東大院卒リケジョママ直伝!
「成績が上がる子に改善する7つの診断シート」は
こちらから登録!!
東大院卒リケジョママが考える
賢い子どもの7つのポイントって?

 夏休みに向けてステップアップのチャンス

小学校で習う漢字の数は
学習指導要領によると1026字なのですが
小学校1年生は80字なのですが
小学校2年生ではその倍160字

そして、小学校3年生で200字
小学校4年生では202字

5年生、6年生で学ぶ字の数より多いんです。


学年が上がるにつれて 
国語の漢字が難しくなる
算数が複雑になってくる


そんなちょっとした変化でも
子どもにとっては大きな変化


分からないところをほっておくと
気がついたら苦手意識
芽生えていたなんてことになりかねません。


学校、塾でも同じことが言えます
知っているだけで

子どもの成長に大きな違いが出るってほんと??


理解できる子どもと理解できていない子どもに別れる理由

もともと勉強をしている子どもだったから?

もっと悲しいのは

先取りしていても、後からテストをしてみると
理解できておらず全然点数に結びつかないこと

成績のいい子どもがどんな勉強をしているのか
聞いてみても特別なことはしていない。

それなのにどうしてこんなに違いが出るの?   

実は、成績の差が出る理由って勉強の方法が理由じゃなかったんです!

勉強の方法じゃないからこそ
なかなか、これが違いっていうのが
わかりにくいんです! 

賢い子どもだけがやっている

勉強ができる基礎力って何?

7つの診断シートって?

できる人が無意識でやっているポイントをチェックできる 診断シート 
7つの診断シートの項目こそ

できる人、賢い人

勉強をする、学びを行う

基本姿勢として

持っているポイントなんです

7つの診断シート プレゼント

本当は教えたくない、勉強ができる人の特徴がわかる7つの診断シート!

プロフィール

石井 桂 (いしい かつら)
官公庁を相手に年間数千万の業務を何件もこなすコンサルタントとして14年活動。
女性の少ない職場でうまく仕事を進めるためにコミュニケーション力、マネジメント力を高めてきた。

夫のシンガポール赴任に合わせて起業し、現在は、東大院卒リケジョママとして子育てに悩むママにおうちでできる勉強法を伝える実践型講座を開講。

3か月で2回、延べ参加人数2,780組5,560名以上が参加する子育て世代向けオンラインイベントの運営スタッフリーダーとして実施。
自身のイベントでは1,800名以上のママに講座を行い、説明が論理的でわかりやすいと高い評価を得る。
「世界のどこでも誰からも求められる人材に必要な論理的な思考を育てる秘訣」をお届けする限定無料オンライン講座を立ち上げ、毎週火曜22時半より実施中。
中1男子と小1女子、2児の母。

個人情報の取り扱いについて

お預かりする個人情報について、下記の目的で使用いたします。
・石井桂からのお知らせ配信(メールマガジン、及び、LINE配信)のため。
上記目的以外で利用すること及び、第3者に提供することはございません。