編集画面では動画は再生されません。

みなさんはどう思っとんなる?

京丹後市がこのままじゃダメになるって声をたくさん伺います。僕もこのままじゃダメになるって思います。
京丹後市はなにもないまちだって声も聞きます。僕は魅力あふれるまちだって思います。

僕は26歳。丹後歴1年。圧倒的に未熟で新参者です。しかしこのまちの未来を支える決心をしました。わかもの・よそもの・元教員の自分が京丹後市の政治に身を投じることによって、より多くの方々の想いを聴き、行動していきたいと思っています。

自分一人で考えていたって、知らない政治家に任せていたって何も分からない。何も変わらない。

あきらめないでください。自分たちが住むまちをどうするのか。ひとりひとりがどんな行動をするのか。

関心を向けて、意見をもってほしい。その意見を形にするために行動することが大事だと思うから、僕は挑戦することを決めました。


鳴海まさのりの提案

京丹後を教育のモデルケースに


鳴海まさのりがみなさんと一緒にやってみたいチャレンジ。
それは、教育でまちおこしをすることです。

鳴海まさのりの3信条

京丹後に惚れました!
京丹後はこれからもっと盛り上がるに違いない。そう確信しています。
なぜなら、これから「ものを大切にする時代」が来るからです。
“みんなで” 考えたい!
まちの課題は複雑で絡み合っています。どの課題も一筋縄ではいきません。解決するためには、あらゆる立場の人が意見をもち、議論し、行動していくことが肝心だと思うのです。
学校をみんなのものに!
学校は全市民の生活に大きく関わる課題です。みんなで学校について考え、知恵を出し合い、行動するまちにしたいです。
学校をみんなのものに!
学校は全市民の生活に大きく関わる課題です。みんなで学校について考え、知恵を出し合い、行動するまちにしたいです。

その他の重要テーマ

 移住促進 

学校に予算をかけることを決め、教育によるまちおこしに取り組めば、京丹後市の人口減少の歯止めをかけることができるでしょう。人口増加は3ステップで起こります。

 環境と観光 

少しずつ行動を変えていかないといけません。いやいや変えるのではなく、楽しく取り組めるようなアイデアを考えたい。京丹後市なら出来る気がするんです。

 食育・給食 

京丹後市の方針として地元産のものを使っていくことを定めましょう。生産者の安定、消費者の満足に加えて、後継者育成にもつながるからです。

シリーズ先人に学ぶ
~他自治体の取り組みを丹後でも~

隠岐島前教育魅力化プロジェクト

教育から、地域の未来を切り開いた事例の一つです。人口推定を上回り、出生数もガツンと高まっています。

台湾の大臣による行政のデジタル化
政治も一方通行じゃダメになる。ネットを使えば、いろんな立場から議論される。市民にとって納得がいくのは、「自分も意思決定に参加できる」という実感ではないでしょうか。
子育て世代向け人材センターの新設
子育てをする方向けの人材センターを設けたいです。子育てと仕事を両立させていくためには、個別のケースに合わせた働き方が必要です。

鳴海まさのりオンラインサロン「マツリゴト!」

移住1年で政党支援、地元支援、お金もない状態で
激戦の京丹後市議会議員選挙に当選した
26歳最年少政治家鳴海まさのりのオンラインサロンです。

鳴海まさのり略歴

1993年 大阪府豊能郡豊能町に生まれる
2012年 京都教育大学教育学部入学
2016年 京都教育大学大学院教育学研究科入学、教育哲学を専攻
2018年 大学院を1年休学し、沖縄県八重山郡小浜島3か月・北海道知床3か月・小笠原諸島父島6か月の試住
2019年 京都教育大学大学院卒業、かぶと山小学校(久美浜)に赴任
2020年 市政から教育を、まちをよりよくしていくために立ち上がる

お問い合わせ

narumi.kyotango@gmail.com
080-1508-7066


団体概要

団体名 鳴海まさのり後援会
代表者 櫃割仁平
設立年月 2019年12月23日
事務所住所
京都府京丹後市網野高橋568
事務所住所
京都府京丹後市網野高橋568