自分のギフトへ向かう旅

「自分らしいって何?」
『自分だと思っている私は本当の私?』
『私の喜びや輝きって何を指すの?』
初めまして。   Prem Jyotiのスペースへようこそ。
自分らしく在りながら、安心して他者と関わっていくことができたら、あなたが大切な人たちと過ごす毎日には、どんなHAPPY&JOYが待っているでしょうか。
時にそれは見たくない現実をつきつけられる場面に出会うかもしれません。新しい人生に飛び込むには、必ず現状を観る必要があるからです。ですがそれを乗り越えていける場がここには開かれています。私たちと一緒に、あなたの内なるギフト《ワンダーチャイルド》に出会う旅をしませんか?

お問い合わせはこちら

インナーチャイルドワークと心の構造

私たちは、幼い頃からたくさんの"自分のでないもの"を学んで大きくなります。


🔹他人の価値観
🔹社会のルール
🔹こうすべきああすべき
🔹あれはだめこれはだめ


周りから人為的に人工的に与えられたそれは、
『汚染された私、汚染された喜び』と呼べるかもしれません。

それらは私たちを本来の自分から遠ざけます。

インナーチャイルドワークは、誰のための生き方でもない、自分が自分として生きていく、内なる輝きを取り戻すプロセスワークです。

単に傷を癒すということにとどまらず、ナチュラルでオーガニックでパーソナリティ溢れる、自分だけのオリジナルの喜びへの道が開かれています。

インナーチャイルドとは

インナーチャイルドは、潜在意識にある胎児期や幼少期の未消化の感情や、成長していく過程で受けてきた心の傷などのことを言います。
癒されないままの傷は、本人は無自覚のまま、その時の痛みを目の前の現実に引き寄せます。
傷は時に望まない現実や痛みを感じさせますが、私たちはその不快感に向かい合うことで、本来の自分に近づくことができます。
むしろ傷の場所は、ギフトへの鍵なのです。ギフトが開花した状態のチャイルドをワンダーチャイルドと呼びます。

そして、ここで何より大切なのは、
たとえ傷ついても保護し、十分にケアし、勇気付けられるだけの成熟した自我を育てることです。インナーチャイルドワークでのトレーニングは大いにその助けとなります。
自分の感情に責任を持ち、十分に感情と共にあり、そしてそれを祝福できる時、あなたの本来の輝きであるワンダーチャイルドが、あなたの内側で踊ることができるのです。
セッションの流れ

インナーチャイルドワーク

インナーチャイルド
ケアレッスン

【こんな方は変容を実感できます。】


・自分が好きになれない
・自信が持てない自分らしさがわからない
・好きなこと、やりたいことがわからない
・家族とうまくいかない子供とどう関わって良いのかわからない
・恋愛やパートナーシップが長続きしない
・仕事や人間関係でいつもつまづく
・人間関係での苦しみをいつも抱えている頭で理解しているのに葛藤が消えない
・頭で理解しているのに葛藤が消えない
・セラピスト、教育者としての器を育てたい



【セッション内容】

インナーチャイルドワーク
インナーチャイルドケアレッスン          

セラピスト紹介

Prem Jyoti

【経 歴】
インナーチャイルドワーク認定セラピスト
ヒーラー
作業療法士

小さい頃から内側からやってくる叡智に触れ、見えないエネルギーを観たり感じたり理解する体質で、敏感なこども時代を過ごす。

作業療法士を目指す中で、途中体調を崩したことや家族の病気がきっかけで独学で心理を学ぶ。

医療に従事しクライエントと関わる中で、さまざまな病気から日常的な悩みまで、全てが本人の在り方から引き起こされ、その大きな要因として潜在意識が影響していることに気づく。

結婚を期に子育てやパートナーとの在り方に行き詰まり、失った自分の人生を取り戻すことをコミットしインナーチャイルドワークという潜在意識の世界へと飛び込む。