Naomi Higuchi Official web site



樋口直美の公式サイト(ホームページ)です。

レビー小体病で体調に変動があるため、講演は、あまりしていません。

代わりに講演動画などの多くは、一般公開していただいています。

この病気への正しい理解が広まり、「認知症」への誤った見方が変わっていくよう

自分にできることを 続けていきます。



プロフィール

2013年に50歳でレビー小体型認知症と診断され、現在も抗認知症薬治療を継続。
2018年現在も幻視や様々な脳機能障害があるが、適切な治療と努力で良い状態を保っている。

日本医学ジャーナリスト協会賞 書籍部門 優秀賞受賞。

現在は、レビー小体病当事者として、主に執筆活動を続けている。
<主な執筆>
連載『誤作動する脳 レビー小体病の当事者研究』(「かんかん!」webマガジン by 医学書院
『熊谷晋一郎編 みんなの当事者研究』(『臨床心理学』増刊第9号) 
医師も患者もしあわせになる3つの提言』(『総合診療』2017年5月号 医学書院発行) 他

 現在、少しづつサイトの中を整理中です。

お知らせ

連載『誤作動する脳』更新しました。16回目『牢獄に差し込んだ光』。

2月に東大で行われた国立長寿主催の【認知症医療介護推進フォーラム】での15分のプレゼン動画です。(2分7秒目〜)

VR認知症 レビー小体病 幻視編」を音声で楽しめます。(最重要部分の90秒)

NHK『ラジオ深夜便』で昨年夏お話し。全編聴けます。

YouTubeにアカウントを作りました。悪戦苦闘していますが、少しづつアップしています。

日々の情報発信は、ツイッターで。

web site

さかなクンに習い、帽子が目印。オレンジは、認知症の啓蒙カラーです。
『誤作動する脳 レビー小体病の当事者研究』を連載中(「かんかん!」医学書院のwebマガジン)

web site

おすすめ

⭐️必読論文【小田陽彦:血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症. 臨牀と研究 Vol.95 2018】(見やすい抜粋

⭐️必読「本人にとってのよりよい暮らしガイド 一足先に認知症になった私たちからあなたへ」

⭐️スタート!「みんなの認知症情報学会

⭐️長谷川和夫先生が自らの認知症を語った記事が素晴らしい。こちらも。

⭐️「抗認知症薬を開始するにあたって 高齢者における留意点

⭐️認知症と間違われる「せん妄」の
わかりやすい必見動画。
(対策、予防法ほか)


web site

認知症とは何かを考え続けています。
現時点での理解をスライドに作りました。

認知症は病名ではなく状態

「認知症」は医学的には病名ではなく状態です。病気が進行し自立した生活ができない状態です。
がんにステージがあるように認知症を起こす数多くの病気にも段階があります。
今は早期診断が増え初期には低下している脳の機能は限定的です。思考力があり周囲の理解と支援があればできることの方が多いです。

web site

レビー小体病とは

レビー小体型認知症(DLB)とレビー小体病(LBD)を理解する図。⭐️ 記憶障害があるのはDLB通常型⭐️DLB純粋型は記憶障害が目立たない⭐️DLBでもパーキンソン症状(運動障害等)や幻視の出ない人がいる⭐️自律神経症状は必発⭐️薬剤過敏性は過半数に見られる⭐️適切な医療とケアで症状は改善する!

web site

おすすめの本

認知症とつく病気を診断された本人の本と、本人へのインタビューをもとに作られた本。
認知症の捉え方が変わります。

このスライドは、公開しています。自由にダウンロードして使って下さい。

web site

書いたもの

原稿集

今まで書いた原稿などを無料で公開しています。

⭐️診断され苦しんでいる方々へのメッセージ

⭐️認知症と医療の良い関係を目指すシンポジウム10分間プレゼンの原稿

⭐️【VR認知症 レビー小体病 幻視編】のための配布資料

⭐️レビー小体病特有のリアルな幻視を見る本人の気持ち・思い・考察

⭐️丹野智文さん(仙台)の「おれんじドア」に参加して 

ーーー ヨミドクターへの寄稿 ーーー
⭐️【相模原殺傷事件】普通の人間として、普通に生きるために

⭐️【意思決定】何もわからない人というとても大きな間違い

web site

.

2015年度日本医学ジャーナリスト協会賞書籍部門優秀賞受賞。 
書評等      アマゾン 楽天

web site

動画集(講演内容は時間と共に変化しています。情報も更新されています)

2015年

1月。レビーフォーラム(30分)
NPO法人 認知症ラボ 主催。
スライドも公開

10月。講演会(75分)。市民シンクタンクまちづくりエンパワメント主催。

11月。NHK「あさイチ」認知症誤診特集

12月。本間正人さん(京都造形芸術大学副学長。NPO学習学協会代表理事)とDr.高橋宏和とのトークイベント

12月。NHK認知症特番「わたしが伝えたいこと」。丹野智文さん、曾根勝一道さん、福田人志さん、DAYS!BLGの皆さんとご一緒しました。司会は、井ノ原さん(イノッチ)でした。
この番組から生まれた本が『認知症になっても人生は終わらない』。診断された本人に、最初に読んで頂きたい本です。

web site

2016年

1月。医療法人社団悠翔会(理事長 佐々木淳医師)主催。医療・介護職の方に向けて2時間お話し

4月。えにしを結ぶ会。大熊由紀子さん主催。高木俊介さん、上野秀樹さん、竹端寛さんと。(10分プレゼンを含む)

7月。D7。認知症フレンドシップクラブ主催。認知症当事者7人と楽しく語り合い。

9月黒田裕子記念神戸フォーラム2016。(医療者向け。プロ編集)1時間お話し

11月ディペックス・ジャパンの佐久間事務局長と対談。(佐久間さんが書かれた記事
 
11月ニッポン放送「ひだまりハウス」で朝田隆先生と。

web site

2017年

1月。VR認知症体験会in名古屋

1月。大牟田市主催「認知症ケア実践塾2016スペシャル」。(13分)

3月。NPO法人ユートピア主催講演会
六車由実さん司会、稲垣康次さん、笠間睦先生とご一緒でした。

5月。民放でのレビー小体型認知症特集
 ディペックス・ジャパンの動画を使用。

6月。伊勢市と伊勢地区医師会主催講演会。山川伸隆先生が司会。

8月。NHKラジオ深夜便・認知症カフェ。佐治真規子さんとお話し。

11月。介護まつりinなか 名古屋市中区主催の講演会

11月。コモンセンス知識と情動研究会。 「自己の変容と人間の多重意識」
竹林洋一教授(静岡大学)の研究会に無料登録すると私の1時間の発表や尾藤誠司先生 (東京医療センター)他の発表動画が観られます。

12月。「報道特集」若年性認知症特集。「VR認知症」映像もあります。

web site

DEPEx Japan

認定NPO法人 健康と病いの語り ディペックス・ジャパンは、がんや認知症の本人・家族が体験を語る動画を公開。私も協力。数分の短い動画が多数あります。

書籍化もされ、出版記念トークイベントも。
(上の写真はフリーライターで友人の 関佳子さんの作品)

web site

.

.

web site

2018年

2月。国立長寿医療研究センター主催「認知症医療介護推進フォーラム」での15分プレゼン。(最初の登壇者です。会全体はこちら

レビー小体型認知症サポートネトッワーク兵庫主催の会。

後日動画をアップします。

web site

インタビュー記事 

認知症ON LINE

2015年10月公開のインタビュー記事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⭐️2017年4月28日のYahooニュース。オノヨーコさんがレビー小体型認知症という報道を受けて医療ジャーナリスト市川衛さんからのインタビュー記事も是非!!(2つの家族会への連絡先も記事の一番下にあります。)

web site

認知症ねっと

2016年1月と7月に公開のインタビュー記事。
レビー小体型認知症の美しい母と娘をコメディータッチで描いた映画『話す犬を、放す』を監督した熊谷まどか監督との対談も。映画を撮るときに、拙著『私の脳で起こったこと』を参考にされたと伺いました。

web site

雑誌・新聞

雑誌 NHKラジオ深夜便」2017年12月
ハルメク」2017年12月
ドクタージャーナル」2016年1月
クロワッサン」2016年1月
ケアマネジャー」2016年6月
信濃毎日新聞」2016年10月
日刊ゲンダイ」2015年9月
産経新聞」2015年12月

web site

SNS

facebookは、直接お会いしてお話しした方、近々お会いする方に「お友だち」になって頂いています。ご理解頂けますよう、どうぞお願い致します。
メッセージにも不義理をしています。ご容赦下さいませ。

⭐️YouTubeのアカウントもあります。認知症関連の小さな動画集です。(四苦八苦しています。)

⭐️Twitterでは、自分用の覚書も兼ねて頻繁に情報発信しています。是非ご覧下さい。

web site

掲示板

レビー小体病本人同士の交流ための掲示板を管理しています。気楽にご参加ください。
(本人以外の方でもご参加OKですが、医療相談・介護相談などは、ご遠慮下さい。本人からの医療相談も受け付けていません。)

ご相談は、家族会へお願いします。
⭐️レビー小体型認知症サポートネットワーク
⭐️レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会ネットワーク

web site

認知症 本人が書いた本

東京でのブックフェアで紹介された本一覧。全本リンク付き。

web site

認知症告知に希望を!!

「早期発見・早期絶望」ってご存知ですか?絶望的な情報が溢れる中、何のフォローもサポートもない告知は、本人や家族にとって絶望にしかなっていません。
ある認知症専門医が、診察室で手渡す「希望のパンフレット」を作成・公開。(朝日新聞認知症オンライン
この取り組みの広がりを切望します。
レビー小体型認知症の基礎知識」監修

web site