「もう駄目だ、店を閉めよう」
どん底にいた私を救ったのは、
店の隅にあったアレだった…。


みるみると、お客さんが減っていき、店の運転資金も底が見えてきた。このまま店を続けても借金がかさむだけだった。「ついに閉店か…」と、今までの苦労を思い出して涙がこぼれた

 もちろん、黙って今の状況になったわけではない。新規客をとるために、SNSやチラシ、ビラ配り、ネット広告など、考えられる手はすべて試した…しかし、目立った成果は上がらなかった。「もう、あきらめよう」。従業員に「閉店」のことを告げようと決断した時、あるモノが目に留まった。ひょっとしたら、「集客のカギ」はコレにあるのかもしれない。この時のひらめきが、店をV字回復させるきっかけになった。

その「集客のカギ」とは…。

あなたは集客で、新規客をとることばかり考えていませんか?

マーケティングの考え方に、「1:5の法則」というのがあります。新規客に販売するコストは既存客に販売するコストの5倍かかるという法則です。さらに、「5:25の法則」とは、顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるというものです。

 つまり、新規客を狙うよりも、既存顧客へのアプローチを再考するのが、セールスには効果的なのです。

多くの人が、ネット集客のトレンドに踊らされています。

最近の集客本で紹介されているのは、YouTube、Facebook、Instagram、Twitter、LINEといった、SNSを利用したものばかりです。「無料だからとりあえずやろう」とがんばってみても、手間ばかりで、集客ゼロという方が多いのです。しかし、ある方法と組み合わせると効果は何倍にもなる可能性があります。
その「ある方法」とは…

 

集客のカギとは「顧客リスト」、
ある方法とは「紙DM」のことです。

考えてみてください。毎日、大量に届くダイレクトEメールを見たいと思いますか?逆に、気づいていませんか?昔に比べて、紙DMの届く量が減っていることを。つまり、今だからこそ、紙DMは目立つ媒体となっているのです。実際に手に取って、「見て、触れて、読んで、嗅いで」と、紙DMは読み手の五感を刺激するマーケティングツールとして、世界的に見直されています。

◆紙DMの可能性とは?

74.3%の人が、紙DMなら開封。見た後、
若い人の半数が行動しています。

自分宛に届いたDMの開封率は74.3%(日本郵便調査)という高い数字が出ています。「紙DMは若い人には響かないのでは?」というのは、真逆です。例えば、20代男性の約半分が、DMを見た後に、さらにネットで調べたり、お店に出かけり、実際に商品を買ったりしているのです。

「顧客リストがない」と諦めるのは早い。
リストがなくても送れる方法とは?

日本郵便では特定エリアにリストなしでハガキを送れる「タウンプラス」というサービスを行っています。しかも、1通24円*という低コスト。これを呼び水にして集客し、来店時に顧客リスト化することができます。

*枚数によって異なります。また、価格は変更にな場合もあります。

しかし、開封せずに捨てられてしまう
紙DMでは意味がありません。

「いかにも安売り広告」「一瞬でチラシとわかる」

そんなDMをもらって嬉しい人は少ないでしょう。大切なのは、送られた人にとって、価値ある情報があるということです。

しかし、開封せずに捨てられてしまう
紙DMでは意味がありません。

「いかにも安売り広告」「一瞬でチラシとわかる」

そんなDMをもらって嬉しい人は少ないでしょう。大切なのは、送られた人にとって、価値ある情報があるということです。

◆中村ブラウンとは?

日本DM大賞の受賞者で、20年以上にわたって
BMWのマーケティングを支えたトップ集客クリエイター。

私は、電通グループ等の広告代理店で、BMWをはじめとした一流ブランドのマーケティングにクリエイターとして長年関わってきました。そのノウハウの一部をご紹介した著書「小さな会社だからこそ、DMは最強のツール!」(WAVE出版)は、ネット集客のノウハウばかりが飽和している中で異彩を放ち、注目を集めています。

現在はフリーランスの集客クリエイターとして、小売店様から外資系企業まで、コンサルを行っています。そして今、最新のDM戦略にご興味の方へ、30分の無料コンサル(LINEテレビ電話) を実施し、ご相談を受け付けています。

まずは、LINEアカウントにご登録ください。
「30分無料コンサル」をご提供します。
※ZOOMご希望の方はEメールにてご連絡ください。

右のQRコードより、「中村ブラウンLINE」にご登録ください。その後、「無料コンサル希望」というメッセージとともに、◎氏名 ◎簡単なプロフィール ◎事業内容 ◎集客の問題点 をお送りください。折り返し、コンサル日程等のご連絡をいたします。
※または、nakamurabrown@gmail.com  まで、LINE登録QRコードの画像を添付のうえ、上記のメッセージをお送りください。また、ZOOMご希望の方はその旨をお知らせください。

「30分無料コンサル」は魅力だが、その後の料金プランが心配という方へ。

広告代理店時代、私のディレクション+コピーライティング料金は、30~40万円以上でした。当然、これにプラスしてデザイン料、撮影費、営業費など、広告代理店の正規料金が加算され、DM制作ひとつに総額200万円以上(印刷費別)というのが標準でした。

しかし、私のご提供するコンサル費は、
基本料金15万円(税別)です。

◎1案件の期間 1-2ケ月
◎テレビ電話での相談(3-4回程度)
◎メールでのやり取り(無制限)

 コンサルの形式を取りながら、あなたが一通の完璧な紙DMを制作するサポートをしていきます。
なぜ、制作を丸ごと請け負うのではなく、コンサル形式かというと、私のサポートがなくても、次回からあなた自身で、紙DM戦略を考え、制作していく力を養っていただくためです。つまり、1回のコンサルを受けることで、それ以降のDM制作は外注することなく、ご自身で行えるのです。
また、通常の広告代理店・制作会社とは異なり、デザイン等などへのマージンをいただくつもりはありません。
デザイン、印刷等は貴社がランサーズ等へ安価に発注することで、総額コストをかなり低く抑えることができます。つまり、一番、頭を使うところだけを、低額でサポートするという考え方です。

※DM1万通以上規模は別途見積もり 
※コピー制作は別途相談 
※コンサル費は事前支払い(paypalクレカ決済可)
※基本料金は今後値上げ予定
※長期でのコンサル希望の方は、別途、料金などご相談。
 ご希望に沿った形で検討します。


安心してご相談ください。
中村ブラウン
安心してご相談ください。
中村ブラウン