ナップナップ(napnap)

肩こりや腰痛に悩むママのために


赤ちゃんはご両親にとって世界一の宝物!


でもまだハイハイもできない赤ちゃんと一緒に移動する時はベビーカーに抱っこ紐にとママの肩と腰はストレスだらけ…。


毎日のお買い物はもちろんちょっとした家事をするだけでも肩こりや腰痛に悩まされるようになります。


そんな子育て中のママたちの肩こりや腰痛をなんとかしたい!


今回ご紹介する「ナップナップ」はそんなお悩みに応えるために開発された「抱っこ紐」のブランドです。


人の上半身は第五腰椎で支えられています。抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたりベビーカーを持ち上げる時などは第五腰椎にさらなる負荷がかかり、育児中のママは腰痛になりやすいと言われています。


近年は抱っこ紐も肩への負担が軽減するようなパットや緩衝ジェル入りのタイプが売られ、人気を博しています。


でも肩への負担を軽減させるだけでは子育てママの腰痛対策としては不十分。


それに緩衝材が多く配置されているということは見た目がごつくなり子育て中にもおしゃれを楽しみたい人にとっては不満の材料になってしまいます。


ベビーカーに乗せている時はかさばってカバンにしまうのも一苦労…。毎日使うものだから実用性と使用感の両立は抱っこ紐の命題と言えるのです。


そこで「ナップナップ」を開発するにあたり子育てのプロである保育士さんと保育園に通うお子さんのママたちにアンケートを実施。こうした詳細なデータを集めることで本当に納得出来る抱っこ紐を作ろうとしたのがスタートなのです。


抱っこ紐にもとめられる意見

保育士さんと子育て中のママへのアンケートの結果、ほとんどのママたちが2個以上の抱っこ紐やスリング、おんぶ紐などの子守帯を所有しているということがわかりました。


新米ママたちは子供がこんなに大きくなるまで抱っこしなければならないとは想像もしていなかった人が多く、デザイン性と価格、新生児サイズの子守帯を選んでしまっているからです。


しかし、使っているうちにだんだんと子供が成長し肩や腰にかかる負担も大きくなっていくので肩こりや腰痛が悪化してしまいます。


そのようなさまざまな子育てに関する悩みを聞き取り、アンケート調査の結果子育てママに必要な抱っこ紐を開発するにあたり重要な6つのキーワードを導き出しました。


・肩や腰への負担軽減
・赤ちゃんの快適さ
・持ち運びの便利さ
・安全性
・着脱が容易
・デザイン性


です。


抱っこ紐にもとめられるこれらの要素すべてを高次元で融合させたのが「ナップナップ」なのです。

抱っこ紐を安全に使うために…

子守帯は抱っこ紐が主流になり、それに伴いしゃがんだ時の落下事故が増加しました。


平成26年の東京都商品等安全対策協議会では乳幼児の転落事故を防止するための取り組みについてその必要性が提言されています。


・業界への取り組み:抱っこ紐の生産メーカーや輸入業者に対しその安全性を確保するために東京都は「商品等安全対策協議会」を設立しさらに「一般財団法人製品安全協会」を2015年に設立しメーカーや業者、育児中の親に対しリーフレットを配布するなど安全対策への啓蒙を行っています。


・製品仕様の改善提言への都の取り組み:赤ちゃんが抱っこ紐から滑落する事故の多くが抱っこしている親が前のめりになる体制(前かがみで何かを拾うとするなど)の時に発生していることを鑑み、前かがみになった時の肩ひもの緩みが原因ですり抜けや転落が起こらないような製品の改善をメーカーに提言しました。


都の協議会では事故の再現実験を行い、製品の改善点を検討。前かがみになった時に生じる隙間からすり抜けや転落を防止するために子供の腕を通す空間を新たに設ける、シート内側に子供の体を固定させるポケットやベルトを設けるなどの提言案をまとめました。


・3割が「ヒヤリ!」:東京都が行った調査では“子守帯でのすべり落ち事故を経験したことがある、もしくは落ちそうになったことがある”と答えた人は全体の約30%に上ったということです。


このうち転落した(もしくは転落しそうになった)と回答を得た内容を精査したところ、乳幼児の年齢は「6ヶ月以上12ヶ月未満」が35%で最も多く、回答数143件のうち実際に転落事故を起こした件数は25件でした。


主な原因は「保護者の不注意だった」というデーターも公表されています。


こうした抱っこ紐をめぐる安全性の問題がクローズアップされる中で「ナップナップ」では協会が推奨する安全基準を満たしさらに独自のモニタリング調査でより安全性の高い抱っこ紐を開発し「SGマーク」を取得した製品のみを販売しています。

子育てママにはこんな悩みがつきものです…

商品開発にあたり実際に子育てしているママやプロの保育士の方に伺ったところ、次のような悩みが多いということがわかりました。


・お悩み01.家事が全然はかどらない

赤ちゃんはお母さんの家事の都合なんてお構いなし!すぐにぐずってしまい全然家事がはかどらない!


でもあやしたりオムツを替えたり、ミルクを与えたりとやるべきことがたくさんありすぎて大変!!


こんなお悩みが子育てママには一番多いということがわかりました。


そんな時はシンプルで機能的、しかも値段もリーズナブルなベビーキャリー「BASIC」がおすすめです。


おんぶ紐としても使えるし、授乳時のだっこサポートアイテムとしても利用できます。両手がふさがらないから赤ちゃんをあやしながら家事を行うことが可能です。



・お悩み02.子育て中でもおしゃれしたい

赤ちゃんはずっと部屋のなかで育てていればいいというものではありません。


小さい頃から外の世界に連れ出すことで情緒や知育、社会性などを育むことができます。


でもベビーカーは重いし何かと不便。家で使っているいつもの抱っこ紐だと生活感がにじみ出ていて地味で外出は躊躇しちゃう…。


そんなママには機能的で大人可愛いデザインの「UKIUKI」がおすすめ!


都会的でモダンなデザインしかも機能性はばっちりなのでおしゃれして赤ちゃんと一緒にお出かけしてくださいね。



・お悩み03.子供が動き回るようになると抱っこが辛い

子供が立って動き回るようになる頃には積極的にお出かけすることも多くなります。公園デビューや遊園地、家族総出のハイキングなど思い出作りも子育ての楽しみの一つですね。


子供が喜んではしゃぐ姿をみるのは親としても最上の喜びです。


でもはしゃぎすぎて帰りはいつもおネム…。結果ママが抱っこして重たい荷物を抱える羽目になりがちです。


成長した子供を抱っこすると腕がしびれて辛い…こんなお悩みも多く寄せられました。


そんな時は「Compact」がおすすめ!たたむとB5サイズのポーチに収容可能ですし、重さもたった400gだからバックに入れて楽々持ち運ぶことができます。


もちろん高い安全基準をクリアしたSGマーク取得製品なので安心してお使いいただけます。


「ナップナップ」ではベビーキャリー以外にも育児に役立つアイテムを豊富にラインナップ!育メンパパにもぴったりな迷彩柄のベビーキャリーも好評です!


商品に関する説明書は公式ホームページからもダウンロードできますのでご購入前にお役立てください。


子育て世代のママやパパを全力で応援するアイテムは次の通りです。


・ベビーキャリー(子守帯)
・よだれかけ
・新生児パッド
・保冷、保湿ジェル
・非接触式温度計
・マザーズバッグ
・消耗パーツ:劣化しやすい消耗品をパーツ別に販売しているので同じ商品をメンテナンスして長くお使いいただけます。


商品に関する詳細な情報、お問い合わせなどは是非一度公式ホームページでご確認ください。

赤ちゃんにも安心できる抱っこ紐

ナップナップは赤ちゃんのいるお母さんのための様々なアイテムを開発し販売している会社です。


最近は様々な研究が進んでおり、赤ちゃんを効率的に育てるための方法や器具が生まれていますが、その中でも最も重要なのは赤ちゃんの頃から母親とのコミュニケーションを密にとり、その愛情をしっかりと受けることが大切であることがわかっています。


そのため抱っこをしている間も母親の表情が見えるような状態となることが望ましく、またこれらの姿勢を安定して保つことができることが非常に重要となるのです。


そのためナップナップではその実現のために研究を重ね安心して利用できる抱っこ紐を開発しています。


napnapの抱っこ紐の特徴は、お母さんの顔が見える角度を保ちながら、赤ちゃんの頭部をしっかりと安定させ確実性を持って姿勢を保つことができる点にあります。


従来の抱っこ紐の場合、その角度が安定せずにお母さんが歩いているうちに赤ちゃんの姿勢がずれてしまったり、また歩くたびに体が揺れることに抵抗を感じて憤ってしまうといったことも少なくありませんでした。


そのため安定して抱っこの体制を保つことができず、お母さんが非常に疲れてしまうと言う問題が発生すると言うことも多かったのです。


ナップナップではこの点に関し研究を重ねしっかりと姿勢を維持することができる構造となっていることから、安心して赤ちゃんを抱っこすることができるようになっています。


従来は赤ちゃんをおんぶすることが一般的となっていた時代もありました。


背中に背負うことで姿勢が安定し、赤ちゃんも母親のぬくもりを十分に感じることができ、落ち着くと言う考え方から来ている面が多いのですが、この場合には赤ちゃんの様子がわからないと言う問題もあり、急激にさまざまな変化を示すことが多いために、その変化に気づかないと言うトラブルが発生することも多かったのです。


近年ではおんぶすると言う姿勢をとる人は非常に少なくなり、前側に抱える姿勢となることがより子供が安定するということがわかっており、抱っこ紐を効果的に利用する人が増えてきました。


子供も母親の顔を見ると非常に安心すると言う心理的な部分もあり、近年ではこの姿勢で子供を連れて移動することが一般的となっています。


しかしこの方法にはいくつかの問題が存在します。1つは子供を前側に抱えることでその負担が非常に大きくなってしまう点です。


人間の骨格は前側に物を抱えたときに腰と背中でその重さを支えることになるため、姿勢が猫背になりやすく、また腰と背中に大きな負担がかかることになってしまうのです。


赤ちゃんの場合でもその体重は比較的重いことが多いため、上手にその重さのかかる位置を考慮しないと腰と背中を痛めてしまうことになり、抱っこ紐のかけ方は非常に重要な要素となっているのです。


世の中には様々なものがありますが、この点を十分に考慮していないものを使用すると体への負担が大きく問題を生じてしまうことも少なくありません。

子供と母親の関係を大事に

ナップナップはこのような対策を十分に行い、様々な角度から人間工学的に安定して疲れない姿勢を研究してこれらの様々な製品を製造している点が特徴です。


腰や背中にかかる負担を軽減するために、紐の長さや様々な角度などを十分に研究し、最適な状態となっています。


そのため、比較的長時間子供を抱っこしていてもあまり疲れない点が特徴となっており、また子供の姿勢も安定しているため非常に利用しやすいと言う点も特徴となっているのです。


ナップナップは他にも様々な製品を開発し販売していますが、これもすべて子供と母親の関係を十分に考慮した、安心して利用できるものとなっているのが特徴です。


赤ちゃんの場合には母親とできるだけ離れたくないと言う思いが非常に強いものです。


そのため抱っこの状態である場合にも常に母親の顔が見える状態が精神的に最も落ち着くとともに、包まれているような感覚に安心感を覚えると言うのが一般的な物です。


したがって様々な製品においても、この状態を感じることができることが最も安定した状態を保つことにつながるため、これらの点に関して非常に繊細な設計が要求されるものとなるのです。


ナップナップの製品はこれらの条件を満足し、また親にとっても子供を安心して連れて歩くことができる環境を生み出すことに役立っています。


napnapブランドの製品はこのような細かなところに配慮されているのが特徴です。


一般的なベビーグッズの中には価格の安さばかりを追求し、基本的な配慮を十分に行っていないものも少なくありません。


このようなものの場合には、特に長時間使用した場合子供に落ち着きがなくなったり、親が非常に疲れてしまうといった状況を引き起こすことにもなるのです。


この場合には十分なコミュニケーションをとることが難しくなってしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまうことも多いので注意をしなければなりません。


ベビーグッズの選び方には注意をしなければならず、napnapブランドはこの点に配慮したものであると言うことができるのです。

赤ちゃんの身体の事を考え尽くして開発

ナップナップは赤ちゃんを安心して連れて歩くことができる抱っこ紐を製造している会社として非常に有名です。


抱っこ紐は元来アメリカの母親たちのアイディアから生まれたものとなっていますが、子供の顔が見えるため非常に安心して連れて歩くことができると日本でも話題となり、現在ではほとんどの母親が子供を前側に抱っこして連れて歩くことが多くなっているのです。


子供も母親の顔が見えると安心しておとなしくなると言う傾向もあるため、特にアメリカで製造された様々なものが日本でも広く利用されるようになり、爆発的に普及した経緯があります。


しかし、アメリカで製造された抱っこ紐をそのまま日本で利用するには様々な問題を発生させることがわかってきました。


1つは、アメリカ人の子供は生まれた時から比較的体格が大きく、様々なベビーグッズはこれに合わせて製造されているため日本の赤ちゃんには大きすぎて使いにくいと言う点があったのです。


特に赤ちゃんのおしりが当たる部分の幅は外国人のサイズに合わせて大きめに作られていることが多いのですが、この場合には日本の赤ちゃんの場合足が広がりすぎることになり股関節を痛めてしまう危険が生じます。


この姿勢が長く続いた場合柔らかい赤ちゃんの股関節は必要以上に広がってしまい、将来体型が悪くなってしまうというトラブルを発生させてしまうことにもつながるのです。


赤ちゃんの頃は様々な体の関節や骨などが柔らかいことから、しっかりと安定した姿勢を保ってあげないと骨格が変形してしまうというトラブルも起こりがちであり、十分に注意をしなければなりません。


この点に着目したナップナップは様々なアメリカのベビーグッズの利便性を分析しながら、日本の子供の体格に合ったものを研究開発し、適切な機能を盛り込みながら商品化している点が特徴です。


抱っこ紐の場合は赤ちゃんのおしりが当たる部分の幅を日本の子供の標準的なものに合わせて設計し直し、また同じ姿勢を保っていることから様々な部分が固定されてしまい問題が発生することを避けるためあえて動きやすい構造とすることで、抱っこされた状態でも比較的自由に赤ちゃんが動けるスペースを確保することに成功しているのです。


このようなスペースを作ることで抱っこされていても赤ちゃんは比較的自由に動くことができ、さらに動いた場合でも親がその動きによって姿勢を崩してしまうことがないようにそのバランスにも充分配慮されている点が特徴となっています。

おんぶもできる抱っこ紐

赤ちゃんを連れて歩く方法として日本では古くからおんぶをしていくと言うことが一般的に行われてきました。


今でもおんぶをすることで安心して子供が眠ると言う状態になることも少なくありません。


ナップナップではこのような日本特有の子供の連れて歩く方法を考慮し、抱っこ紐でありながらおんぶするための紐にも利用できるような構造となっているのが特徴です。


すなわち、1つのもので抱っこをしたりおんぶをしたりと言うことに利用でき、しかもその安定感は非常に優れていることから安心して子供を連れて歩くことができるのが特徴となっているのです。


そのため様々な姿勢で子供を落ち着かせながら連れ歩くことができ、親の負担を軽減することができることにもつながっています。


さらに、使用しないときには、様々なパーツを1つの袋状のところに収めることができることから、ウエストポーチのように利用することが可能となっている点も非常に嬉しいポイントです。


子供を下ろしたときにその紐が前側に垂れ下がってしまったり、腰に結びつけなければいけないと言うのでは非常にその手間が多く、また見た目にもバランスが悪いものとなってしまいます。


おしゃれな母親の中にはこのような状態となるのが嫌なために紐を使用しないと言う人も多いのです。


使用しない時にもスタイリッシュに収納することができると言うのも、現代の利用しやすいベビーグッズの要素として非常に重要なものであり、様々な機能を満足しながらこれらの点にも配慮されているのがnapnapブランドの特徴となっています。


napnapブランドではその他にも様々なベビーグッズを製造していますが、そのすべてについて日本ならではの細かな配慮がされているのが特徴です。


現代の日本の様々なベビーグッズは、アメリカをはじめ海外の母親や父親のアイディアが十分に反映されている点が多いのですが、これに日本ならではの様々な要素を加えて非常に便利なものに発展させているのがnapnapブランドのベビーグッズの特徴となっているのです。


日本はアメリカと異なり様々な文化が非常に繊細な部分があるため、その部分を十分に考慮しなければ使い勝手の良いアイテムは生まれないと言う側面がありますが、napnapブランドはこの点にも十分に配慮し、総合的な利便性を追求することで子育てを支援するとともに母親や父親のプライベートな生活も支援する総合的なブランドとなっています。

いろんな職業のママが強力して開発

楽に子供を抱っこすることを可能にしてくれる抱っこ紐ですが、現在は様々な抱っこ紐が販売されています。


キャリーやスリングなど色々なタイプがあり、対応する抱っこの仕方も様々にありますが、おすすめはナップナップの抱っこひもです。


そのメリットやデメリットについてご説明します。


ナップナップnapnapというブランドを聞いたことがある人は、たくさんいるかもしれません。


抱っこひもといえばエルゴの方が有名ではありますが、ナップナップは日本製でアメリカの赤ちゃんと違って、日本人の小柄な赤ちゃんではしっかり入るというのが大きなメリットと言えるでしょう。


エルゴの場合だと赤ちゃんの股が開きすぎて、心配になるのではと思ってしまいますがナップナップの抱っこひもならば比較的コンパクトな作りをしているので、新生児の小さな赤ちゃんのうちからしっかり安心して使えることが大きな特徴です。


それからSGマークがついていてしっかり安全な設計であることは、保証されています。


整体師、保育士、子育て中のママが全員で協力して開発しているので様々なところに気配りが行き届いた良い製品なのです。


またコスパがとても良いのでエルゴ、アップリカやベビービョルンなどといった紐などと比べてもかなり安いというのが注目ポイントと言えるでしょう。


エルゴの場合だと、新生児から使えるセット揃えた場合25000円くらいしますがナップナップならば半額程度の12000円程度でしっかり新生児から使えるセットが揃えることができるのです。


また抱っこひもで強いのは赤ちゃんが落ちないかということですが、抱っこひもから赤ちゃんの落下などがニュースとなっている中ナップナップの抱っこひもは安全防止ベルトが標準でついているためまずその落下の心配はありません。


おんぶをする時に安全ベルトがついていないものはあまりお勧めできませんし、区民センターや東京都なども抱っこひも販売メーカーに読みかけて製品の改良を呼びかけているというのが事実です。


その点napnapの抱っこひもはしっかり落下防止ベルトが採用されているので小さな赤ちゃんの場合でも、おんぶの時はしっかりと落下から守ってもらいます。

新生児から使える抱っこひも人気おすすめ商品

さらにとてもコンパクトにたたむことができるので、収納もかなり楽チンです。ベビーカーの下にも簡単に入れることができますし、ベビーカーに降ろして時にぐずるかもしれませんが抱っこ紐を腰に巻いたままコンパクトにたたむという使い方もあるでしょう。


夏場などはエルゴの布素材のものとかだと赤ちゃんも扱ってしまいますが、ファスナーを外すことで全面メッシュに切り替えることも大きなポイントです。


またポケットが大きいので、手ぶらで買い物に行けるのも大きなポイントです。


思った以上にポケットは大きく小さな財布からオムツなども、入れることができます。近所の買い物ぐらいなら抱っこ紐だけで、十分なくらいのポケットの容量があるのです。


洗濯も、とても簡単です。抱っこ紐常に清潔に保つことができるように、選択がとてもしやすくなっています。よだれパッド付きのセットもありますし、ネットだと1万円以上なら送料が無料になるのでセットで買った方が良いでしょう。


よだれパッドどこで待っているので好きなデザインであれば、購入がオススメです。


抱っこ紐に新生児パッドを装着することによって、生後10日から5年後の抱っこひもを使うことができるようになりましたのでこの新生児パッドをうまく使ってしっかりと新生児の赤ちゃんを育てていきましょう。


ただし前向き抱っこは、このnapnapだと出来ません。前向きは赤ちゃんが外を向いていて進行方向と同じ方向を見ている状態のことです。


この状態は赤ちゃんの景色が良く見えてご機嫌になるというのはよくありますが、ほぼ前向き抱っこをする必要はなく対面抱っこばかりでいいのでそれほど必須の機能とは言えないでしょう。


また2人目3人目など長く使った場合には、言われてきてしまう可能性はあります。


napnapは、値段が安いのにかなりものがしっかり作られているのですが、アップリカや流行と比べると少し頼りない印象は拭えません。


2人3人などたくさんの、お子様に使うような場合は痛みが出てしまうかもしれません。


napnapがオススメな人は、なるべく低予算で抱っこひもが欲しいと思っている人や新生児から使える抱っこひもを探しているような人です。


また日本人体型に合った日本製のものが欲しい人や、人とはちょっと違うものにしたいと考えている人にもお勧めと言えるでしょう。


コストパフォーマンスが非常に良いですし、心配を全くないのでかなりおすすめです。


種類はシンプルな「ベーシック」と機能的でデザインも可愛い「UKIUKI」、それから柄が可愛くて軽量でコンパクトが特徴の「COMPACT」というシリーズが出ています。


是非日本製の物でいい物が欲しいと考えている場合は、このnapnapを検討してみましょう。

機能性と安定性を兼ね備えたナップナップ抱っこ紐

ナップナップの抱っこ紐は非常に機能性に優れていると高い人気を博しています。その中でも特に評価されているのがその安定性です。


これまでの抱っこ紐はしっかりと調節をしないと子供がずり落ちてしまったり、自由に動くことができないために憤ってしまうといったトラブルが発生しがちなもので、なかなか長時間使用することが難しい面がありました。


ナップナップのものはしっかりと固定することができる反面、赤ちゃんが中である程度自由に動くことができるスペースが確保されているほか、腕を出せるような構造となっていることもその自由度が高い要因となっているため、非常に使いやすいものとなっている特徴があります。


そのため長時間使用していても赤ちゃんが極端に憤ってしまうことがなく、また抱っこをしている母親や父親が極端に疲れを感じることがないようになっているのがポイントです。


さらにナップナップの抱っこ紐の特徴として使用しないときには折りたたんで収納することができると言う点があります。


これは赤ちゃんを下ろした時に抱っこ紐が前側に垂れ下がってしまう状態となるため非常に危険なこと、さらにその紐を講師に結ぶなどとして一時的に対象することもありますが非常に不格好な状態となってしまうことなどが、特に母親にとっては外見上あまり好ましくない状態となってしまうためです。


抱っこするための紐を身に付けていると周囲にアピールしてしまうような状態となるため、実際にはこれを嫌って使用しないと言う人も多く、赤ちゃんをしっかりと管理することができない状態になってしまうことも少なくありません。


そのため、ナップナップの抱っこ紐は使用しないときには折りたたんで収納することが出来るようになっており、見た目はウエストポーチのような状態とすることができるため非常に見た目がかっこよく収納することができるのが特徴です。


さらに見た目だけでなくウエストポーチのように様々なものを収納することができるスペースも確保されている点が特徴で、非常に様々な目的に便利に利用できるようになっているのがポイントとなっているのです。

高いデザイン性を持つベビーグッズ開発製造

ナップナップはベビーグッズのブランドとして日本では非常に人気が高まっています。


このポイントは日本の赤ちゃんとその親にとって非常に便利なアイテムを多数開発し販売している点にあります。


現代のベビーグッズのほとんどは海外の様々なデザインを利用したものが多く、ベビーカートなどもブランドならではの非常にデザイン性の高いものが人気となっていますが、海外の子供は日本の子供に比べ体が一回り大きいため、これに合わせた構造となっていることが多いのです。


そのため日本の赤ちゃんがこれを利用した場合に大き過ぎて様々なトラブルや危険を生じてしまうこともあり、十分に注意をしなければならないことも少なくありません。


ベビーカーは体に合ったものを使用しないと、中で赤ちゃんが暴れた時に様々なものが体に引っかかってしまい赤ちゃんが危険にさらされることも多いため注意が必要です。


またこれらのものを親が持ち歩く際にも日本の規格と合っていないことから問題を生じてしまうことも多いのです。


ナップナップはこの点に着目し日本の赤ちゃんには子供の体格や環境に合わせた形で海外の様々なデザイン性の高さを生かしてベビーグッズを開発し製造していることから、安心して利用できるものとなっているのがポイントです。


napnapブランドとしてこれらの特徴は共通的に生かされており、デザイン性とともに安全性も考慮されているものとなっているのです。


napnapブランドはベビーグッズの中でも非常に使いやすく、また安全性が高いのは特徴で多くの人に利用されていますが、そのもう一つの特徴として比較的価格が安いのも安心して利用できるポイントとなっています。


スタイリッシュなベビーグッズはその価格も比較的高く、子供が小さい時期しか使用しないものとしては非常に出費がかさんでしまうのが問題となることも少なくありません。


そのためより価格の安い中古品をリサイクルショップなどで購入すると言う人も増えていますが、中古品の場合には使い込まれたと言う側面があることから様々な部分が損傷していたり、安全性の面で問題を生じていることも多いのが実態です。


特に耐衝撃性などは長く使うことによって劣化する恐れがあることから、基本的には新品を利用することが子供にとっても非常に望ましいのです。


しかし外国製のスタイリッシュなものは、新品では非常にその価格が高いためなかなか購入することができないと考える人も少なくありません。


napnapブランドのベビーグッズは外国製に負けずとも劣らないスタイリッシュさを持っていながら、国産であるためにその価格を比較的安く設定できることで非常に購入しやすくなっているのがポイントです。


そのため安心して利用できることも大きな魅力となっており、抱っこ紐を始めとする様々なアイテムが非常に高い人気となっているのです。

長時間使用しても快適状態を維持できます。

ナップナップは様々なベビーグッズを開発し製造しており、非常に使いやすいものが多く子育てを行う母親や父親から高い信頼を得ています。


その中でも特に人気の高いのが抱っこ紐で、比較的リーズナブルな価格でありながらその機能性に優れ見た目にもかっこよく赤ちゃんを抱っこすることができるとして、特に男性にも人気のアイテムとなっているのです。


そのポイントは使用していないときのスタイリッシュさにあります。


通常の物の場合には、赤ちゃんを固定する紐の部分が使用しないときには前面に垂れ下がってしまうような形となっていることが多く、全てを取り外さないと収納することができない構造となっているものが多いためその収納場所に困ってしまうことも多いのです。


これを収納するために他のバックを持ち歩かなければいけないことになる場合もあるため、子供のほかに様々な荷物を持たなければならず非常に大変な思いをしてしまうことも少なくありません。


ナップナップの抱っこ紐の場合には紐の部分や赤ちゃんの見頃にあたる部分などを本体に収納することができ、見た目にはウェストポーチのようにスタイリッシュに収めることができるのです。


ウエストポーチを持っている人は非常に多いため違和感なく収納することができるとともに、両手を上げることができるのでそのまま子供を抱っこしたり、様々な作業を行う時なども邪魔にならず非常に便利に使用できる点がポイントとなっています。


また、ナップナップの抱っこ紐は様々な配慮がされている点も非常に利用しやすいと評価が高いのが特徴です。


赤ちゃんを抱っこする場合には様々な部分が当たって蒸れてしまうことも多く、長時間抱っこしていることができない場合が少なくありません。


赤ちゃんはこのような環境で我慢することができず憤ってしまったり、また無理して使用し続けると汗の跡が残ってしまうなどトラブルを発生させてしまうことが多いのですが、ナップナップの物の場合には蒸れないようにメッシュが効果的に配置されており、長時間使用しても快適な状態を維持することができるのです。


そのため長時間抱っこしていても子供が憤ってしまうことがなく落ち着いて利用できる点がポイントです。


さらに抱っこをする際には親の体にかかる負担も非常に大きいため、場合によっては腰や背中を痛めてしまうことも少なくありませんが、その重量を上手に配分するような構造となっているため長時間使用しても疲れが少なく安心して利用することができます。


子供にとっても疲れてくると親の姿勢が変わってくるので不安感を感じ憤ってしまうことが少なくありませんが、このような状態になることも少ないので安心して利用することができるのがポイントです。

安全性が優れているので大人気なベビーブランド

ナップナップのベビーグッズはnapnapブランドで展開されており、そのブランドのイメージとして実際に子育てを行う際に難しい問題を生じることがないよう、様々な配慮がなされていることが多く、細かなところにまで神経が行き届いているので非常に使いやすくなっています。


抱っこ紐の場合には単に赤ちゃんを抱っこするための機能だけではなく、赤ちゃんの世話をするための様々なアイテムを収納することが出来るようなポケットがいたるところに取り付けてあり、これらに効果的に様々なものを収納することができることで余計なバックなどを持ち歩かなくても良いのがポイントです。


通常赤ちゃんを連れて歩く場合には様々なものを持ち歩かなければならず、そのために両手を開けることができない状態となることも多いのですが、両手が空いていないと子供を抱いている場合には非常に危険な状態となってしまうことが少なくありません。


とっさの場合に両手を使うことができず問題を生じてしまうことも多いのです。


napnapブランドはこのような点にも配慮をして設計がされており、特に安全性に関する配慮が非常に高いため安心して利用できるものが多いのが特徴です。


さらにこの抱っこ紐にはおんぶするための紐としても利用できる機能が備わっている点も大きな特徴となっています。


海外のデザインが多い抱っこ紐の場合にはおんぶするための機能は基本的には備わっていないことが少なくありません。


これは海外では子供をおんぶすると言う習慣がないため、基本的に抱っこするための機能が備わっていれば良いのですが、日本の場合には子供をおんぶすると言う習慣が古くからあり、現在でもおんぶをして子供を連れ歩く人も多いため、その両方に使うことができる構造となっているのです。


子供によっては両方を使い分けなければならない場合もあるため、どちらにでも利用できるというのは非常に便利な機能として評価されています。


現在の日本で使用されているベビーグッズは海外で開発されたものが多いため、日本での使い方にはなじまない部分も少なくありませんが、そのかっこよさから使用すると言う人が増えているのが実態です。


napnapは海外のベビーグッズの良さと、日本ならではの特性を踏まえた使いやすさを両立させたアイテムとして非常に人気が高いのです。