ナナちゃん工房

奈良の手づくり廃材家具屋さん

Handcraft Woodworking "Nana"

廃材を利用した手作り木工品の魅力

世の中に1つだけのものを作るということ。
発想次第でどのようなものも作れるということ。

木材1つ1つに重さ、軽さ、硬さ、柔らかさが異なり、磨きや塗装の程度によってもその手触りや温かみが異なってきます。そこにしかない木目や節、あるいは少しの割れや穴が空いていることなど、すべてが味わいになることが手作り木工品の最大の魅力です。

また、切断時や組付け時のちょっとした失敗さえも不思議な愛着が沸く、そんな魅力を大切にナナちゃん工房は商品を作っています。

材料費の廃材・端材を利用しているので、1点1点の価格も安くご提供しています。

About Us

奈良県広陵町の工房で廃材を家具や小物にリメイク
建具屋さんや大工さんが使用している材木から、使わないもの、使用後に半端になったものを引きとって利用させてもらっています。使用木材は十分に乾燥させたもので、材木の種類もスギやヒノキなどの高級部位や厚みが5㎝以上のある一枚板のケヤキ・カリンなど通常はなかなか手に入らない高級材が手に入る場合もあります。

あくまで廃材・端材の再利用ですから、大きさ長さは不揃いで、いつでも希望の木材が手に入るということではありません。今ある木材でどのようなものを作るか、どのようなものが出来るかを考えながら工作することも楽しみのひとつです。
「ナナちゃん工房」なまえの由来
飼い猫の名前がナナちゃん。ロシアンブルー(淡い黒猫)の女の子で、現在10歳です。木工作品には猫をモチーフとして、イラストやシルエット、顔の形、肉球の足跡などをどこかに入れるようにしています。

Works

飾り棚
腰かけ
猫型ベンチ
ブックポスト
ブックポスト

Craftman

杉本 典夫
2015年3月に会社を定年退職後の余暇充実方法を検討中に、縁あって近在にある廃材を利用した手作り木工品工房「工房エンジェルのために」の木工教室に参加。

工房の主宰者 永島力也氏(通称リッキーさん)、永島庸氏のご夫婦の作風と人柄に惹かれて足繁く通ううちに手作り木工品の面白さに惹かれ、木工の道へ。

販売会や展示会に不定期に出品。個別のご依頼も承っています。

ご紹介: 廃材家具 工房エンジェルのために

Gallery

サムネイルをタップすると写真が拡大できます。

Access

個別制作、工房見学、取材など承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。
名前: ナナちゃん工房
所在地: 奈良県北葛城郡広陵町広瀬1008
SNS: Facebook
メールアドレス: workshop.nanachan@gmail.com