なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

なにわ黒牛

大阪唯一の純粋黒毛和牛

なにわ黒牛ってなに?


大阪育ちの純粋黒毛和牛

・品質:純大阪産黒毛和牛 
・牛枝肉格付成績:三等級以上 雌
・育成期間:30ヶ月以上

大阪で20ヶ月以上育った純粋黒毛和牛です。大阪市からも「大阪産(おおさかもん)」のブランド認定を受けている由緒正しい牛さんです。

市場に出回らない希少価値の高い牛肉

食べられるのは特別な場所のみ!

納品先は高級ホテル、ミシュラン掲載レストラン、そしてG20サミットなど、特別な場所だけ。通常は市場に出回りません!

大阪産(おおさかもん)認定

大阪の特産と認められた証明

大阪産(おおさかもん)とは、大阪府域で栽培・生産される農産物、畜産物、林産物、水産物と、それらを原材料として使用した加工品のことです。なにわ黒牛は大阪産(おおさかもん)に認定されています。

なにわ黒牛のおうち


愛情たっぷりのスタッフたちが育てています

「本来の美味しい牛肉を皆様に食べて笑顔になってほしい」
「命を頂いているのに、ただ見た目にこだわり、味が二の次では牛に申し訳ない」
牛肉本来の味を未来の子どもたちまで残すという想いを胸に、牧場の牛を全て和牛に切り替えて、愛情深くその味を守り続けています。

松田牧場

\大阪で唯一の純粋黒毛和牛のみを育てる牧場/

なにわ黒牛の特徴


柔らかい肉と良質な脂
こだわり抜いた飼料を与えられた黒牛たちの肉質は柔らかく、自然の霜降りの脂はあっさりとしていて、幼い子どもから高齢者の方まで大変喜ばれています。
月に5頭のみ出荷
通常の牛は生後28ヶ月前後で出荷するところ、なにわ黒牛は30ヶ月以上、長期肥育を行い、出荷しています。
月にわずか5頭しか出荷できない希少なお肉です。
ストレスフリー
静かな自然の中で、ストレスを与えないようにゆっくり飼育します。
4〜5頭を同じ桝で育て、牛同士の仲を見て、組み合わせを考えます。
寒暖差が激しい季節は体調を崩しやすいので、健康管理にも力を注いでいます。
ストレスフリー
静かな自然の中で、ストレスを与えないようにゆっくり飼育します。
4〜5頭を同じ桝で育て、牛同士の仲を見て、組み合わせを考えます。
寒暖差が激しい季節は体調を崩しやすいので、健康管理にも力を注いでいます。

なにわ黒牛の一生


STEP 1
10ヶ月
生後約10ヵ月の仔牛(こうし)を仔牛市場で買い付けます。
STEP 2
10〜30ヶ月
阪南市の牛舎で約20ケ月以上ストレスを与えないようにゆっくり自然な状態で飼育します。
STEP 3
30ヶ月〜
出荷時期を見極め、「特別な場所」に納品。自然の霜降り肉で、肉質は柔らかく、脂はあっさりです。
STEP 3
30ヶ月〜
出荷時期を見極め、「特別な場所」に納品。自然の霜降り肉で、肉質は柔らかく、脂はあっさりです。

生産者の声


ついつい様子を見に行ってしまいます

牧場長 岡本さん
牧場という特性上、勤務日はバラバラなのですが、ついつい牛が気になって、休みの日なのに様子を見に行ってしまいます。
VOICE

人生の全力をかけてもいいと思えました

営業課長 山本さん
初めてなにわ黒牛を食べたとき、こんなに脂がしつこくなくておいしい和牛があるのか、と感動しました。
VOICE

人生の全力をかけてもいいと思えました

営業課長 山本さん
初めてなにわ黒牛を食べたとき、こんなに脂がしつこくなくておいしい和牛があるのか、と感動しました。
VOICE
スペシャルフードJさんの公式HPはこちら

なにわ黒牛Q&A


Q
なにわ黒牛はどれくらい大きいの?
A
出荷するときは700kgで、お肉になると400kgです。
Q
牧場はどのように掃除するんですか?
A
おが粉(木の粉)を床にまいておいて、月に一回まとめて機械で交換します。集めたおが粉には糞や尿が混ざっており、発酵させて肥料にしています。
Q
牛を育てていて大変なことはなんですか?
A
牛同士の仲を見極めて、仲の悪い牛を離したり、仲の良い牛をまとめたりと、牛の組み合わせを調整することです。
Q
牧場はどのように掃除するんですか?
A
おが粉(木の粉)を床にまいておいて、月に一回まとめて機械で交換します。集めたおが粉には糞や尿が混ざっており、発酵させて肥料にしています。

フォトギャラリー


実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

DeepPeopleでは食育や食品ロス削減啓発活動も行っています。是非SNSいいねやフォローをお願いします。