直ちゃんは小学三年生 見逃し配信動画を高画質で無料視聴!

2週間無料!

直ちゃんは小学三年生を無料視聴できるParavi(パラビ)の特徴

Paravi(パラビ)の基本情報

おすすめポイント
国内ドラマの充実度とオリジナルドラマが豊富。
特にTBSやテレビ東京の番組が多い。
ビジネス系番組やバラエティ番組も充実。
月額料金
1,017円
*550円分のチケットが毎月もらえる。
無料お試し期間
2週間
月額料金
1,017円
*550円分のチケットが毎月もらえる。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめポイント

動画配信サービスの中ではParavi(パラビ)は後発組ですが、TBSやテレビ東京系の番組を中心にここ数年で一気にシェアを伸ばしています。

特に2020年に7年ぶりに続編が放送された半沢直樹シリーズはParaviで独占配信しています。

人気のTBSの日曜劇場をはじめ、テレビ東京系のビジネス系番組など他の動画配信サービスにはない独占配信も多く、ビジネスパーソンにも人気です。

特にドラマには力を入れており、Paraviのオリジナルドラマや地上波では放送されていない裏側部分を放送をしたり、とにかくコンテンツは豊富です。

他にも人気番組、水曜日のダウンタウンなどを始めとしたバラエティ番組の配信が多いのも特徴です。

Paraviは見逃し配信のドラマなどはほとんどが月額料金内で見放題ですが、新作の映画などは一部レンタルのものもありますが、Paraviの会員になっていれば毎月自動的に新作レンタルでも利用可能な500円分のチケットがもらえます。

2週間無料!

直ちゃんは小学三年生のあらすじやキャストなどまとめ

直ちゃんは小学三年生のあらすじ

小学三年生の直ちゃん(杉野遥亮)は、金持ちで頭の良い少年・きんべ(渡邊圭祐)、貧乏でガサツな少年・てつちん(前原滉)、そして泣き虫の少年・山ちょ(竹原ピストル)といつも放課後を一緒に過ごしている。見慣れないものを拾って大騒ぎしたり、些細なことで喧嘩したり……。「今」を一生懸命生きる彼らの日常を通して描かれる、少しブラックながらもどこかほっとするヒューマンコメディドラマ。

直ちゃんは小学三年生キャストと登場人物

直ちゃん・・・杉野遥亮
きんべ・・・渡邊圭祐
てつちん・・・前原 滉
山ちょ・・・竹原ピストル
タケモン・・・平埜生成
ジュンヤ・・・やついいちろう
鎌田・・・堀田茜
塩山・・・水嶋凜
はずちん・・・岡山天音

直ちゃんは小学三年生 第1話の予告動画

直ちゃんは小学三年生 第1話の感想

よくこれを撮影しようと思ったな。
考えた人すごすぎるし、形にした人もすごい。
白線の上を歩くとか、何時何分何秒地球が何回回ったとか、実際にしたりやったり言ったことばっかりで、すごく懐かしくて小学校の頃を思い出した。
くだらないことで盛り上がったり、日々をだらだら過ごして、人生を楽しんでた。
でも作品として面白いかと言われると微妙としか言えない。
懐かしいと思った気持ちを面白かったに分類していいのか。
でもメインの登場人物たちに悪い感情は浮かばなかった。
友達の給食費出しあおうしたりするシーンには素直にいい奴らだなと思えた。
悪い作品ではないと思う。
大人が小学生を演じるなんて大丈夫かな?と最初は思っていましたが、この人たちは小学生なんだと思い込んでみるようにしたら全く問題はありませんでした。子供ならではの会話がくすっと楽しめるし、純粋だからこその会話に癒されます。落とし物を拾って、それが価値があるものかもしれないと気づいたときの、みんなのびびった表情が面白かったです。子供の頃を思い出すことができて、そういやこんな会話をしていたと思い出して懐かしくなりました。
みんないい歳の俳優さんたちが小学生に扮していて、ちょっと違和感が最初はあったけど、見ていくうちに段々と本当の小学3年生に見えてきました。確かに小学生の頃の男子ってこんなことで盛り上がってたなーとか、こんなことの何が楽しかったんだろう?って思う場面も。カードを拾って試す場面での、かなりの冒険感や悪いことやってますって雰囲気が最高でした。すぐに警察に捕まったらとか妄想するあたりも、小学生ならではのあるあるに、わかるわかると共感してしまいました。
子供たちがメンコごっこをして遊んでいたので、昭和時代みたいだと思っていました。しかし、そのメンコはチャージできるカードだったようです。
髪の長い男の子は博識というか、小学3年生の割にはいろいろなことを知っています。彼の助言で、そのカードの怖さを知った彼らでしたが、警察におびえながらも使おうとしていました。
給食費払わない問題も出てきましたが、リアルな小学生像を描いている作品だと思いました。 
まず初めに出てきた、「登場人物は小学生」というのはどういうことだ思い、面白くて笑ってしまいました。まだ、1話ですがついつい見続けてしまいそうな気がします。登場人物が小学生だけだが大人が演じる、また個性豊かな所が、つぼにはまって面白すぎます。また、竹原ピストルさんが演じる「やまちょ」は演技のはばが広くて、余計に面白いです。次回の放送がものすごく楽しみで眠れません。
小学3年生を大人が演じると、それぞれの心の声や友達内での内緒話がこんなにリアルに表現できるのかと、目から鱗でした。
見始めた時は、ただの面白コメディーかと思いましたが、使えるか使えないのかわからない古いキャッシュカード(プリペイドカード?)を拾ってワクワクしたり、スリリングだったり表現がリアルで、どんどんこのドラマの世界観に引き込まれていきました。久しぶりに、自分が小学生だった頃を思い出してしまいました。次回が楽しみです。

直ちゃんは小学三年生 第2話の予告動画

直ちゃんは小学三年生 第2話の感想

子どもの時にやっていた遊びや会話が随所に出てきて、とても懐かしくなりました。特にエロ本を見て、その内容すらまだわかっていないのに、見てはいけない危険なものだとわかっている子供たちの反応が可愛かったです。友達のものを借りて、汚してしまってもそれの何が悪いの?って考える子供は、確かに存在していたし、その時は喧嘩をしてもすぐに仲直りする純粋さに癒されるなあと楽しく見ることができました。
やまちょは心優しい少年なのだと改めて思いました。彼がこの4人の中で一番大人しい感じがします。
どの子も小学生でいそうな感じがしますが、直ちゃんがやはり絵にかいたような小学3年生のような気がしました。今回はいじめっ子が登場したことで、展開がどうなるのか気になりました。
物を壊されたようですが、誰かを殴ったりなどのケガをさせなかったのは良かったです。一昔前の昭和のガキ大将ならば、喧嘩もしていたかもしれません。 

直ちゃんは小学三年生 第3話の予告動画

直ちゃんは小学三年生 第3話の感想

放送終了後に更新します!

2週間無料!