なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

内藤大臣監修
着実な資産運用のためには債券購入が大事

投資を行って資産運用をするとすれば、
最初に何を思い浮かべるかといえば株式投資やFXといった種類です。
確かに派手に値動きがあり、場合によっては一攫千金も狙えますが、
失敗する時のリスクが大きいのも事実です。
もしも堅実に投資を行いたい、銀行に預けるならまとめて何かを買いたいという場合にオススメなのが債券です。債券の購入がなぜオススメなのか、そこには色々な理由があります。

債券にもたくさんの種類がある

債券を購入する場合に、どれくらいの種類があるのかを知る必要があり、実に種類が多いことを知るはずです。代表的な債券投資として国債があります。国民から借金をする、その代わりに配当を与えるというのが国債のシンプルな見方です。
金利はその国の信頼度を示しており、一見すると金利が高ければよさそうに見えるものの、そこまでしないと債券投資をしてくれないことを意味しており、金利には注意です。国債の場合、個人向け国債が購入でき、3年ないし5年の固定金利型、10年変動型があります。
地方債は、地方自治体が市民などから借金をするタイプのもので、基本的にガスや水道、公共工事に関する財源が対象になります。
赤字だから地方債を発行するという、現在の日本政府が行う赤字国債的なやり方はできません。そして、一般市民を対象とするものには公募債という種類があり、投資というよりは地域への貢献のために存在するようなものです。
債券投資にはもう1つ、社債があります。投資家から借金をするのが社債で、一見すると株式上場に近いものがありますが、大きな違いは元本が返ってくる点です。
株であれば投資した金額が絶対に戻ってくることはありませんが、社債はそれが確保された上で利息も回ってきます。これだけの種類が債券投資にはあります。

銀行に預けるよりマシな理由

国債の場合、1万円から購入できるほか、毎月国債の募集を行っています。
償還の時期が少しずつズレることにはなりますが、例えば3年であれば子供の高校受験、大学受験に備えて3年間個人向け国債を購入してその利子を少しでも教育費に活用するということができます。
もちろん100万円を預けてもスズメの涙程度の利子しかもらえませんが、銀行に預ければ涙にもならない程度しか利子がもらえません。銀行よりマシなのはそのような理由がありません。
一方で、万が一銀行が経営破綻をすれば、ペイオフの対象となるのは1000万円までの預金とその利息のみです。
つまり、数千万円単位で定期預金していたとすれば、下手をすればその多くが万が一の時になくなる可能性まで出てきます。国債の場合、国の破綻はとんでもないことを意味するため、限りなくゼロに近いでしょう。安心度でいえば間違いなく銀行よりは上です。

時に信じられない掘り出し物がある

地方債の中には、金利がそれなりにつくものがあります。過去には金利が1%つく地方債がありました。5年で満期になるもので金利1%、そのような商品を銀行で探そうとしてもほとんどないのが実情です。ほぼゼロに近い金利の中で定期預金が設定されている中で1%もあれば最高です。
地方債の中には20年、30年で償還されるものもあります。この場合も金利は高く設定され、0.4%などの金利が設定されるため、普通に預けるよりも高くもらえます。しかし、注意したいのがいつまでもその金利のままとは限らない点です。
バブル景気の時代、普通に口座にお金を置いておくだけで数%の金利がつき、定期預金をすればその金利だけで暮らすことができる人もいました。それだけ金利が高く設定されていたわけですが、現状はほぼゼロのところにいます。
これが再び金利上昇につながっていく可能性も出てきます。その場合に20年、30年と債券の金利が固定されるのは明らかに損です。
もしかすると金利が上昇するかもしれないと判断できるかどうか、そのあたりは難しいはずです。 国債の場合は変動金利型があり、10年間の中で金利上昇に対応することはできます。いきなり金利がドンと上がれば、受け取れる利息はそれだけ増えますが、株などの方が大きく稼げるチャンスは多いので、このあたりもバランスが問われます。

まとめ

債券投資は、堅実な資産運用をする際に最適です。
例えば宝くじで7億円が当たったとすれば、いきなり7億円を使えば周囲が怪しむとなれば、全額債券投資に回すのもありです。もし7億円で国債を買うとすれば、半年ごとに20万円近い利子が受け取れます。年間35万円が手に入るのは大きく、疑われることもないでしょう。派手なことはしたくない、かといって、タンス預金ではもったいない、そんな場合に債券であれば安定的な利益をもたらし、安全でもあります。債券をうまく活用するのは、着実な投資を目指す上で重要です。