司法試験・予備試験の受験レビュー

弁護士を目指したいけど、何からはじめたらいいの?
というひとのためのサイトです。
社会人でも予備試験合格を目指せる?
自分のスタイルに合った予備校選びは?
昔そんな悩みをもっていた筆者が
法学初心者のための解決策をまとめました。

こんな悩みを解決します!

社会人でも予備試験ルートで弁護士を目指したい!
法学初心者でもイチから弁護士を目指せるの?
仕事に家事に育児。やることは山積み。そんな中でも司法試験受験なんてできるの?
仕事に家事に育児。やることは山積み。そんな中でも司法試験受験なんてできるの?
そもそも司法試験なんて超難関資格・・。
一体何年どのくらい勉強したら合格できるものなの?合格率は?
かけられる時間もお金も限られている・・。そんなときにどんな予備試験の予備校を選んだらいいんだろう?
かけられる時間もお金も限られている・・。そんなときにどんな予備試験の予備校を選んだらいいんだろう?

当サイトで比較した予備校

人気予備校5社を徹底比較

伊藤塾
法律を目指すものなら誰もが知る大手予備校で、司法試験以外でも法律系の資格に強いのが特徴。カリスマ伊藤塾長の講義を始めとしてカリスマ講師の講義にはファンも多い。また過去の実績は長年ナンバーワンを維持し続けている。
資格スクエア
常に新しいものにチャレンジする新興オンライン予備校。Youtubeやスマホプリなどもいち早くリリースし、あらゆる学習方法にアプローチする。19年の予備試験1位合格者を輩出して話題になり、実績も好調に伸ばしている。
アガル-ト
15年に開講された、この中で最も新しい予備校。また講義のオプションは選択の幅が広く、あらゆる環境の生徒に最適化されている。さらに、合格のための最短ルートのみに凝縮されたテキストは無駄がなく秀逸と定評がある。
LEC
言わずとしれた老舗の大手予備校。司法試験のみならず、その他数多くの資格も手掛ける総合予備校である。講義の数もこの中で最も多く選択肢がたくさんある。また、長年のデータの蓄積もありカリキュラムには安心感がある。
スタディング
2008年に開講したオンライン予備校で、どちらかというと通信講座に近いシステム。スマホで簡単に視聴できるのが特徴。また、その価格破壊ともいえるコスパで有名。1コマ30分以内でスキマ時間でも勉強しやすい。
スタディング
2008年に開講したオンライン予備校で、どちらかというと通信講座に近いシステム。スマホで簡単に視聴できるのが特徴。また、その価格破壊ともいえるコスパで有名。1コマ30分以内でスキマ時間でも勉強しやすい。
POINT
1

実際の体験談と口コミを多数記載

当サイトの運営者は、実際に予備試験講座の受講生であり、同時に司法試験・予備試験の受験生である。
その他の受験生との交流を交えて運営者の受験記だけでなく、その他実際の受験生の口コミやレビューも随時許可を得た上で反映している。
POINT
2

最新情報を常に配信中

運営者の実際に使っている最新の予備校教材・テキストについて実況中継形式で記事を更新していくことができる。
また司法試験・予備試験は近年、試験の要項や内容に調整が入る場合も多いが、随時自身も追いかけながらサイトへ反映することができる。
これは司法試験の合格者でも抜け漏れる視点である。

当サイトで比較したポイント

様々なポイントから徹底的に比較

授業の質
使いやすさ
使いやすさ

予備校比較以外のコラム

弁護士 VS 医者 年収は?最強コスパ職業はどっち⁉
弁護士と医者。どちらの職業が最強コスパ職業か知ってますか?本記事ではそれぞれの投資とリターン(年収)から見た最強コスパ職業を書きました。それぞれの年収やどのくらいなるのにコストと時間がかかるか知りたい方は、特に必見です。
司法試験の向き不向き【向いている人を難関資格マニアが厳選】
司法試験・予備試験に向いている人ってどんな人でしょう?本記事では司法試験の向き不向きを3つのタイプに分けて説明します。(司法試験のおためしプチ勉強法アリ)司法試験を目指そうか悩んでいる方は、右の画像をクリック。
資格スクエアのクーポン入手方法
資格スクエアのクーポンがあるのは知っていますか?本記事では資格スクエアの購入前にクーポンを入手する方法を4つ解説しています(キャンペーンあり)。クーポンなしだと損する可能性が。資格スクエアの他、スタディングのクーポンについても別の記事あり!
外出自粛期間に勉強したい資格試験6選
外出自粛期間の在宅の時間を活用して資格試験の勉強をはじめてみませんか?本記事では今からでも間に合う難関資格6つを紹介します。いずれも半年以内に合格が目指せる資格試験。(必要勉強時間の提案あり)。おうち時間の活用方法が分からず悩んでいる方は、画像をクリック。

当サイトのコンセプト

・正直な感想をより具体的に
・公式ページにない、実体験でのみ分かる情報を
・調べる時間がないひとのために、簡潔にわかりやすく


運営者SNS