一緒に頑張れる仲間を増やしたい

人と人の繋がりとその先にあるもの
人は決して一人で生きているわけではありません。

たくさんの人に支えられ、皆様のおかげ様で生きています。


どんなに自由な時間があっても、どんなにお金があっても

ひとりぽっちでは寂しいですね。

嬉しいことや楽しいことを共有できる仲間がいるからこそ

自由な時間もお金も活きるのです。

また、苦しみや悲しみは仲間がいるから乗り越えられる

そんな経験もあるのではないでしょうか?


今や、インターネットで世界中と繋がることができて、

ネット上でのやり取りは日常茶飯事です。

そのネット上で繋がっている向こう側も生身の人間なんです。


目の前にいるリアルな人と同じような気持ちで繋がっていますか?

向こう側は機械だと思っていませんか?


リアルではなくても想いというのは伝わります。

ネット上の世界でも、思いやりの気待ちを忘れたくないですね。



人と繋がるということは

あなたは目の前の人だけを見ていませんか?

その人の先にあるもの、それもまた「人」です。

そしてその「人」が大きなチャンスを運んでくれるかもしれないのです。


人と人との繋がりは、波紋のように広がって行きます。


例えば

Aさんがあなたの欲しい物を持っていなくても、

Aさんの友達のBさんが持っているかもしれない。

あるいは、Bさんの友達のCさんが持っているかもしれない。



私のことをお話すると、

ビジネスシーンで「実績がないでしょ?」と聞く耳を持たずに断られることがあるのです。

私に実績がなくても、

私の後ろには最高のビジネスマンたちが控えているとしたらどうですか?

大きなチャンスを逃がしているということです。


人と人との繋がりについも「木を見て森を見ず」ということがあるのです。

目の前のことだけに囚われず、上から下から、横から斜めから

あらゆる視点を持って判断することがチャンスを掴むきっかけになるのです。



大切なことは

・自分か信頼する人と人と繋がること

・信頼してもらうためには誠実に思いやりを持つこと

・物、事、人を立体的に捉えること

この3つがポイントです。