材料を使っているとは限りません。

このことを知らない人も多いため、知らず知らずのうちに、愛犬の体に負担が蓄積され、原因の分からない便秘をしたり、体の機能が低下したりすることも、決して珍しくありません。

【お医者さんが推奨する】というドッグフードでも

実際には添加物や保存料が含まれているものもあります。
【良質な素材を厳選して使用】などと書かれていても同じです。

良いドッグフードはたくさんありますが、完璧なまでに無添加で原材料にもこだわりぬかれているドッグフードは少ないもの。

主治医に勧められたドッグフードの場合、味や匂いが気に入らないことで、ワンちゃんが食べてくれないということもあります。

  • 主治医が勧めるもの
  • 本に書かれていること
  • ネットの口コミ

すべての情報がバラバラ。

愛犬きなこのためにどんなドッグフードを選べばよいか、分からなくなることもありました。

ナチュロルを選ぶ理由は【総合的な評価】にあり!

ナチュロルのドッグフードの特徴は?

ナチュロルのドッグフードは、愛犬の健康と長生きをサポートするというコンセプト。
20年長生きできるドッグフード、などともいわれています。

愛犬の様々な体の不調や、健康状態を改善することに役立つドッグフードなのです。


『元気がない』『食欲が落ちた』『毛艶がない』
このように、なんとなく健康状態に不安がある愛犬にも適しているのです。
もちろん、育ち盛りの子犬や、体の機能が弱り始めている老犬にも推奨!

愛犬の食生活を根本的に改善することができる

  • 栄養価が高い
  • カサ増ししていない
  • 余計な原材料や害となる添加物を含まない
  • 国産の原材料のみを使っている
  • 品質管理が徹底されている
  • 適切な価格設定がされている
  • 適切な価格設定がされている
これをすべてクリアしているドッグフードです。

愛犬が持つ本来の体の機能をしっかり維持すること。
また、栄養価の高い食事をさせてあげること。

シンプルですが、基本的な食生活の改善にはとても重要な要素になります。

ナチュロルの成分をチェック・解説してみた

原材料をチェック!

ナチュロルのドッグフードは、新鮮な生肉を使って製造

新鮮牛生肉・新鮮鶏生肉・新鮮馬生肉・新鮮魚生肉・魚粉・海藻・さつまいも・ジャガイモ・ココナッツ・ひまわり油・安定・持続型ビタミンC・天然バイオフラボノイド・煎りごま・乳清・脱脂粉乳・オリゴ糖・乳酸菌群

以上が、ナチュロルのドッグフードに使われている全ての原材料。
原材料も、素材そのままの物が多く、添加物は最小限。

ビタミンやミネラル系の添加はされていますが、害となるような不安なものは一切排除しています。
穀物系が全く含まれていないのも、優れたドッグフードとして評価できるポイントです。

市販のドッグフードには穀物系・添加物が多い

ラムミール・スチームオート麦・米・玄米・トウモロコシ・グルーンフィールドマメ・動物性脂肪・チキンミール・チキンダイジェスト・オメガ脂肪酸・ビタミン群・葉酸・ビオチン・硫酸銅・銅キレート・硫酸亜鉛・マンガン酸化物・硫酸鉄・カルシウム・ヨウ素・キャノーラ油・他(含まれているものが多すぎるので割愛)

このドッグフード、名称にドクターと名が付く製品で、値段も1kg当たり2,000円。
安さが売りの、1kg当たり数百円のものはやはり、低品質でも仕方がありません。

しかし、それなりに価格の高いものでも、中に何が入っているか分からないものもあるのです。
安価なドッグフードは、穀物をメインに作られています。
犬は元々肉食動物なので、穀物を大量に消化する機能は備わっていません


愛犬に最もふさわしいのは、肉や魚などのタンパク質。
ただ、タンパク質なら何でも良いというわけではありません。
チキンミールやラムミールのような粉末状で、何が含まれているか分からないようなタンパク質では意味がありません。

ナチュロルのドッグフードは、新鮮な生肉を使って製造しています。

アレルギーのある子にも!

ナチュロルは徹底したグレインフリー!

ナチュロルは、愛犬に不安な添加物は一切含まれていません。
さらに、評価が高まっているのは徹底した【グレインフリー】です。

グレインとは、穀物のこと。
グルテンフリーのドッグフードは多くありますが、豆類も含まないというのもポイントです。
豆に対するアレルギーを持つワンちゃん、実は多いのです。

グルテンフリーだけでなく、グレインフリーも実現していることで、アレルギーのある愛犬にも安心して与えることができます。

また、豆類はアレルギーを持っていない犬でも、多量に食べたり、長期間食べるのは良くないとされています。
長期にわたって食べることで、アレルギーを発症する可能性も。

愛犬の長期的な健康のためを考えれば、グルテンフリーだけではなく、豆類を含むグレインフリーのドッグフードを選ぶことも必要な選択です。

ナチュロルの口コミは?悪い評価ってある?

愛犬のお気に入りのドッグフードを変えるとなると、不安も大きいです。
食品なので、愛犬の好みなどによって、評価は違うものですが、高評価と低評価の両面から口コミを比較しました。

実際にナチュロルを食べさせている方の口コミがこちら。

良い口コミ

  • 愛犬の食いつきがいい!
  • 包装がアルミ製で雑酸素シートが入っているのが良い
  • 原料のにおいが自然
  • 柔らかく老犬でも食べやすい
  • ウェットフードに混ぜなくても食べた
  • 便の調子が改善した・毛のツヤが良くなった
  • 便の調子が改善した・毛のツヤが良くなった

悪い口コミ

  • 魚のにおいが気になる
  • 形状が少し食べにくそう
  • カリカリの餌が好きな犬は好まない
  • 味が薄いのか食べが食いつきがいつもより悪かった
  • 便が緩くなって困った
  • 量が少ない・大型犬にはコストがかかる
  • 量が少ない・大型犬にはコストがかかる

良い口コミも納得できるものが多かった

まず、原材料には保存料・酸化防止剤を使用していません。
そのためパッケージはアルミ製で、品質を保ちやすい形状になっていて、高評価。
無添加なのに愛犬の食い付き方が良いという口コミはとても多いです。

youTubeでは愛犬にナチュロルを与えている様子をアップされている愛犬家の方も。
実際に動画を見てみましたが、ペロッと食べて、もっと欲しそうにする様子が見られました。

毛並みの良い犬、毛足の長い犬などは毛のツヤが魅力ですよね。
実際に、黒のラブラドールを飼っている愛犬家さんからは
「黒光りして元気すぎるくらい(笑)」という口コミも寄せられています。

毛並みの良さ、ツヤは健康状態を判断する目安ともなるので、ナチュロルの栄養価の高さが表れているのでは。

悪い口コミの理由を考えてみた

便が緩くなる

市販のドッグフードにはビートパルプというものが含まれていることが多いです。
ビートパルプはサトウダイコンから作った、カサ増しのための原料。

食物繊維が豊富なのですが、肉食の犬にビートパルプは悪影響となることも。
害のある原材料ではありませんが、便を固くしてしまうことがあるのです。

ナチュロルのドッグフードに切り替えたとたん、便が緩くなるというのはむしろ自然な現象

またドッグフードを変えてすぐの場合、便の調子が安定しないこともあるので、しばらく経過観察してみましょう。

食いつきが悪い・量が少ない

良質な生肉を主成分としているので、一粒当たりのカロリ―や栄養価が高いのも特徴。

かさ増ししていない分、よく食べるワンちゃんには物足りないと感じられてしまうことも多いようです。

特に、大型犬は食べる量が多いのでコストが高くなる可能性があります。

さらに、添加物が入っていないことで味が薄いと感じ、食べが悪くなるというワンちゃんも。

他のドッグフードには、塩化カリウムが添加されていることも多いため、ナチュロルの味に物足りなさを感じることもある様子。
悪い評価に関しては、物足りなさや味の薄さなどが目立ちます。

人間でもそうですが、体に良いものや自然なものは、味が薄く、素材本来の味を楽しむものが多いです。

ドッグフードも同じで、添加物が多く、味付けの濃いものほど体に悪いという縮図があります。

毛並みがパサつく・艶が落ちてしまう

ナチュロルの祖脂肪が非常に低いこと。

7~9%という値は、とても低い数値。
つまり、含まれている脂肪が少なく、ヘルシーということ。

ヘルシーなのは良いですが、今食べているドッグフードと比較して、脂肪の摂取が急激に減るのは注意が必要です。
毛並みがパサついたり、艶が落ちてしまうこともあるようです。

実際の口コミには、そのような報告はありませんが、その可能性もあると覚えておきましょう。
このように、これまで食べていたドッグフードによって、愛犬の様子にいくつか変化が出る可能性も

ただし、それは害があるために起こる変化ではありません。
少しずつ慣れさせ、健康的な食事にシフトさせていくことが大切ではないでしょうか。

ナチュロルの値段の評価はどう?

体重3kgの小型犬で1日当たり191円

ナチュロルの原材料、口コミ評価に関しては、なかなかの高評価でした。
しかし、いくら良い製品でも、毎日食べさせるものですから、リピートできなければ意味がありませんよね。

ナチュロルのドッグフードの値段は、1.7kgで6,000円。
公式HPからの購入の場合、初回お試しで30g(体重3kg前後の小型犬1回分の量)が100円で購入できます。

体重3kgの小型犬の場合の、消費スピードを計算してみました。

  • 1日2食で、1日当たり必要な食事量は63g
  • 1.7㎏入り÷63g=26日
  • 4,980円÷26日=191円

定期購入1回分で、約26日間持ちます。

日割りで計算すると、1日当たりの餌代は191円
体重によって、もう少し1日当たりの値段や、消費のスピードが上がります。
しかし、高品質なドッグフードなのでコストパフォーマンスは良いです。


同じくらいの値段で、ここまでこだわり抜かれたグレインフリー商品はないのでは。

愛犬が気に入れば、2回目からの定期購入で4,980円に
通常より、1,020円お得になります。

海外の有名なドッグフードとほとんど変わらない価格設定になっています。
愛犬家の口コミ評価では、これだけの高品質でこの値段は妥当。
むしろ良心的な価格設定との声もあります。


期間限定の100円お試しや、全額返金保証もあるので、ワンちゃんの口に合わずムダにしてしまうことはありません。
そのため、ナチュロルのドッグフードのリピート率は96%というのにも、頷けます。

ドッグフードの値段には、理由がある

高い材料費を使って、品質の良いドッグフードを作るのは当然のこと。
逆をいえば、安い価格で質の高いドッグフードを作ることはできないのです。

  • 国産
  • 無添加
  • 高品質

この条件がしっかり揃っていることは明白なので、値段設定は妥当な価格だと評価できます。

また、ナチュロル最大の売りは『新鮮な肉や魚だけを使う』『カサ増しを一切しない』『完全なグレインフリー』。
穀物と肉・魚では、当然後者の方が高価ですよね。

最近ではドッグフードの添加物や、栄養・愛情のことを考えて、手作りご飯を与えている愛犬家の方も少なくありません。

どんなドッグフードを与えればよいか分からなくなり、最終的に手作りに行きつくケースも多いもの。
しかし、手作りにはデメリットもあります

  • 愛犬用に別の料理を作る手間
  • 持ち運びできない
  • 保存がきかない
  • 手作りでも良いか自信がない
ドッグフードは主流の現代では、手作りの餌への不便や不安が多いのも事実。
最終的に行きつくのは、手軽に与えられ、安心な素材を使っているドッグフードなのです。

ナチュロルの評価まとめ

愛犬家とワンちゃんのために作られた、優しさのドッグフード

ナチュロルのドッグフードは、厳しい目線で製品を選ぶ愛犬家たちにも、高評価を得ています。
総合的に見て、特に問題のある点や、欠点と言うべき点は見つかりませんでした。
また、コストパフォーマンス的にも優秀。

色々なドッグフードがありすぎて、どれをえらえばよいか分からないという方にも、ナチュロルを推奨できます。

愛犬は、自分で自分の健康管理をすることができません。
飼い主さんの意識や、愛情によって、愛犬の一生は大きく左右されてしまいます。

低品質なドッグフードや、消化に負担のかかりやすい穀物系のドッグフードを与えていると、体の不調を起こしやすくなることも。

愛犬が苦しい思いをするだけでなく、病院代や薬代など、医療費の出費も多くなります。
犬も人間と同じで、食べたもので体が作られていると考えてください。

粗悪なものや、犬の体の機能に負担をかけるような食事は、なるべく避けたいもの。

愛犬とあなたが、笑顔で長く一緒に暮らすために、ナチュロルのグレインフリー&無添加ドッグフードを、ぜひ試してみませんか?