もしあなたが、「子どもを預けて○○したい」「子育て仲間とつながりたい」「子育てを楽しみたい」「子育てに役立つ情報がほしい」と思っているなら、少しだけ時間をとってこのページを読み進めてください。

私たち「もちつもたれつ」は、現役のママ達で結成された子育て応援サークルです。「なかまほいく」という活動を中心に子育て世代の楽しく役立つイベントなどを実施してきました。その中でも特に力を入れているのが子どもの預けあいを取り入れた新しい子育てのカタチ「なかまほいく」です。

私たちは、なかまほいくを始めて1期、2期、3期を経て1周年を迎えました。

参加者は、初めての育児、近くに頼れる人ゼロ、転勤族、引っ越してきたばかり、夫は毎日帰りが遅い、ワンオペ育児などといった育児環境の中にある方ばかりです。
が、参加期間2か月半のなかで、いざという時に頼れるなかまになり、育児の悩みや不安を共有しながら、楽しんでいく仲間になっています。


なかまほいくは、社会学者や教育家などの専門家の協力のもと、NPO法人新座子育てネットワークが開発したもので、昨年、「厚生労働省第7回健康寿命をのばそう!アワード 母子保健部門子ども家庭局長団体部門優良賞」 を受賞した行政も注目している事業です。

 

なかまほいくに参加した親子は、 全国で述べ約43,000人。 なかまほいくを各地で実践する仲間たちは、 13都道府県の行政やNPO団体など96の実践団体があります。(2018年12月現在)

 

私達、「もちつもたれつ」もトレーニングを受け、96団体のうちの一つとなりました。

 
「どんなことをしているの?」

と、ママ達からは聞かれます。

参加したことがないママ達からすると、何をするのか?どうやって仲良くなるのか?子供が一緒でどうやってリフレッシュするのか?なんで参加したママ達はあんなに楽しそうなの?ママ達が短期間で仲良くなってつながったり、子育て支援団体や行政から注目を集めたりしていることが、不思議に映るようなのです。

 

ほんとんどの人が知らない新しい子育てのカタチなかまほいくとは?

一言でいうと、
「預け合いを取り入れた次世代型のサークル活動」です。

 では、なぜ仲間になれるのでしょう?理由は簡単です。

一定期間、同じ場所、同じメンバーといっしょに子育てするからです。
1回の出会いや、期間を空けての出会いではなく、10回1クールで、継続的に1週間に1回集まり、約2か月半を一緒に過ごし出会いを習慣化するからです。

また、10回の中で交流を促したり、信頼を築く、様々な工夫やしかけを設けているからです。

1、預けあいを取り入れた新しいカタチ

預かることで、よその子どもでも愛着がわきますし、違う視点で自分の子供を見ることができるようになり子育て力がアップします。また、預かってもらうことで感謝の気持ちがめばえます。

このように預かる・預けるの両方を経験し、一緒に子育てすることで信頼関係が生まれます。

 2、出会いの習慣化

週1回、合計10回、同じ場所、同じメンバーで約2か月半を過ごします。

まずは、親子いっしょの活動をします。お名前呼びや自己紹介ゲーム、手遊びや読み聞かせ、仲間とのダイナミックな遊びや子供を知るワークショップ…。みんなで交流しながらの遊びや活動で親子いっしょの時間を重ね、お母さんも、子どもたちも、段々と親しくなり、信頼関係がはぐくまれていきます。

3、絆を深めるプログラム

ドキドキ、わくわく、それぞれの時間、「預けあい」親子いっしょの活動を経て、子どもたちが場と仲間に慣れたら、いよいよ預け合いのはじまりです。子どもを預けることはあっても、預かる経験は貴重。

短い時間でも、ほかのお子さんをなかまのお母さんたちと責任をもって世話する体験は、なかまのお母さんたちへの感謝や信頼の気持ちが生まれます。それだけでなくあなたの子育て力をぐんとアップさせてくれます。

未来の子育てが楽になる
なかまほいくのその後3つのエピソード

エピソード1 運転免許所の書き換えもラクラク

なかま保育に参加した親子にばったりあった時のこと。最近みんなに会ってますか?と聞いたところ、運転免許証の書き換えにいくのに○○さんにちょっと預かってもらったんです。平日のすいてる時間に、用事が済んで助かりました。

 わざわざ一時保育にあずけることでなく、「ちょっとの時間○○したいかちょっと預かってほしい」ってときありますよね?あずけあいをいっしょにした仲間だからこそのほっこりエピソードです。

エピソード2 なぜか第2子ラッシュ!!少子化に貢献!?

なかまほいくに参加するだけで社会貢献になるかも…。この1年で5人のママ達が第2子を妊娠しました!なかまほいくに参加したママ達は、ほんとに少子化?と思うほど妊娠ラッシュです。

年齢の違う子供と触れ合うことで、未来の子育てが想像できるようで、余裕が生まれるのでしょうか。

次はあなたの番かもしれません。

エピソード3 活動期間が終わっても繋がるかけがえのないなかま

せっかく出会っても、ご家族の転勤などで、お別れしなくてはならないことももちろんあります。でも、かけがえのないときを過ごしたなかまだからこそ、快く送り出してげたい。ちゃんとお別れしたいということでお別れ会を開催したママさんグループもいました。

 離れても第2の故郷として、また遊びに来たときはいっしょに過ごせるなかまになれます。

ただ参加しただけ

これらのエピソードを見るとあちこちいろんなイベントや児童館に足しげく通ってあまたのママ達からやっと気の合う人を見つけた結果のように見えるのですが、その結果は、ただなかまほいくに参加しただけなのです。つまり、他の人は参加してなくて、彼女たちは参加した、
というだけ…。

あなたに、子育てなかまと出会い、リフレッシュすることで余裕を感じ、育児を楽しんでもらい、預け合いで子育て力をはぐくみ、頼れるなかまができる場を提供することを約束します。

それが私たちが「なかまほいく」をやる理由です。

 
ママだけじゃない!子供にとってもいいことたくさん!

・こども集団でのめざましい成長
・お友達づくりと他者への信頼
・保育園や幼稚園に入る前の自然な保育の慣らし体験
・他者への関心など…。

好評!遊んでいるなにげない瞬間や親子で楽しんでる姿をちゃっかり撮影!写真撮影、ダウンロードサービス!

「なかまほいく」では、活動中の写真をスタッフがスマホで撮った写真を無料でプレゼントしています。普段はママが撮っているので子どもだけ写っている写真が多くなりますよね。なかまほいくで撮った写真は親子で写っている写真がたくさんあります。
特に預け合いの写真は、預けているママ達にとっては、預かってもらっている子供の様子がうかがえて貴重なものになります。

 参加者の方から

「親子で写ってる写真はなかなかないのでいい思い出になりました」
「普段見れない子供の表情を見ることができて嬉しいです」
「なかなか子供を撮影するのって難しいので助かります」などの

喜びの声をいただいています。

「なかまほいく」を1回無料でお試し参加してみませんか?

もしあなたが初めての育児を楽しみたいなら…、もし、あなたが育児についての不安を取り除きたいなら…、もしあなたが、育児に役立つ生の情報を知りたいなら…、もしあなたが頼りあえる仲間が欲しいなら…、もしあなたが子供の豊かな成長を望むなら...

「なかまほいく」はあなたのためのものです。

 しかし実際、ここでどんな説明をしようとも「百聞は一見にしかず」で、参加してみないと体験してみないとわからないですよね。なので試してみてください。

 「なかまほいく」は本来10回1クールで7,000円(税込)、1回あたり700円のサービスですが、特別に1回無料のお試しの機会(先着10組まで)を提供したいと思います。

なかまほいくの流れ

STEP1 親子いっしょ

1回目~3回目

集会所に集まって交流を深める楽しいゲームなどをします。

楽しい、嬉しいを共有し、預けあいに向けた関係性が作られていく「親子いっしょ」の活動。最初は人や場所に慣れなくて泣いていた子もだんだんと慣れてきます。

お互いに子どもたちの名前を呼びあったりして、お友達が増えていきます。

STEP2 あずけあい

4回目~9回目

参加者は、あずかる親と、あずける親にわかれて活動します。
子どもをあずけたお母さんだけの活動では、近隣の協力カフェで子どもの名札やバスボブづくり、写真コラージュなどをしながら女子トークで盛り上がります。

予め計画されたものだけでなく、参加者のキャリアや趣味を活かしての教え合いまで、いろんなメニューで活動されています。

預かる人の気持ちになれる、お母さんと離れた子供の気持ちがわかる、
なかまほいくならではの貴重な体験です。

STEP3 お楽しみ会 

10回目

ママ達がチームにわかれ、出し物をしてお楽しみ会を盛り上げます。

約2か月半、一緒に過ごしてきたメンバーだから、最終回には親も子もとっても仲良しの仲間になります。なかほいくを終えても、育児を支え合う大切な仲間です。

安心・安全に配慮し、保険にも加入します。今までに大きなケガや事故は一度もありません。

番外編 OB会

同じ時期に参加したなかまだけではなく、参加した期をまたいで合同のOB会を行います。なので、繋がりの輪は途切れることなく広がります

あなたには2つの道があります

1つ目は、なかまほいくに参加せず、
自分で児童館やイベントを探して行き、あまたのママ達の中から合いそうな人を見つけ、自ら様々な交流を深める手立てを考え仲良くなるという道です。それでも預けあえる仲間になれるかの保証はありません。あっても、とても時間がかかるでしょう。

もう一つの道は、なかまほいくに参加して、
親子いっしょに、ときには子供たちだけ、ママたちだけで楽しみながら、リフレッシュして心に余裕をもって育児をし、困った時、いざという時頼れる仲間がいるという安心感をもって子育てする道です。

 
どちらを選んでも、あなたの自由です。もし、なかまほいくに参加したいと思っているのであれば、この機会にぜひ、なかまほいくを体験してみてください。

お申込みはこちら

4/30までの限定キャンペーンです。

なかまほいく

1回お試しキャンペーン
体験無料
先着10組まで

・開催日:5/8(水) 10時~12時
・写真撮影、ダウンロードサービス

・交流ゲーム実施
・なかまほいく参加の優先権

※会場は、墨田区業平・押上周辺です。参加が決定された方に後日、メールにてお知らせいたします。

参加したママ達の声

最初の預かりでは、半べそだった我が子もすっかり慣れて楽しんでいます。
女の子のおむつ替えができて新鮮でした。
海外から帰国したばかりで、子育て情報やなかまを求めて参加しました。
上の子が幼稚園に入るので良い事前練習になりました。
最初は預かりが心配でしたが、預かりのママ達みんなで子どもたちを見るので大丈夫でした。
おかげで子育て力がアップしました。
子どもを預ける時間は、1時間ほどですが、ママ達だけでの女子トークがすごくリフレッシュできました。
初めは、首が座るか座らないかくらいでしたが、他のお子さんからたくさんの刺激を受けました。おかげで寝がえりができるようになりました。
普段は男の子だけでしか遊ばなかったのが、ここに来ると女の子と遊べるのが楽しかったです。
年齢が違う子でも遊べました。
リフレッシュの時間が本当に楽しかったです。
海外から帰国したばかりで、子育て情報やなかまを求めて参加しました。
上の子が幼稚園に入るので良い事前練習になりました。

お申込みはこちら

4/30までの限定キャンペーンです

なかまほいく

1回お試しキャンペーン
体験無料
先着10組まで


・開催日:5/8(水) 10時~12時
・写真撮影、ダウンロードサービス

・交流ゲーム実施
・なかまほいく参加の優先権

※会場は、墨田区業平・押上周辺です。参加が決定された方に後日、メールにてお知らせいたします。